FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「先生、さくらがおかしいです」 

ハヤテだけ散歩に連れ出そうとしたら、

当然、私も行くんでしょうとスタンバってたので、
抱っこして、一緒に散歩に行くことにしました。
20141022_1.jpg


どうしてかというと、
この日から遡ること2日前の夜中、

ふと犬部屋を覗くと、
さくらが旦那さんもいるというのに珍しく端っこに座ってる。
20141022_3.jpg


ハヤテが部屋の真ん中でチュパってたので、
キレられるとイヤだからと遠慮してるのかな、

それとも、旅行前はそこにカゴがあったから
入りたいのかな、
と、カゴを用意してあげたんだけど、入らない。
20141022_4.jpg


具体的にはどうというのはないけど、何かおかしい。
元気がない。

でも、その時は夜中でどこの病院でも診てもらえない時間。
寒いのかもと、旦那さんと寝てもらったんだけど、
やっぱり変。
20141022_5.jpg


次の日、朝ご飯は完食したけど、
やっぱり動きがのろくて、ずーっと寝てるし、
歩いてもすぐにお座りしてる。

で、よく考えてみると、
前日夜中に変と思ってから今まで1度も大きい方をしてない。


もしや、
知らない間に何か食べちゃって、
ソレが詰まっちゃってるんじゃないかと思い、

お腹を触ってみたら「キャン」


それから嫌がって、触られないように距離を置くのを見て、
こりゃ、ただ事じゃない
と、病院に駆けつけました。

20141022_7.jpg


車の中でもいつもの様子と全然違って、
黙って座ってることができず、
病室で待ってる間には、「ハァハァ」と暑い時のような息遣い。


先生もさくらのお腹に触って、
「確かに張ってるというか力が入ってますね。
 考えられることは2つあって、
 ガスが溜まってる場合と、背中が痛いのをかばってる場合です」
とのこと。

とりあえず、レントゲンをとってもらいました。


レントゲンの前で先生から
「ガスが溜まってる様子もない」
「う○こはあるが、異常というほどではない」
「異物が入ってる形跡はない」

という説明を聞いてるうちに段々と嫌な予感が。
もしかして、原因がわからないってパターンなんじゃ・・・。

20141022_8.jpg

けど、予想に反して原因はわかりました。









軽い「ヘルニア」じゃないかと。

背中から頭の方に向かって、
ちょうど背骨が終わるぐらいのところの骨の間が
他のところより狭くなっていて、そこが痛いんじゃないかと
言われました。


全然知識のない私
「ヘルニアってこんな突然なるもんなんですか?」
とショックを受けてしましました。

予防策としては、
体重管理と高いところからの飛び降りさせないこと。


もし薬を飲んでも、異常な様子だったら
内科的なことが原因かもしれないので、その時は検査をする

薬が効いていつも通りに戻っても
しばらくは散歩を控え、
ソファなど高いところにあげないようにすること言われました。

20141022_9.jpg


薬を飲んでしばらくすると、すっかりいつも通りのさくら。
ということは、





「ヘルニア」なのか・・・。


ご飯、もっと減らさなくちゃいけないのか。

オヤツも、
毎日あげてるのは歯磨きのあとのガムだけで
それも半分とか4分の1しかあげてないのにな。

食べ終わったあとは
魂が遠くにいっちゃうぐらい好きなのに
2014006712_16.jpg

回数をへらさなくちゃな。
季節の果物とか時々あげるのやめたほうがいいのかな。


山のような公園の散歩も
今度から、もっと穏やかなコースを選ぼう。
200140625_10.jpg


ごめんね、管理の甘い飼い主で、
痛い思いをさせてしまって。

大好き、可愛いだけじゃダメだよね。
20141007_12.jpg


とりあえず、4日分の薬を貰ってきたので、
その後、薬を飲まなくなっても痛みが出ないかどうか
様子を見ることになりました。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]