うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「陸のその後」 

陸と私に、コメントありがとうございます。

これで、
少しはよくなって、その状態を保ってますというようなことを
ダンのときのように書けたなら
本当によかったのだけど、


残念ながら、そうではないです。
でも、陸はまだ私のとこに居てくれてます。


前回の、この写真は
20150409_1.jpg

ご飯を食べなくなって
初めて病院に行って点滴を受けてきた日のものです。

今のようにもう足が立たず
寝てきりになってしまう4日ほど前です。


この時は、病院の帰りで
暴れん坊でカゴにも入れられなかった時の名残で

ダンボールに入れていきました。

20150409_8.jpg


このダンボールから
自分でピョンと飛び出してたんですよ。


でも病院での血液検査で

高齢で色んな機能が少しずつ弱ってきてて
免疫力が落ちてきてるので
他の病気に罹りやすくなってます

と言われたもんだから、
早々に散歩切り上げちゃったんです。

20150409_9.jpg


まだ先がある、
もうちょっと元気になってからって思ってたからなぁ。


次の日が雨で、
その次の日も雨で、

その間に陸の体はどんどん衰えていって、
2度目の点滴の後に
ちょっと外を歩かせてみようかと

日のあたるとこに降ろしてみたけど、

もう後ろ足に力が入らなくなってて
すぐに座って、横にごろんと寝転んじゃいました。

もっと、太陽の光を浴びさせてあげたかったな。
もっと、草の匂いを嗅がせてあげればよかった。
20150409_2.jpg


そんな感じに、
昨日までできてたことが、どんどんできなくなって、

点滴をしても、
自分から何かを食べるということはありませんでした。

気付けば1週間ほどで、
もうベットに横向きになったまま
動けないようになってました。



いやぁ、本当に泣きました。
何年間分、まとめて泣きました。

陸の後ろ足が使えないようだと知っては泣き、
もう散歩には行けないんだと思っては泣き、
点滴をしても何も食べてくれないと泣き、
左右にヨロヨロと立ち上がる力ない姿を見ては泣き、
抱っこしても人形のように
全く力が入ってない軽すぎる重みに泣き、
少し先の予定を考えた時
そこに陸は居ないんじゃないかと思っては泣き、

仕事してる時以外はずっと泣いてるんじゃないというぐらい
朝も夜も頭が痛くなるぐらい泣いてました。


でも、陸は

まだ少し自分で動けてベットから出て
廊下で寝そべってた時、
いつもように箱座りしようと
手を曲げようとするんだけど
2、3回やってもできなかった時も、

今まで全く気にせず通り過ぎてた
うちにあるちょっとした段差の前で、
後ろ足に力が入らず
前脚だけ乗せて立ち止まってた時も、


そのひとつひとつに気付いて
私は泣けてしかたなかったけど、

辛いも苦しいもなく
ただ、できなくて困ったなと困惑してるだけ
のように見えました。


そうやって、
陸がひとつひとつできなくなることを
受け入れるかのように
静かに寝ている姿を見てると、

もう元には戻らないのだなと、

一生懸命働いて
「疲れた~」と仕事から帰ってきて、

散歩するという陸に付き合ったり、
今日はダメって断ったりして、

奥の部屋で騒いでるさくらたちにご飯をあげて
旦那さんがさくらたちと遊んでる間に
私たちのご飯を用意して、

できあがったら、
ずっと待機してた陸と一緒に晩酌して


って、
そういう日はもうないのだなと。


毎日陸が変化して
どう書いたらいいものか、
書くのも億劫だったのに、

書き出したら
色々書きたくなってしまって、

自分の気持ちもまだ定まってないから
何だかめちゃくちゃになっちゃいました。

また、落ち着いたら書きます。

※コメント欄閉じます。








↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

トラックバックURL
→http://sunsun1211.blog.fc2.com/tb.php/738-ceb9c5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。