FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「そんな、さくらが心配」 

何度か書いてますが、
さくらは「鼻なき」したり「遠吠え」したり
私たちをテシったりして自分の要求を通そうとする

立派なわがまま姫に成長してくれました。


でもふと、見たときに

20140510_1.jpg
(ただ伏せて待ってるだけ)

20140510_4.jpg
(ただ何か香ってるだけ)

特に何してるわけじゃないのに、
思わず、片膝ついちゃうほど可愛すぎて
やられちまう時があります。


それに比べてハヤテは




20140510_3.jpg

「お願い」は
初めて見たときに可愛いくて
「お願い、お願い」と私が動きに言葉をつけて
覚えさせたというのがありますが、

そっと鼻と口をつけてくる「チュ」はどうして覚えたんでしょう?

ハヤテからしたら、
「ものすんごい嬉しそうなオーラ出してたじゃん」
ということかもしれないけど、


そもそも人なら「チュ」は愛情表現だと
小さい頃から自然と教えられるけど
ワンコもそれは一緒なんでしょうか。

もしそうだとすると、全くしてこないさくらが心配。

20140510_5.jpg


まぁ、そんなさくらは置いといて、
最近のハヤテの「可愛いでしょ」ポイントは「抱っこ」。

以前、
「抱っこ」というときは
散歩や歯磨きなど、ハヤテ的嬉しいポインツだったため
頭がとっちらかっちゃうようで、

20131218_9.jpg


プロペラのようにグルングルン尻尾を回して、
勢いよく私の膝目掛けて飛んでくるけど、
そのまま反対側まで飛び出し、

また飛び込んでくるけど飛び越えちゃうという
抱っこされたいんだか、されたくないんだか
わからない状態になってましたが、

最近は落ち着いて、膝に乗ってくるようになりました。


すると、
今度は甘えたいときも尻尾をプリプリさせて
ピョンと飛び込んできて、
「撫でて」とちっちゃく足踏みします。

さくらがテシっと

20140108_17.jpg

私たちの顔や鼻穴を狙ってくるのに比べたら
奥ゆかしくて、キュンとしちゃいますよ。


さらに頭を私の胸に当てて、体を預け
じーっと見つめてくるわけです。




20140310_4.jpg
(な、なんでそんな純粋な目で見るの。
 そしてなんなの、そのヒゲ男爵は)


20140510_6.jpg

これで、さらにプラス1キュンです。


こんな感じで、
いつ誰に教えられたのか、
あの手この手を使って、アピールしてくるハヤテを見てると、

テシり1本槍のさくらの性根がやっぱり心配







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]