FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「本当にお別れなんだねぇ」 

12日、
雨が続いてたのに、4月の晴れた日の朝

陸は静かに息を引き取りました。


猫飼いの人たちから
「猫は悪くなってから、一時だ」
と何度か聞かされたんですが、

本当に
20年間ずっと一緒にやってきたというのに、

あれ?と思ってから
ほぼ1週間ぐらいで
私の手を全く煩わせることなく、陸はいってしまいました。



3日前には歩いてたのに、
昨日はできてたのに、

と、私の気持ちがついていけない早さで
どんどん悪くなって、

気付くとベット上で
伏せることもできず
横になって呼吸することしかできない状態になってました。


その日に日に頑なに悪くなっていく姿が、

陸というか体というか寿命というか
そういうものが

「もういいんです、無理なんです。
 お別れの時がきたんですよ」
と、強い意志を持って言ってるようで、

全てを受け入れているような陸を見ると
気持ちがせかされるようなじれるような
何ともいえない気持ちになりました。


そして12日の朝、

「陸、おはよう」と脱衣所に向かうと
陸に何の反応もありませんでした。

でも前日も、もう名前を呼んでも、
本当に少しだけ尻尾を動かす力しかなく、
呼吸で上下するお腹を見て

生きてることを確認してたので、


毛布をめくってみましたが、
動いていませんでした。


でも、
毛布をかけていたからか体は温かく、
もしかしたら私に見えてないだけで

小さく呼吸してるのではないかと
それでは大変だと、

何度もいやらしくお腹に顔をあて
呼吸をしてないか確認しました。



今は
ソコに陸がいないことが寂しい。

陸を撫でることができないことが寂しい。
猫の砂を買えないことが、
「これももうイヤ、あれもイヤってオバちゃん破産するわ」
って言えないことが、
お風呂上り、脱衣所のベットからニャーといってくれないことが、
廊下の真ん中で寝てないことが、
出かける直前に「散歩する」と玄関で邪魔してくれないことが、


寂しい。


陸がソコにいないことが、本当に寂しい。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村


ここからは

これからどんなに思い出すことがあっても
今のように強く悲しくなることはないだろう、

今、どんなに切なく想っても
きっと時間が過ぎてどんどん忘れてしまうだろう
私のために書いたものなので、

ダラダラとまとまりもないので、

時間がある方だけ、どうぞ。




-- 続きを読む --
スポンサーサイト



[edit]