FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「1歩進んで2歩下がる」 

ハヤテは潜って寝ないというだけでなく
ビビリだから(なのか?)
私たちの布団に潜ってくるのも苦手。

だから、
さくらがハヤテに追い詰められて逃げてきたときは
私たちもサッと布団を上げて、さくらを隠してあげる。


でも、毎日毎日さくらを追いかけ続けたハヤテは、

20140321_1.jpg

すっかり布団の中まで追いかけて
中で揉めることもできるようになってて、

20140321_6.jpg

さくらの逃げ場が、またひとつ少なくなった。

去年の夏は、タオルケットの下にさくらがいるのがわかるに
どうするこもできなくて、
「キャヒヒーン、キャヒヒーン」と
悲鳴のような泣き声をあげて、一生懸命ホリホリしてたのに。



そうやって克服したのか、



20140321_3.jpg

以前はさくらがいなければ、
布団に潜ったとしても、サーッと通ってすぐ出てきてたのに、

だんだん1人でも探索してる時間が長くなり、
私にも「入れて」という仕草をするようになり、

このたび、そのまま布団の中で
一緒に寝ることができるようになった。


ちょっと前にあんなこと書いたばっかりなのに(→「いつかきっと」
寝顔が見れなくても、これはこれでオツですな。


ってなことを書こうかなって
足元で眠る生温かいハヤテを感じながらニヤニヤしながら考えて、
曲げてた足を伸ばしたら、






・・・そこは「ギャギャギャポインツ」でした。

そうは言っても今回は、歯が足に当たっただけでした。
そういえばハヤテ、
毛布や布団なんかに潜ってるときに上から触られると、
キレてたなぁ、あ、だから潜るの嫌なのかと気づきました。


一緒に寝れるようになったのは嬉しいけど、
寝返りを打たせてもらえないというのは、拷問だなぁ。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]