うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「本当にお別れなんだねぇ」 

12日、
雨が続いてたのに、4月の晴れた日の朝

陸は静かに息を引き取りました。


猫飼いの人たちから
「猫は悪くなってから、一時だ」
と何度か聞かされたんですが、

本当に
20年間ずっと一緒にやってきたというのに、

あれ?と思ってから
ほぼ1週間ぐらいで
私の手を全く煩わせることなく、陸はいってしまいました。



3日前には歩いてたのに、
昨日はできてたのに、

と、私の気持ちがついていけない早さで
どんどん悪くなって、

気付くとベット上で
伏せることもできず
横になって呼吸することしかできない状態になってました。


その日に日に頑なに悪くなっていく姿が、

陸というか体というか寿命というか
そういうものが

「もういいんです、無理なんです。
 お別れの時がきたんですよ」
と、強い意志を持って言ってるようで、

全てを受け入れているような陸を見ると
気持ちがせかされるようなじれるような
何ともいえない気持ちになりました。


そして12日の朝、

「陸、おはよう」と脱衣所に向かうと
陸に何の反応もありませんでした。

でも前日も、もう名前を呼んでも、
本当に少しだけ尻尾を動かす力しかなく、
呼吸で上下するお腹を見て

生きてることを確認してたので、


毛布をめくってみましたが、
動いていませんでした。


でも、
毛布をかけていたからか体は温かく、
もしかしたら私に見えてないだけで

小さく呼吸してるのではないかと
それでは大変だと、

何度もいやらしくお腹に顔をあて
呼吸をしてないか確認しました。



今は
ソコに陸がいないことが寂しい。

陸を撫でることができないことが寂しい。
猫の砂を買えないことが、
「これももうイヤ、あれもイヤってオバちゃん破産するわ」
って言えないことが、
お風呂上り、脱衣所のベットからニャーといってくれないことが、
廊下の真ん中で寝てないことが、
出かける直前に「散歩する」と玄関で邪魔してくれないことが、


寂しい。


陸がソコにいないことが、本当に寂しい。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村


ここからは

これからどんなに思い出すことがあっても
今のように強く悲しくなることはないだろう、

今、どんなに切なく想っても
きっと時間が過ぎてどんどん忘れてしまうだろう
私のために書いたものなので、

ダラダラとまとまりもないので、

時間がある方だけ、どうぞ。




12日の午前3時過ぎまで
陸の側についてた。

前日も心配だから
私の部屋に陸のベットを移そうかと考えたけど、

陸はずっと脱衣所のベットを選んでたし
うるさくて疲れたらと思って、
そのまま脱衣所のベットに寝かせた。

午前5時過ぎ、
旦那さんがトイレに立って陸の様子を見たらしく
「その時は、まだ手を動かしてたよ」
と言っていたから、

目を離した3,4時間の間に
息を引き取ったということだ。

もう、前日には顔を上げることはもちろんのこと
尻尾もほんの少ししか動かすことができなかったのに、

なぜか前脚だけ何度か動かしていた。

「何、どうしたの、どうしたいの」
と何度も、その両手を握った。

私は、
「側にいてってことだったのか」って
でも、旦那さんは
「うるさいからあっち行けじゃない?」
と言っていた。


何度か点滴や薬を注射してもらったけど
全く改善されず、

次からは点滴のパックを買って
うちで自分で点滴をするか、

その点滴を持って病院にいけば
無料で点滴をしてくれるから
そうしますか?という話になった。


聞いてて、もう延命の話になってるんだなって思った。


「このままご飯を食べられない場合はどうしたらいいんですか」
と聞いたら、
鼻から管を通して直接胃に送るとか、

入院という話になったけど、
それは「イヤだ」と思った。


そこから以前のようにとは言わないまでも
少しは歩けるようになるのならまだしも
ただ痛い思いをさせて、

ただ呼吸をして生きてるだけで、

大好きだった散歩も大好きなご飯も
楽しいことがひとつもないまま、

全然知らない場所で、
安らげないまま
私のためだけに生きてて貰うのはやめようと思った。


それでも、私はいやしいから

とりあえず1パック分は家庭で点滴してみて
もしかしたら奇跡的によくなるかもしれないから
と思っていた。


でも陸にそんな時間はなくて、

「横になり呼吸してるだけの状態なのですが、
 病院に連れて行くリスクを背負ってまで行くほど
 点滴は楽になるとか効果はあるのですか」
というような質問をした。

でも当然ながら
家庭で点滴をする場合、
1度は陸を連れて行って、
やり方を教えてもらわなければいけない。

では次の日の様子を見て
朝病院に電話しようと思っていたら

その日、陸は亡くなった。


だから、旦那さんは冗談で
「病院はもうヤだよって、手をうごかしてたんだよ」
って言っていた。


陸が亡くなった当日、火葬をしてきた。

旦那さんは1日か2日置いてもいいと
思ったけどと後で言ってたけど

変な話、

旦那さんは土日休みで私は不定期、
休みがあまり合うこともないし、

このあと私は3日勤務だったので
陸が日を選んでくれた気がした。


雨の合間で天気も良くて
私が住んでるととこじゃない場所で火葬したけど
その道中、綺麗に桜が咲いていた。


陸が焼かれてしまう時、

ずっと側にいて、それが当たり前すぎて
こんなにも大事で大好きだったのかと
体の1部が持ってかれるんじゃないかと思った。

本当にこれで2度と陸を撫でることができなくなるんだと
思ったら

一旦止めてもらって、陸を撫でた。


ではとまた陸が入れられそうになると
止めたくて、連れて帰りたくなったけど、

何度撫でても同じことだと自分を止めた。



なんでなんだろう。

20年も一緒にいたというのに
思い出すのは、

悪くなってしまった、ここ1週間の陸の様子ばかり。


そして、
もっと早く気付いてあげてれば違ってたんじゃないかとか
考えたり様子を見たりせず、
毎日でも病院に行ってれば違ってたんじゃないかとか
ああすれば、こうすればと

本当にそうだとしても
もうどうすることもできないことで心が痛い。


陸、
あなたの20年間は幸せでしたか。

私は、私の都合で
色んなとこに移動させちゃったり、
たくさんの知らない人と暮らさせたり
神経質な陸には申し訳なかった気持ちもありありです。


でも、陸が神経質で臆病でよかった。

どの子をうちの子にしようかと決められない時、
ビビッてうちのクローゼットに逃げ込んでくれて、

そのまま20年間、
私のそばにいてくれて本当にありがとう。


陸はただ静かに繰り返してた呼吸が止まってしまっただけなんだろうか。
それとも、少しは苦しんだんだろうか。
側にいたのに、その瞬間、隣りにいれなくてごめんなさい。



陸、本当に
2度と撫でられないことが、
ゴロゴロが聞こえないことが、
ソコにいてくれないことが、

辛いよ。


でも、
なんでもない私のなんでもない陸のことを
少しでも気にかけてくれる人がいたのかもしれないと思うと


私にとって大事な陸が
ただいなくなっただけ
ということではないようで、ありがたいです。

陸にたくさんのコメントを本当にありがとうございました。




↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

陸さんの20年は幸福だったに決まっています。

chirikuさんに愛されて、chirikuさんを愛して、
覚悟・・なんてできなかったと思いますが、
少し、時間の猶予をくれて、
かといって、手は煩わさず・・
陸さんは本当にご立派だと思います。

苦しんだりもしてないと思います(私の勝手な考えですが)。
陸さんらしく、穏やかに、そっと、
虹の橋のたもとにお引越しなさったと思います。

今は後悔ばかりでしょうけれど、
陸さんに責める気持ちは微塵もないと思います。

姿が見えなくなっても、
陸さんはchirikuさんの傍と虹の橋を行ったり来たり・・
特にchirikuさんが陸さんを想っている時には、
必ず、傍に来てくれます。

・・・季節の変わり目です。
食欲がなくてもスープなどで栄養を摂って、
ご自分のお身体も大切にしてください。
でないと・・陸さんが困っちゃうと思います・・。

すず❤ママ #- | URL | 2015/04/15 03:59 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 07:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 07:08 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 09:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 12:15 * edit *

初めてコメントさせて頂きます。

陸ちゃん、本当に幸せでしたね。
こんなに飼い主さまに愛情たっぷりで育てられて。
こんなに大切にされて。

今頃、天国で
”今までありがとう。本当に楽しかったし、幸せでした。”って感謝しながら、
飼い主様のこと、見守ってくれていると思います。

飼い主様は寂しくてお辛いでしょうが、陸ちゃんは、飼い主様の笑顔を待っていると思いますよ、きっと。

シフォン&ミシェル #F4qIJJbY | URL | 2015/04/15 15:13 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 16:24 * edit *

陸さん、晴れた日に、chirikuさんがお休みの日に旅立って行ったんですね。
ちゃんと陸さんなりに、準備をしていたんですね。
きっと、いつもと同じように、静かに眠るように逝ったんだと思いますよ。

陸さんが、動けなくなったという記事を読んでから、勝手に心の準備をしていました。
だって私も、18年毎晩一緒に寝ていた猫のアイちゃんを亡くした経験があったから、chirikuさんの悲しみが、痛いほどわかります。
悲しくて、辛くて当たり前だから、いっぱい泣いて下さい。
いつか、いつの間にか癒される時がきっと来ますから。
無理しないで下さいね。

smileママ #- | URL | 2015/04/15 19:09 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 20:00 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 20:06 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/15 23:43 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/16 00:01 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/16 15:19 * edit *

淋しいですね

陸ちゃんとの別れは
画像でしか知らない私でも号泣です。

学生時代の
おじいちゃんの火葬の際の事まで思い出してしまいました。

さくらちゃんも何かを感じてるのかな。

かぐらのママ #hr1118UA | URL | 2015/04/16 16:04 * edit *

びっくりしました。
ご冥福をお祈りします。
chirikuさんも旦那さんも元気づけることができるだろうか、できたらいいな、でも無理だよなって思いながらコメント書いてます。
向こうで再会できるのを楽しみに、お互い寿命まで頑張って生きていきましょうね。

イブぱぱ #- | URL | 2015/04/16 17:08 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/16 20:58 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/17 13:56 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/17 16:20 * edit *

すず❤ママさん

ありがとうございます。
今思うと、悪くなってから一時だったのは
私としては、あまりに速過ぎて心がついていけなかったのですが、
陸からしたら健常だった時間がそれだけ長いということですもんね。

私のことまで気遣ってもらって、本当にありがとうございます。
何かのきっかけで、ぎゅっと心臓が痛む時がありますが、
私もさくらたちも、いつも通りに暮らしてます。

本当にありがとうございます。



> 陸さんの20年は幸福だったに決まっています。
>
> chirikuさんに愛されて、chirikuさんを愛して、
> 覚悟・・なんてできなかったと思いますが、
> 少し、時間の猶予をくれて、
> かといって、手は煩わさず・・
> 陸さんは本当にご立派だと思います。
>
> 苦しんだりもしてないと思います(私の勝手な考えですが)。
> 陸さんらしく、穏やかに、そっと、
> 虹の橋のたもとにお引越しなさったと思います。
>
> 今は後悔ばかりでしょうけれど、
> 陸さんに責める気持ちは微塵もないと思います。
>
> 姿が見えなくなっても、
> 陸さんはchirikuさんの傍と虹の橋を行ったり来たり・・
> 特にchirikuさんが陸さんを想っている時には、
> 必ず、傍に来てくれます。
>
> ・・・季節の変わり目です。
> 食欲がなくてもスープなどで栄養を摂って、
> ご自分のお身体も大切にしてください。
> でないと・・陸さんが困っちゃうと思います・・。

chiriku #- | URL | 2015/04/18 14:55 * edit *

シフォン&ミシェルさん

優しいコメントを残してもらって、嬉しいです。

少しずつ陸のいない生活に慣れて、
でも慣れたら慣れたで、
20年も一緒に暮らしてたのに、
もうこんなに普通に暮らしていいんだろうか、
もう笑ってていいんだろうか、
私にとって陸は、その程度の存在だったのかって
罪悪感のようなものを感じてました。

でも、きっと私も他の方のブログで私と同じような心境になってる人を見かけたら
シフォン&ミシェルさんのように、
「飼い主様の笑顔を待っていると思いますよ」と思うと思うのです。

だから陸がそう思うような猫に見えてたこと、とても嬉しいです。


> 初めてコメントさせて頂きます。
>
> 陸ちゃん、本当に幸せでしたね。
> こんなに飼い主さまに愛情たっぷりで育てられて。
> こんなに大切にされて。
>
> 今頃、天国で
> ”今までありがとう。本当に楽しかったし、幸せでした。”って感謝しながら、
> 飼い主様のこと、見守ってくれていると思います。
>
> 飼い主様は寂しくてお辛いでしょうが、陸ちゃんは、飼い主様の笑顔を待っていると思いますよ、きっと。

chiriku #- | URL | 2015/04/18 15:02 * edit *

smileママさん

本当に、そういうことを信じない性質なのに、
「この日を選んだんじゃないか、この日まで我慢してたんじゃないか」
って、思いました。

本当に辛いですね。
何が辛いって、
絶対にもう2度と見ることができないことと、触ることができないこと。
死ぬということはそういうことなんだと、改めて実感しました。

ありがとうございます。
いっぱいいっぱい泣きました。

そして、そんな自分がちょっとイヤになるぐらい、
今、普通の生活に戻ることができました。
まだ陸のものは、ひとつも片付けてなく
トイレの砂も、元気なときの水もそのままなので、
そろそろ重い腰をあげられるかなと思ってます。


> 陸さん、晴れた日に、chirikuさんがお休みの日に旅立って行ったんですね。
> ちゃんと陸さんなりに、準備をしていたんですね。
> きっと、いつもと同じように、静かに眠るように逝ったんだと思いますよ。
>
> 陸さんが、動けなくなったという記事を読んでから、勝手に心の準備をしていました。
> だって私も、18年毎晩一緒に寝ていた猫のアイちゃんを亡くした経験があったから、chirikuさんの悲しみが、痛いほどわかります。
> 悲しくて、辛くて当たり前だから、いっぱい泣いて下さい。
> いつか、いつの間にか癒される時がきっと来ますから。
> 無理しないで下さいね。

chiriku #- | URL | 2015/04/18 15:08 * edit *

イブぱぱさん

今はもう、自分でも驚くほど、いつも通りの生活を送っています。
なんだか色んなことが早い展開で通り過ぎてって、
私はもう普通に生活してます。
もう癒されてしまったのかどうかもよくわからないです。

何もしてくれなくても
やっぱり20年間一緒に居た子がある日を境でいなくなって
それで終わりというのは、やりきれなかったのですが、
少しでどこかで誰かが陸のことを、少しでも考えてくれたと思うと、
それだけで、心が温まります。
コメントを残してくれて、ありがとうございます。


> びっくりしました。
> ご冥福をお祈りします。
> chirikuさんも旦那さんも元気づけることができるだろうか、できたらいいな、でも無理だよなって思いながらコメント書いてます。
> 向こうで再会できるのを楽しみに、お互い寿命まで頑張って生きていきましょうね。

chiriku #- | URL | 2015/04/18 15:14 * edit *

chirikuさん、陸ちゃんとのお別れ辛かったですね。
記事を読み進めて涙が止まらなくて、こんな遅いコメントになってしまって、ごめんなさい。
いつかはお別れの日が来るのは分かっていても、そう簡単に受け入れられるものではありませんよね。
少しずつ少しずつ気持ちの整理をして、さくらちゃんとハヤテ君に癒されながら、陸ちゃんとの思い出をしっかり胸に焼き付けて、元気なchirikuさんに戻りますよう。。。
陸ちゃん、ありがとう!!

ふぉんらぶぃママ #- | URL | 2015/04/21 13:24 * edit *

ふぉんらぶぃママさん

陸へのコメントありがとうございます。

色んなことがものすごいスピードで起きて
心の準備もなにもないまま、バーッと通り過ぎて
気持ちが全くついていけませんでしたが、

今は普通の生活に戻りました。

ああすればよかった、こうすればよかったと後悔もたくさんありましたが、
今となれば、あっという間にお別れをしたこと、
陸にとっては、元気な時間が長かったからよかったんだと
やっと思えるようにもなりました。

優しいコメント、本当にありがとうございます。

> chirikuさん、陸ちゃんとのお別れ辛かったですね。
> 記事を読み進めて涙が止まらなくて、こんな遅いコメントになってしまって、ごめんなさい。
> いつかはお別れの日が来るのは分かっていても、そう簡単に受け入れられるものではありませんよね。
> 少しずつ少しずつ気持ちの整理をして、さくらちゃんとハヤテ君に癒されながら、陸ちゃんとの思い出をしっかり胸に焼き付けて、元気なchirikuさんに戻りますよう。。。
> 陸ちゃん、ありがとう!!

chiriku #- | URL | 2015/04/23 00:16 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://sunsun1211.blog.fc2.com/tb.php/739-80040219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。