うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「蔵出す3 ~だってハヤテだもの~」 

画像の整理をしてると
うちのボッチャンは本当に、

上がるも
20140329_11.jpg

下がるも
20140329_12.jpg

一生懸命。
現実に見てても喜怒哀楽も動きも激しいと思ってたけど、
画像で見ると、改めて思う。

そんなハーテが、大好き。

20140329_1.jpg
(だって、画像だと噛まないもの)


いつも楽しいをちっさい体全部使って表現してくれる。

20140329_4.jpg
(ちなみにさくらがさっきから熱く見つめてるのは旦那さん)


そんな中でも、
とても一生懸命で、特に好きなのが、走ってる姿。

こう体を丸めるような感じで、
20140329_10.jpg

弾丸のように走る。
20140329_7.jpg



けど、
↑の写真でバレてるかもしれないけど、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれないけど、


こう、「よーい、どん」と走り出しても、
20140329_2.jpg


どうしてもさくらに負けちゃう、
20140329_16.jpg





しかも結構な差をつけて。
20140329_3.jpg


さくらは一生懸命にも走るけど、
流した感じでもハヤテよりは早い。

20140329_5.jpg



ハヤテはあんなに誰が見てもわかるぐらい
一生懸命をアピールして走ってるのにね。

だからこういう一見、
ハヤテが丸くなってがんばってて
さくらがゆったり楽しんでる感じの画像も

20140329_14.jpg20140329_15.jpg





実際は結構可哀想なことになってる。

20140329_13.jpg


んー、なんだろう。
体を丸く低くする走り方は風の抵抗を受けにくく
速くなるんじゃないかと私も思うんだけど、
その走り方ではダメなのかしら。

そこでハヤテ想いの飼い主が
さくらの走ってる画像と比べて研究してみたら、

な、なんと!


20140329_8.jpg
20140329_9.jpg





同じ顔で走ってた。
顔だけではダメなんだね。




↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

初めての「今年初」 

あっという間に暖かくなりましたね。

この前の仕事帰り、
うちの近所では数少ない居酒屋さんの前を通り
揚げ物の美味しそうな匂いに、
もうフラフラと入って行きそうになりました、危ない。


というわけで、
我が家では恒例の「山のような公園」に行ってきました。

20140328_1.jpg 



でも、さくハヤ地方は桜はまだまだなようです。

20140328_18.jpg


最近のさくらは、ご近所散歩だと早々に、
「さくら、もういいや。抱っこがいい」となっちゃうんですが、
お久しぶりの公園では大奮闘でした。


20140328_4.jpg 
スンスンスンスンスン。


20140328_5.jpg 
スンスンスンスンスン。


20140328_6.jpg 
スンスンスンスンスン。

そう、さくらの奮闘振りは「匂い嗅ぎ」。
ちっとも進まない。良かった、休みで。


で、フと気づくと













20140328_2.jpg 

なんか付いてた。

これ、よぉーく見てくださいよ、よぉーく。

20140328_3.jpg 

こう、ちっさいものが一箇所に集まってると、気持ち悪くなりません?
ただ、それだけなんですけど。


ハヤテもはしゃいでましたよ。

20140328_7.jpg 



さくらと一緒に、

20140328_8.jpg 
スンスンスンスン×2。

20140328_9.jpg 
スンスンスンスン×2。

20140328_10.jpg 
あ、ときには私を気にしてくれるのね、ありがとう。



と、こう仲良く散歩してたお2人さんでしたが、

20140328_19.jpg 

ハヤテ突然のブレーキ。
なにかというと・・・、
 













20140328_13.jpg 

はい、これも恒例の川、です。

ハヤテは音がイヤなのかなとも思ったけど、
海は平気だったから、分け入って行く感じがイヤなのかしら。
とはいっても、さくらが心配でブレーキ中のハヤテを放置すると
ついてくるんですけどね。

今日は休みだから入ってもいいよと思って
カメラを構えてたけど、

20140328_12.jpg

近くまで行くが入らず、テンションだけ入ったあとみたいになってました。


と、このへんでカメラの調子が悪くなりまして、
せっかく、うちの子たちはパッとリードを離すと

20140328_14.jpg 


パーッと走って行っちゃって、

20140328_15.jpg 


どんどん離れてっちゃうけど、

20140328_16.jpg 


途中で私に気づいて、

20140328_17.jpg 

大急ぎで戻って来ちゃうのよねぇ、おほほほ。
って、書こうとしたのにピントはブレブレだし、
戻ってくる写真を撮る前に電源落ちちゃって・・・、

私、まるで大ぼらふきみたい。


あー、ちょっとした遠出でも
お外散歩は楽しすぎて、飼い主が仕事に行きたくなくなる。









↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「ハヤテ1歳、違いをわからせる男」 

ハヤテは小さい頃から、
なにかをアピールするときに足に前足をかけてきます。

20140327_1.jpg


その中でも、1番激しくて、見てて1番嬉しいのが、
毎日欠かさずしてくれる「お帰り」。

20140327_2.jpg
(あ、これは単にお肉が欲しいやつだった)


仕事から帰ってきて、犬部屋に行き、ケージを開けると
座って落ち着くまで、ちょこちょこ前足をかけてきます。

20140327_3.jpg
(そして無事、すんごいお顔で無事ゲット)


うちは仕事から帰ってきたら、とりあえずご飯をあげてから、
お2さんをケージから出すので、

ケージを開けた瞬間、
「残り物があるんじゃないか」と
とっても気になるハヤテの部屋に飛んでって
チェックを始める誰かさんと比べると

20140327_9.jpg

前足をかけながら私が座るのを待ち、
座って落ち着いたら
隣りで撫でてとしてくれる姿はそりゃ可愛い。

20140327_10.jpg
20140327_11.jpg20140327_12.jpg
(近すぎてピントがブレブレ)

だから、
人の足に前足をかける行為はダメなのかもしれないけど、
ちっちゃい爪の感触がくすぐったいのも一緒になって

「ちょっと、待ってよぉ」と言いつつ、ニヤニヤしてしまう。


毎日、そんな歓迎ぶりが見たくて
「ふぃー、今日も疲れたよぉ」とうちに着くと
すぐにハヤテのケージを覗く。

すると、


20140327_6.jpg

いやいや、見事な歓迎ぶりだ。

ちらりと横を見ると、








20140327_7.jpg

わかりませんが、多分、
とっととご飯を用意して欲しいんだと思います。


最近、そんなハヤテも

ケージから出すと相変わらず歓迎してくれますが、
上から覗いただけでは、


20140327_16.jpg

みたいな、冷静なお迎えの日があります。

なんだろう?と思ってたら、気づきましたよ。
なんだと思います?

そういう日は、
旦那さんが私より早く帰ってきてて、
すでにご飯をあげちゃったあとなんですよ、奥さん。


だから、これって

20140327_6.jpg

というんじゃなくて、







20140327_14.jpg

でなければ、

20140327_15.jpg

ってことだったみたいですよ、奥さん。
いいように勘違いして気分よくなってたら、
態度できっちり教えられましたよ。

そうだね、思えば舌出ちゃってるものね。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「お次はさくらの番ですよ」 

今回はさくらのワクチンに行ってきました。

でも来月末からフィラリアのクスリも始まるので
一緒に来てたハヤテも、結局検査のために注射です。

20140326_5.jpg
(古いっ!鳥肌が立つほど古すぎるのに書くのをとめられないお年頃)


ワクチンとフィラリアの検査のほかに
色々先生に診て欲しいことがあったので、
いつもより多めな諭吉先生を携えて行ってきました。
ので、今回もやっぱり長めだよ、注意して!


じつはさーちゃん、下の前歯がないんです

上の前歯もというか、
ハヤテに比べたら犬歯も奥歯もちっちゃくて、
結局、下前歯は生えてきませんでした。

それで今までのご飯の状況とか、今後のことなどを話したら
抜けずにいっぱいあるなら抜かなければいけないけど、
その状態で普通に食べてるのであれば、
今のところは、そのままで大丈夫ですとのこと。



そしてお次は、「涙やけ」(→「涙に焼けちゃったから」


以前はこんな感じで↓。
20140119_1.jpg


現在はこう↓。
20140326_4.jpg

あっ、これじゃわかんないか、わかんないか、テヘヘ。

気を取り直して、現在はこう↓。
20140326_6.jpg

ホウ酸水と紹介してもらったもので、
毎日拭き拭きしてマッサージを続けてこの状態です。


が、
出てくる液の色が前より濃厚なため、
拭いてもなかなかきちんと色は取れないし、
ときに鼻のほうにまで色がついてるときがあるので、
元から出ないようにはできないかと、

先生に食べ物は関係あるかどうか
脂質の低いものなどがいいのかとか聞いてみました。


結果は、医学的根拠はないということでした。
確かに先生も患者さんから、
「フードを変えたらなくなりました」と聞くらしいのですが、

実際そのせいでなくなったのか、
なくなったとしたらなぜなのかということはわからないそうです。

なので、結局は拭いて、マッサージして涙を出してあげる
ということでした。残念。



そして最後は、
ちょっと前の散歩から、さくらの右後脚が
ときどき、「ひょこたん」となるのが気になってて診てもらいました。

20140316_19.jpg


とはいっても、
毎回必ずなるわけではなく、
その日によって時々出るという感じです。

じつは飼い主としては心に思うとこがあって、









20140326_2.jpg

こう、
ハヤテはさくらのささみのとこをことあるごとに嗜むんですよ。

お尻を嗅いだ流れでとか、喧嘩に誘うときとか。
と、思ってたら、こんな小さなときから噛んでました。

20140326_3.jpg

そのせいで、なにか影響が出てきてるんじゃないかと。

でも、今回は
特に左足が右足を庇うことによって筋肉が発達してるようすもないし
触っても痛がったり変化もないので、もう少し様子を見てください
とのことだったので、ひと安心。

レントゲンとかもいっちゃうのかと思ってただけに
財布の諭吉さんもひと安心で、今回の病院は終了。




20140326_1.jpg

今後さくらの足になにかあったら、お前のせいだと思うからな。







○○さん
ごめんなさい、私、未だにガラケーです(>_<)




↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「特技習得」 

さくらは

20140325_6.jpg



大きいほうの用足すポーズだけでなく、
嫌なことを表現するために、泣き声も

カエルのまねを覚えた。

20140325_8.jpg



・・・爪きり、

あれ以来(→「解脱」)、前足に関しては
本当に湯船につかってるおじいちゃんのように
脱力しきって気持ちよさそうに
「もう、寝ちゃうんじゃないか」というぐらい大人しく切らせてくれます。
(ただ、さくらが湯船につかったら、とんでもなく暴れるけど)

20140325_10.jpg


が、
こと、後ろ足に関しては
前足とは反比例して、抵抗がどんどん酷くなってます。
嫌すぎて、「カプッ」と甘噛みしてくることも。

それでも、どんなことをしても、どうにもなんない
うーーーー、







20140325_9.jpg

と、ないてました。




ハヤテは

20140325_1.jpg


高みを得るために、


















人を利用することを覚えた。

20140325_3.jpg


撫でて欲しいとか、顔を舐めたいとかでなく
遠くを見るために、まるで「踏み台」のように
気軽に人を踏み台にしてくれます。

私もよく、肩に気軽に乗られてます。





20140325_5.jpg

そのまま、ちょっと覗いてるし。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「想定外」 

ある日、畳んだ(?)布団の上でさくらがエンジョイしてました。

20140323_9.jpg


「犬はやっぱり高いとこが好きなんだ」とか
「変なとこに興味持ってるな」とか

20140323_1.jpg

思ってた時間って、どのくらいだったでしょう。

さくらがなにかを持ち逃げしました。


さくらって、
なんかゲットしたときは、必ず
明らかに大きな動きで猛ダッシュして逃げるから
自分から悪さをバラしちゃう不憫な子です。


なんだろうと、さくらを追いかけ

20140323_5.jpg
(こういうとき、必ずハヤテ探偵も一緒に捜査してくれるけど
 ありがた迷惑です)

「出せ!」させたら、










20140323_4.jpg

ネジでした。


あとで覗いてみて、
「どこから取ったの?」と思っていたら、

20140323_14.jpg

横だった。

20140323_15.jpg



器用なものだね、さくらちゃん。

20140323_11.jpg



そしてさくらには犯行時の癖がもうひとつあって、
必ず現場に戻ります。

食糞しようとして取り上げられたときも
本をビリーッと破いて取り上げられたときも

20140323_10.jpg

もしかしたら、まだ落ちてるかもしれないと
前向きな気持ちで確認しに戻ります。

20140323_24.jpg

だから、このときも
強引に捜査協力を申し込んでくるハヤテ探偵を
挑発しながら探してましたが、いつものことだと思ってました。

20140323_25.jpg


が、
さくら、もうひとダッシュ決めました。









20140323_6.jpg

なにこれ、名前なにこれ。
あのネジの間に止めるやつです。

これは危ない。
小さくて飲み込めちゃうやつじゃん。



そのあとは、さすがになにも無かったようで、

20140323_7.jpg


怒りのほりほりを決めて、寝ることにしてくれたようです。

20140323_16.jpg

20140323_21.jpg



さくらとハヤテをフリーにしてるのは2部屋だけなので、
ずぼらな私も、その部屋だけは床に物を
うっかりしてうたたねしちゃったときの図書館の本とか
ちょっとだからと油断したリモコンたちとかマウスとか

しか、
置かないようにしてるんですが、
まさか「高さ」で攻めてくるとは。









↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「1歩進んで2歩下がる」 

ハヤテは潜って寝ないというだけでなく
ビビリだから(なのか?)
私たちの布団に潜ってくるのも苦手。

だから、
さくらがハヤテに追い詰められて逃げてきたときは
私たちもサッと布団を上げて、さくらを隠してあげる。


でも、毎日毎日さくらを追いかけ続けたハヤテは、

20140321_1.jpg

すっかり布団の中まで追いかけて
中で揉めることもできるようになってて、

20140321_6.jpg

さくらの逃げ場が、またひとつ少なくなった。

去年の夏は、タオルケットの下にさくらがいるのがわかるに
どうするこもできなくて、
「キャヒヒーン、キャヒヒーン」と
悲鳴のような泣き声をあげて、一生懸命ホリホリしてたのに。



そうやって克服したのか、



20140321_3.jpg

以前はさくらがいなければ、
布団に潜ったとしても、サーッと通ってすぐ出てきてたのに、

だんだん1人でも探索してる時間が長くなり、
私にも「入れて」という仕草をするようになり、

このたび、そのまま布団の中で
一緒に寝ることができるようになった。


ちょっと前にあんなこと書いたばっかりなのに(→「いつかきっと」
寝顔が見れなくても、これはこれでオツですな。


ってなことを書こうかなって
足元で眠る生温かいハヤテを感じながらニヤニヤしながら考えて、
曲げてた足を伸ばしたら、






・・・そこは「ギャギャギャポインツ」でした。

そうは言っても今回は、歯が足に当たっただけでした。
そういえばハヤテ、
毛布や布団なんかに潜ってるときに上から触られると、
キレてたなぁ、あ、だから潜るの嫌なのかと気づきました。


一緒に寝れるようになったのは嬉しいけど、
寝返りを打たせてもらえないというのは、拷問だなぁ。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「ショック過ぎ、本当にごめんなさい」 

オヤツにぶどうあげてます。


20140319_12.jpg

と書いたら、


いつも優しいコメントをくれて
色んなことを教えてくれる「あおいさん」から
ぶどうはNGですよとコメントを頂いて、

慌ててネットを調べたら、NGでした。
しかも、ものすごく恐い。


まだ新しい情報のようで、内容はまちまちでしたが、
個体差や食べた量にもよりますが、

症状としては
食べたあと72時間以内、早いと5、6時間で下痢や嘔吐が始まって、
そのあと、腎臓が働かなくなりおしっこが作れなくなるそうです。
そして最悪な場合は死ぬことも。

しかもさくらは腎臓の数値が普段でも高いのに。
あーもー、バカすぎて壁に頭打ち付けたい。


20140322_2.jpg


さくらとハヤテのようになにも起きないこともあるけど、
それは今までラッキーなだけで、
野菜でもなんでも、好き嫌いなくなんでも食べるから
調べもせずあげてしまった。

本当に無知で、申し訳ないことをしてしまった。


20140322_1.jpg


そして
私のような拙いブログでも見てくれる人がいるとしたら、
ぶどうはNGです。私と同じ失敗をしないでください。


「あおいさん」、本当にありがとうございます。





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「いつかきっと」 

ほぼ毎日、ケージの真横で寝てるので、
何度かご紹介してる、この「攻撃」にあいます。



20140320_19.jpg

きゃあ!
恐怖画像かと思ったら、違う違う、可愛いわが子でした。
ちょっとしたトラウマが・・・(→コチラ)。


こう、撫でてあげると

20140320_2.jpg

気持ちよさそうな眠そうな感じになってくるんですが、
ちょっと遠いので、結構な頻度でこうなってます。

20140320_6.jpg


撫でてあげてると、そのうち黒目が動き出して
ほぼ目が閉じてって、「あぁ、眠るのかな」と思うと、
ビクンとなって、結局起きちゃう。

何度もお願いされて、何度も撫でて、何度も白目になるけど、
やっぱり起きる。

20140320_20.jpg



さくらは眠くなると潜る派だから
なかなかそういう姿自体見ることができないんだよね。

20140320_3.jpg
(背中が猫背でおじいちゃんぽいな)


ね、さーちゃん。

20140320_5.jpg
(ホントにおじいちゃんだった)



だから、いつかハヤテを

20140320_10.jpg
(眠そう、寝るかな?)

20140320_14.jpg
(んー、まだか。舌がレロッてなってる)

20140320_12.jpg
(くずってないで、寝なさい)

20140320_18.jpg
(お、寝るか?)

20140320_16.jpg
(お願いだったぁ。って、いいから、もう寝な!)


膝の上で寝かせてみたい。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「可愛いのもやらしいのも」 

基礎化粧品だ、下地だ、ファンデーションだと
なんだかんだ毎月化粧品代かかるわねぇ
と思ってたけど、
とりあえず丸3日、スッピンなことに(→コチラ
職場で全くコメントを頂けないので
私の化粧なんてそんなものなのねと悟りました。


そんな荒んだ私を癒してくれるさーちゃんです。

20140319_1.jpg


最近、甘えっ子指数が上昇中なんですよぉ、デヘ。
ケージのドアを開けてもすぐには出てこないで、

20140319_6.jpg

お腹見せて、撫でてぇってするんですよ・・・、



20140319_14.jpg

って、アレ?


私が手を伸ばすと足を広げて、引っ込めると閉じるけど
また手を伸ばすと広げって、

20140319_9.jpg

まるで「自動ドア」みたいなんですよぉ

20140319_11.jpg

って、アレ、アレ、

20140319_10.jpg

ちょっ、いつも通りやってよ。
私が嘘つてるみたいじゃん。



あ!最近さくらが必ずやる「やらしい動き」があって、
うちのちゃーちゃん口に入るものなら、
なんでも大好きなんですが、

20140319_13.jpg


これは『待て』ですね。

20140319_12.jpg


じゃあ、これは?

20140319_16.jpg


これの前にこんな画像があるので、
20140319_17.jpg20140319_18.jpg

これは、「もっと持ってないの?」です。


そう、最近さくらはオヤツを貰っても
私がもっと持ってるんじゃないかと、すぐに食べず
何度も何度も顔を挙げて確認するんです。

20140319_4.jpg


これがやらしいなぁとは思うんですが、
飼い主的には面可愛いんです。

20140319_2.jpg


って、全然確認しないし。即、完食だし。

20140319_5.jpg

ホントにさ、嘘つきだと思われるから、いつも通りやってよ。


上の2つ
「面白いな、可愛いな」と何度かチャレンジしたんですが、
カメラを向けると、
「もういいや」となっちゃって全然協力してくれない「いけずちゃん」。


フードを被った飼い主は認識できずに吠えるけど(→コチラ)、
カメラの存在は理解したようです。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「&%#!!$’?!」 

このことを書こうと思ったとき

「初めての夜の惨劇」とか
「初めてのマスクで出勤」とか
「初めての私登場」とか
いっぱい題名が浮かんできて、
選びきれなかったので選びませんでした。


うちではこんな

20140318_7.jpg

夕食が終わったあと
陸を膝に乗せてダラダラと晩酌してながら、みんなを見てる
なんて、よくある光景です。


「じゃ、私も寝る前にひと揉まれしてくるか」
と、そちらに行くと

旦那さん大好きさーちゃんはそのままだけど、
ハヤテが「撫でて~」と寄ってきて、コロリとお腹を見せます。

20140318_8.jpg


「ハヤテって本当によく転がるようになったよね」
あはは、うふふなんて、
それこそ何十回何百回、繰り返したことでしょう。


その日も私のそばでお腹をみせてるハヤテが可愛くて
撫でながら、お腹に顔をうずめて匂いを堪能し顔を上げると、


おや、おや、おや?
ハヤテの健康的に並んだ前歯が見えました。
前歯が見えたということは・・・、

ハヤテをお迎えした日から半年間、
毎日のように発令された「ハヤテ、怒ってる」警報です。


こういうときは、
「ダメ」と怒って押えつけて、怒りが去るのを待つのですが、

ハヤテとの関係が深まったんじゃないかと思った頃から
1度も成功したことなんかないのに、
ムクムクと湧き上がってくる気持ちがあります。

「ハヤテと私の関係はこんなもんじゃないだろ」みたいな、
「その先にある景色が見たい」みたいな。




・・・


Go flying away!
















20140318_1.jpg

・・・どうも、初めまして私です。


鼻の場合は、
小爆発が起きたような、なにかをぶつけられたような
噛まれたというより、
バーン!とした衝撃が走ります。

20140318_2.jpg



怒ってるのにまた顔をうずめた私がいけなかったのか、
いやいや、
別に痛めつけたり嫌がることをしてるわけじゃないのに
飼い主を噛んじゃいかんだろっ
とか思い惑ったのはもっとあとで、

噛まれた直後にまだイキってる口に手を入れ、
久しぶりにこっぴどく怒って、しばし無視しました。


20140318_3.jpg

悪いことをしたと思ってるのかはわかりませんが、
まずいとは思ったようで離れてました。

私が鼻を拭いて戻ってくると、寄ってきましたが
無視を続けてる私には近寄れないようで、
優しい旦那さんに助けを求めてました。

20140318_4.jpg
(ハヤテの視線の先には旦那さん)


じーっと見つめるハヤテの視線も感じるし、
旦那さんも「ハヤテ目がしばしばして弱ってるよ」
と言うので、

20140318_5.jpg


そろそろ許してやろうかと
チラリと見ると、












20140318_6.jpg

もう、寛いじゃってるじゃんよぉ!!


私、これからどうやらマスクあーんどスッピンで出勤になりそうです。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「恐怖散歩2」 

さて、前回(→「恐怖散歩」)の続きですが、








20140317_1.jpg

別にこれ、ノーリードで遊ばせてたわけじゃありません。

散歩を終えて帰ってきたら
またもや、さくらのときのように
首輪のアタッチメントが外れちゃったんです。
(→「首輪が外れた」

でもここは私たちが住んでる建物の敷地内で
道路からは離れてるので、こうやって写真も撮ったりできてるんですが。


しかもハヤテが逃げてるほうは、どんどん敷地内のほう。

20140317_2.jpg


しかし、
この首輪はさくらがパピーのときに初めて買ってあげたもので
ほとんど使ってないし、
ハヤテに試しに着けたのだったつい最近なのに、
私って、こういうののあたりが良すぎるのか。



小中学校の理科の実験なんて

うまくいかないなと思ってたけど、
じつは太陽を見るやつとか、そういう器具の
具合の悪いのになぜかあたってしまう
という思い出しかないもんな。

あ、あと
初恋の男の子と実験の班が一緒で、
その子が何かをこぼしちゃったとき(もう昔過ぎて記憶が曖昧)
ハンカチを貸してあげたら、とっさに手に取ったけど
拭く瞬間に私のハンカチだと気づいたらしく、
使わずに返してくれたことぐらいかな。

いやぁ、甘酸っぱい。


20140317_3.jpg20140317_4.jpg


しかし、
いくら敷地内とはいえ、そろそろ捕まえなくちゃと思うけど
悲しいかな「おいで」が全く効かない。


20140317_5.jpg
(ときには身を低くして、私の横をすり抜けようとたくらむ)

なんと1番、効果があったのが「お座り」でした。


とまあ、何事もなく終わってくれたからよかったんですが、






20140316_14.jpg

実際こう「でっかい犬がおる」と思ったかはわからないけど
このびびっちゃったときって、

こうとか、
20140317_6.jpg

こんな感じで、
20140317_7.jpg

私がちょっと動いただけで、車道にぐいっと逃げてたので、
パチンと取れた瞬間がこのときだったらと想像したら、肝が冷えました。


ハヤテの首輪が見つかったんで、
ちょっとはそれを着けてようと思うけど、

パチンと止めるタイプに不信感ができちゃったのと
さくらの首輪もボロくなってきたんで、
そろそろ一緒に新しいのを買ってあげようと思います。



●●●番外編●●●

さくらには絶対に通りたくない道
というか場所があります。

20140317_8.jpg

その区間を抱っこして通り過ぎると、また歩き出すんですよね。
これ、逆から来てもダメなんです。


そんな場所が最近もうひとつ増えちゃって、
それがうちの前。

20140317_9.jpg

このあと階段をのぼるんですが、
いつの間にかそれがどうも嫌みたいで。

でも、一歩のぼってしまえば、

20140317_10.jpg

あとはぐいぐい、うちに帰ろうと気分が切り替わります。

20140317_11.jpg

なにがダメなのか、じっくりお話を聞かせて欲しい。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「恐怖散歩」 

いつお邪魔しても
「はぁ、羨ましいなぁ」と羨望のため息が出ちゃう
ブログがあるのですが、

なにが羨ましいって、その環境。


冬は真っ白な雪山で
暖かいときは綺麗な砂浜で
秋口なんかは川を越えて軽い登山のような、

こんなとこで散歩できたら
犬だけじゃなくて
飼い主のテンションもあがっちゃいそうと
じっとりと眺めてます。


その方のブログを読んでると、
どうやら山も海もそれほど遠くなく
海に関しては、よくいく散歩の途中にあるそうで、
なんとまぁ、と
楽しそうに戯れるチワワを見つめてるわけですが、





20140316_1.jpg

うちは相変わらずのご近所散歩です。

ただこの日は仕事が休みだったというのと
ハヤテと逆で最近の私が「太り気味」になってきたのがあって
長めの散歩を決行しました。


最初はこんな感じでご機嫌に散歩してたんですが、

20140316_2.jpg


1本の電柱に興味を示し、
ハヤテは嗅ぎたそうなのに、なかなか近づかないから
さくらに先に嗅がせて
(一緒に嗅ぐとキレたりする、困ったさんがいるのでね)

ハヤテにどうぞとするけど、
腰が引けちゃって嗅ぎたいけど、どうにも嗅げないみたい。

20140316_5.jpg


そして、逃亡。

20140316_7.jpg


車道に出そうなほど逃げるので、
さくらだけ歩いてもらってハヤテを抱っこしてたんですが、
しばらく経って降ろしても




20140316_9.jpg

尻尾もテンションも下がり気味。
あの電柱にあるお知らせの何がそんなに怖かったんでしょう。

もしかしたら、自己紹介を残してった犬が、










こんぐらいの大きさだったとか。

20140316_14.jpg
(↑犬ですよ。犬のつもりで書いてますよ)


ちっさい草地に着いて(うちの近所だとこのクオリティ)

20140316_10.jpg


ちょっと落ち着いてきたかなぁと思ってたのに、
トドメの「5時ですよ」の音楽。
ビクンとしたあと、怖くて動けなくなっちゃいました。

20140316_11.jpg


怖くて抱っこを主張するチワワと、疲れて抱っこを主張するチワワを

20140316_12.jpg20140316_13.jpg

両腕に抱えて、
「えー、まだ折り返し地点なんだけど」と文句言いながらも
「筋トレにもなるし」と自分を励まし歩いてました。

そのまま頑張りきればよかったのに、
そろそろ歩きませんかと降ろしたのが悪かった。


20140316_19.jpg

おぉ、歩く歩くと思っていたら、
恒例の








散歩おかわり。

20140316_15.jpg


仕方ないので疲れきったさくらを抱っこし、
歩き足りないハヤテだけのおかわり散歩に付き合いました。

20140316_16.jpg


でも、さっきの散歩を挽回すべく
楽しそうに歩くハヤテを見ながら、
このちっさい体でよくもこんなに歩くもんだと
太ももがすでにパンパンの私は感心させられちゃってました。

20140316_17.jpg20140316_18.jpg


ってね、長いよ
本当に書こうと思ってたことはこのあと起きたんですが、
どうしてこうも、アレもコレも書きたくなるんでしょう。

というわけで
ただのご近所散歩なのに、引っ張ります。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「今後の懸念」 

さくらが入ってた提携病院での保険のようなものに(→コチラ
(じつは2年目からさくらも共済会ではなくなってた)

20140315_2.jpg


新しくほかのペットショップから迎えた子でも
入れる保険のようなものができてたので、
せっかくワクチン等が30%引きになるからと、

今まで入ってた保険を解約し、そちらに切り替え
病院にワクチンを受けに行ってきました。

ちなみに今まで入ってた保険は、
年間契約で入ってたのは3ヶ月分なのですが、戻りは56%でした。


せっかくなので前の保険が生きてるうちに(80%保障)
ハヤテの目も見てもらうことにしました。

20140315_6.jpg

どんなにアップで撮っても写ってくれないんで
強引に○してみました。

ちっちゃいイボができてて、
大きくもならないし、かゆがったりもしないんだけど、
せっかく80%保障だし、解約しちゃうし、1回ぐらいはね。


結果としては涙の出る腺が詰まってて出たのかも
ということで目薬を頂いて、

さくらと一緒に目のマッサージをしてあげることになりました。






20140315_1.jpg

コレね。

飲み薬もあるけど、直接つける目薬よりは反応が遅めですが
できますかと聞かれ、

今後、なにがあるかわかんないし、
なるべくならできないことは少なくしたいと、


 




「できます」
と答えたものの、3回目にしてすでに噛まれそうです。

20140315_3.jpg


先生曰く、
「白目のほうにつけると見えないから、怖くないと思います」
とのことだったのですが、

こうされたら、目にピチッと来て気持ち悪い
という流れはインプットされたようで、嫌がるようになっちゃった。

もしかしたら、そう遠くない未来かもしれません・・・。



さて、そんなハヤちょんに誤らなければならないことが。
実は「痩せすぎ」とはいかないまでも「痩せ気味」とのこと。

さくらの体重が重くなってたこともあって、
ご飯を「ここまであげてもいいよ」の最高から最低に変更したせいだ。

でもどうしても足が短めでお尻がムッチリなハヤテは

20140315_5.jpg

コロッと見えちゃうんですよね。
でも骨格がしっかりしてるだけで太ってるわけではないから
しっかり食べさせてあげないと、ごめんよぉ。


しっかし、ハヤテはお外が好きねぇ。
この日は寒くはないんだけど、強風でうちのお嬢様だったら、
「もう、歩かない!」となりそうなとこなのに、
楽しそうにテッテケ歩いてましたよ。








20140315_4.jpg

いつになく、早足(ほぼ駆け足)だったのは
じつは楽しいんじゃなくて、風に煽られちゃってただけとか?






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「名前の意味を」 

あ、アマラちゃんだ。

20140314_4.jpg
(ハヤテに追い詰められすぎて、避難中のアマラちゃん)


さくらの血統書に記されてる名前は「アマラ」です。

以前、ブログにそういう内容を書いてる方がいて
意味もわかんないし、カタカナだしで、
「さくらはアマラでした。ちょっとアレですけど」
ってなことをコメントしたら、

その方が親切にも調べてくれて、
「汚れのない」という意味ですよと教えてくれました。


おぉ、そんな崇高な意味があったなんて。
なんでも意味がわからないまま口に出すのは、
みんなやめようね、危ないよ。


アマラって「汚れのない」や「純粋」って意味なんだってよ。
知ってた、さーちゃん?

20140314_8.jpg



同じ鉄は踏まないように、ビンガムのは私が調べるから。
なんかカッコイイ意味があるといいね。

20140314_9.jpg




じゃあ、いくよ!

ビンガムとは、
・・・アメリカ合衆国ユタ州北部の鉱山。ソルト・レーク・シティの南32km,標高1860mにあり,ビンガム・キャニオンとも呼ばれる。低品位ではあるが,合衆国有数の銅鉱山で,1860年代に開発が始まった。鉱床はペンシルベニア系の堆積岩中の石灰岩層を交代した銅,鉛,亜鉛,銀の鉱床とモンゾナイト質斑岩中の網状ないし鉱染状の銅鉱床とから成るが,採掘の中心は銅鉱床で,外周で鉛・亜鉛鉱を採掘している。銅鉱床は長さ1.8km,幅1.2km,深さ750m以上もあり,鉱量10億tといわれる。

だってさ。
さっぱりわかんないね。

じゃなきゃ、「ビンガム物体」や「ビンガム流体」ってあるけど、
もっと意味わかんないね。


結果、わかんないね!









20140314_5.jpg



他に外国の人の名字というのがあったので、
多分、ハヤテの場合は『音』でつけられたんじゃないのかと
結論付けてみましたが、どうでしょう。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「蔵出す2 ~僕の優しいおねいちゃん~」 

私が好きな写真です。


20140313_1.jpg

20140313_2.jpg


甘えっ子なさくらが
やんちゃなハヤテの相手をがんばってる感じが
片目つぶってるとこに現れてるようで。


20140313_3.jpg

20140313_4.jpg

20140313_5.jpg

20140313_6.jpg



↓これらもそんな好きな写真なんですが

20140313_7.jpg

20140313_8.jpg

20140313_9.jpg

20140313_10.jpg

20140313_11.jpg

どうにも写り込んじゃってるんですよね、旦那さんの足。
色っぽくて気になっちゃうっ。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「お預け」 

またまたハヤテの犬慣らしに行って来ました。





20140309_7.jpg

今回のハヤテの定位置はここみたいです。

いつもお店の人に
「はい、ママさんはあまり構いませんよぉ」
「ママは抱っこしてくれないよぉ」
とハヤテを迂回して助言されるので、
1回床に置くと、あまりハヤテを構いません。

なので守ってくれる人のいなくなった今、
ハヤテにとってこのソファーは安全地帯のようです。



さて、今回は初の試みをしてみました。

以前から何度か
「ママさんがいないと1人でなんとかしなくちゃいけなくなるから」
と言われていて、今回も言われたので、

私、全くなんの予定もなかったのですが
2時間弱、街をブラブラすることにして、
ハヤテを「お預かり」私からしたら「お預け」
することにしました。


自分を置いて出て行くハヤテがとてもとても不安そうで、
それは「くっそー、なんで写真撮らなかったの」
と後悔するぐらい。

そのとき私もそんなハヤテを見て、
「ハーちゃん、がんばるのよ」と切なくなってたのと
「2時間もなにすりゃいいのよ」と
いっぱいいっぱいだったので。
(次は絶対撮ろう)


しかし、街を歩いててもハヤテのことが心配で
今回も順調に怒ってたし、
初めて1人ぼっちになったんだしなぁ
と、戻りたいのに戻れない、
まさに「お預け」状態でした。


で、いざ時間が来てお店に戻ってみると、








20140309_1.jpg

同じとこにいました(苦笑)。


でも見てください!
ほかのワンちゃんも一緒にソファーにいますよ。

20140309_9.jpg


距離が近くなると、表情は微妙になりますが。

20140309_8.jpg


だけど、
ハヤテはどうして犬が苦手になったんだろう。
パピーパーティに行ってった頃は、

怖がりながらも挨拶したり
hayate_party2.jpg


匂い嗅いだり
hayate_party24.jpg
(嗅ぎ過ぎだわね)

最後には尻尾フリフリ楽しそうにしてて、
いっつももっと早くエンジンかければいいのにと思ってたのに。

hayate_party27.jpg


今は全く寄せ付けない、
ちょっと試してみようかという姿勢が全然なくなってしまいました。


トレーナーさんが言うには、
その後も犬にふれる環境を続けてたらよかったのかもしれません
ということだったのですが、

私としては、パピーパーティの4回目ぐらいには
パーティ自体でも、近所のワンちゃんにも
上唇がムキムキし出してたから、

月に1度のパピパで満足してないで、
もっと今のカフェのようなとこを探して頻繁に合わせるべきだったな
と思ってます。


でもこの日は1人でがんばったからなのか
さらに、
ハヤテのほうから、トイプーちゃんの匂いを嗅いでみようとしてました。

20140309_2.jpg









が、

20140309_10.jpg

秘技!自分から誘っといての「ギャギャ!」ですよ。
やるわね。


じゃなくて、なにしてんのよ!
小学生ぐらいの自分の息子なら耳をひっぱりあげたい。

このトイプーちゃんは遠慮がちにだけど、
ずっとハヤテに興味を持ってくれてたのに・・・。

でも、うちに帰ってから、
さくらと顔を合わせて匂いを嗅ぎあってるときも
上唇がニキっとなってきてたのを見て、
「さくらにも、まだなのかよ」とがっかり。


がっかりついでに、

カゴに入れて歩くのは重くて大変なので、
ハヤテには歩いてもらうんですが、
あまり見慣れない場所だからなのか、
いつもがんばって結構な距離を歩いてくれます。

20140309_6.jpg

この日も雪がちらつく中、
テクテクしてるハヤテに見とれていたら、







20140309_12.jpg

道に迷いました(照)。

結構昔とはいえ、私何年この街に暮らしてたんだっけ。
そうじゃなくても、最近この道を何回通ったんだっけ。

ハーちゃん、
やっぱり簡単にことは進まないよ。
ゆっくりやりましょ、ゆっくり。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「鉄女」 

ハヤテはどちらかと言えば
動きや表情が愛嬌があって可愛いという感じ。
(なにせ空気を読むし、盛っちゃえる犬だから)


それに対してさくらは






20140311_1.jpg

とか、
面白顔のときももちろん多々あるけど、

ふと振り返ったときに

20140311_2.jpg

ふと目が止まったときに

20140311_3.jpg

この子はもう天使なんじゃないかと思っちゃいます。
(大丈夫、親バカは先刻承知)

20140311_5.jpg

でも、中に入ってるものはものすごく硬い。


うちにお迎えしたときから「初めてのワンコ」というのもあって
旦那さんも私もメロメロだったし、

知り合いにもペットショップの店長さんにも
「飼い主さんを嫌いになると困るので
 最初のうちは絶対しからないでください」
と言われたのもあって、

それはもう蝶よ花よと接したのもあってか


さくらの困った部分は全て(食糞を除く)

「だって私、さくらだから」

20140311_6.jpg

ということに集約されてるように思います。


怒られてもごめんというより、やべぇという感じで
全然違うとこ見てるし(←こういうとこ本当に人っぽい)

明らかに怒ってる口調で「ハウス!」と言ってるのに
「ひゃっほう!なにくれるの♪」と嬉しそうに
ハウスで尻尾振りながら待機してます。

20140311_7.jpg

そんなどんなに叱ってもどこ吹く風、
私は私のやりたいようにやるのよ的な様子を見てると
こっちが根負けしちゃう。


でも
(予想に反して)
ビビリで神経質なくせに
キレやすくて威張りん坊が突然現れても
私はさくらを通してくれたことに感謝。

これでさくらが縮こまっちゃって性格変わってたら
私、悔やんでも悔やみきれなかった。


20140311_8.jpg



・・・でも、チラッとは空気読んでみようと思いません?



↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「スルメ犬」 

旦那さんが最近、口癖にように
「ハヤテは本当に可愛くなったな」と言います。


確かにうちに来たばっかりの頃は
言わずと知れた『極悪犬』で、

こんなときも
20140310_2.jpg

こんなときも
20140310_3.jpg

こんな可愛い顔して
20140310_4.jpg

ずっと
20140310_5.jpg

ほぼ毎日、
20140310_7.jpg


いや違うな、
確実に毎日、








20140310_8.jpg

ぶちキレては私に噛み付いてました。

今だったら何気なく撫でてるこんなときでも

20140310_12.jpg

小さい頃は虫の居所が悪いのかなんなのか、
突然キレて噛み付いてくることがあったから、
顔が見えないと、とても不安でした。

1度、病院帰りでとても不安そうにしてたから
膝に乗せて運転してたら、突然噛まれて事故りそうになったことも。


そう、
飼い犬に手を噛まれてるうえに
飼い犬の顔色を伺う毎日でした。



それが今では
嫌なこともある程度がんばって絶えてくれるようになったし
良し悪しは別にして
怒られたらすぐにお腹を見せたり
上目遣いで腰を低くして、
逆に私たちの顔色を伺える、
空気の読める犬に成長してくれました。

20140310_13.jpg


そうなってくれた今だからこそ

「お前よく齧られながら、
 そんなに悪い子だったらどっかに置いてくるよとか
 泣かされたりしてたよね」
と(なにもしてくれなかったくせに)からかう旦那さんとも
笑って話すことができます。

(私はもう無理だからあんたやってよ、
 とキレながら歯磨きとかをさせるくせに、
 そんなやり方じゃダメだと、
 やっぱり自分でやらないと気が済まない面倒な私でした)

泣かされたって1回だけじゃない。(←でも泣かされてる)

20140310_14.jpg


うちの近所にある1番大きな交差点の
中央分離帯にハヤテを置いて、
トラックやたくさんの車が前後を通るのを
怖くて不安で震えてる姿を想像して

どんなに威張ってても私に頼るしかないんだから
とか思ってました。

どんだけ病んでたかった話ですよね。


日に日に可愛く大切になっていくのと、
事あるごとに信頼を裏切られるのとで、
気持ちの浮き沈みがどんどん激しくなってた頃、

案の定その日も、
歯磨きしようとしたらものすごい抵抗にあって噛まれて、
旦那さんに
「私、ホントにもう無理、もうダメだ」
と落ち込みまくって

でも噛まれたままにするわけにいかないから
キレてるハヤテの口に噛まれた手を押し込んで
「いけない!」と
もう感情がズタボロの状態で教えてるそのときに、





寄りによって、そのときにですよ!
コヤツが!

20140310_15.jpg


落ちてたハヤテの歯ブラシをくわえて
ツッタカッタッタッターと逃げてったんです。

20140310_10.jpg

そのときの画像はないので、
くわえてる爪切りを歯ブラシだと想像してください、コラ!


それを
「もう、さくらぁ」と追いかけてるときに、
感情が溢れてきて、思わず涙がこぼれてました。


情けなかったのか何なのか、今となると思い出せませんが
その思い出話を
(なにもしてくれなかった)旦那さんとする度に
さくらには
「空気、読めよ!」
と声を大にして言いたい。


ホントね、
さくらのそのしれーっとして自分のやりたいことだけやる
という感じは
昔からずーっと変わらずです。



なにはともあれ、
長々とした昔話を最後まで読んでくれたかた、
ありがとうございます。
そして、
ハヤテ、大好き、毎日ありがとう。

20140310_17.jpg

・・・というわけで次回は『鉄女』です。




↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「仲間意識」 

なかなか仲良くなる兆しを見せないお2人さんだけど、
ほぼ、その原因であろうハヤテが
さくらに同調することが、たまにあります。

それは、さくらが「ワンワン!」と吠えたとき。


さくらは家の外で人の話し声がしたときとか、
夢を見てるのか寝てるときとか、
あ、あと旦那さんが帰ってきたときとか、

いっちょまえに「ウー」とうなったりなんかして
吠えるのですが、


そのとき、必ず駆けつけて、寄り添います。

20140308_2.jpg

時々、ハヤテが興奮しすぎてると
そのまま「じゃれあい」になだれ込むので、
吠えるのを止めてくれる便利機能も有りです。


それが最近、まだ2回ほどしか聞いたことはないんですが、
さくらが遠吠えをしたときも、一緒に吠えてるときがあるようで。

20140308_6
(顔は面白いですが、がんばって遠吠えしてます)


どっちのときも
私が出かけるために準備をしてるときで、
さくらがワガママからの遠吠えを始めたなと思っていると、

クゥーン、クゥーン、ウ、ウ、ウワォォォォン
キュワワン、キュワワワン←?

聞き慣れない、高音の小さな声が合唱してる気がする。


でも、確かめようと犬部屋に戻っちゃうと
さくらも吠えるのをやめちゃうから、
結局実際は1度も吠えてるとこを見たことはないんですが、

目撃したことがある旦那さんいわく、
「やる気はなさそう」
だそうで、

それってどんな感じよ、と想像がつかずより一層気になってます


そんなハヤテが最近新しく
さくらに同調を始めたのが、これ。




20140308_3

うちの勘違い姫が(→「AM4:00」)先手先手でスタンバイするのを見て、
ハヤテもさっきまで「撫でて」としてたのに、
つられてスタンバイするようになっちゃった。

20140308_1.jpg



これからは2倍の勘違いを受け止めなくちゃいけないのか。

20140308_5


・・・なんで、こういうことばっかり。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「じつは苦手だったりして」 

私はハヤテに秘密があります。

20131025_2.jpg


旦那さんが帰ってくると、
さくらもハヤテも盛大に歓迎して、

旦那さんが着替えて横になると一気に襲い掛かります。

20140307_3.jpg

ペロペロタイム、開幕です。


この旦那さんへの口舐め、ハヤテにとっては
麻薬や精神安定剤のような効果があるようで

洋服を着せられたときや
ちょっとなんかあったとき、
はたまた通りがけなんかにも気軽にご利用しています。

20140307_1.jpg
(チュッパしたりペロペロしたり、どんだけストレス感じてんだろ)


ずっと前、まだハヤテが外に慣れてない頃、
さくらとハヤテを連れて旦那さんとペットショップに行ったとき、
犬用ケーキの試食があったのに、

すっかりビビッて食べるなんて余裕もなく
旦那さんにしがみつき、
必死に口を求めてペロペロしてたハヤテの姿と

2個でも3個でも食べてやろうと
必死になってるさくらの姿を思い出します。


ハヤテの旦那さんへのペロペロは
この恐いぐらいの必死な表情でもわかるように

20140307_2.jpg

人の足の皮膚を食べる魚みたいな感じで
旦那さんの口から何かを得ようとしてるんじゃないかと思います。

旦那さんが言うには、
ハヤテが給水直後だと、逆に水を補給してもらえることもあるそうです。
ハヤテが食糞犬じゃなくて、ホントによかったね。


その口舐め、最近私にもするようになりました。
旦那さんにするようにペロペロ舐めるわけじゃなく、
「チュッ」とする感じで(「ハヤテと私の秘め事」
時々ペロッときます。


そして、
心配性ママさんからもコメントで頂いたように、

「やだぁ、ハヤテくすぐったい」の
「や」を言ったぐらいで、
ペロリと口に舌を入れてきます。危ない。


さくらが口に関しては
全くと言っていいほど舐めない子なので、

20140307_4.jpg

そのせいか、全く慣れません。


なにかをお願いするときちょっと恥ずかしそうにだったり
テンションが上がって、
尻尾を振りながら軽く体をスクリューさせてだったり
楽しそうにペロッとしてくるハヤテに、


舐められるの苦手だということは秘密です。

20140307_6.jpg


なぁんか背骨のあたりがゾクッとして
どこに力を入れたらいいのかわかんなくなるんだよなぁ。





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「どうしても伝えたいこと」 

画像の整理をしてるとつくづく思うのですが、


さくらのこの角度

20140305_2.jpg


この見上げた感じ

20140305_3.jpg20140305_4.jpg


20140305_6.jpg
(ハヤのオマケ付き)


飼い主からしたら、完璧です。

20140305_1.jpg





番外編


さーちゃん、なに切ない?

20140305_8.jpg





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「やめておくれでないかい」 

やめて欲しいことは色々あるけれど、

さくらに最近1番やめて欲しいなぁと思ってるのが、
吠えて私を起こすこと。


20140304_1.jpg

こんな感じで、毛布をかけてるけど結果として、





・・・あんまり。

まぁ、朝はしかたないかとも思います。
ご飯食べたいからね。

20140304_2.jpg


でも、気持ちよく昼寝してるときも起こすのよねぇ。
これ暇だからってことなのかと思いきや、
何度も何度も吠えられたあと、
「ちくしょうめっ」と起き上がってさくらのケージを見ると、






20140304_5.jpg

あら、びっくり寝ちゃってるよ。

ケージから出しても、すぐに戻って寝ちゃったりもするから、
あれほどまでに、
ねちっこく情熱を燃やして起こす意味を教えて欲しい。


で、
寝不足だな、もっと寝たいなと
横を見ると、






こうなってる。

20140304_8.jpg


遠いなぁ、めんどくさいなぁ、
撫でるのには起き上がらなくちゃなと思いつつも、
これは可愛いので、まぁ「よし」です。


そんなハヤテにやめて欲しいのが、これ。

20130519_4.jpg


小さいときから続けてるし、
精神安定剤的な意味もあるんだろうから
続けてもらってもかまわないんだけど、



必ず毛布をくわえてケージから持ち出し、

20140304_9.jpg

(あ、予断ですが
 この口の中に結構な量の毛布をくわえこんでます。
 ときどき、口から「モフォワ」と出すのを見て、びっくりします)


チュパチュパは平気で30分ぐらいやるんだけど、
なんでかものすごく警戒してて、

20140304_10.jpg
(耳がビンビンに立ってます)

私と旦那さんはまだましですが、
さくらがトイレとかの用事でそばを通るときも
勝手に警戒して、キレたりするからたちが悪い。


なのにチュパチュパするとこが、








すげぇ、真ん中。

20140304_4.jpg

邪魔だからケージの中でやんなさいよ。



それから、
これはお願いなんだけど、





旦那さんなしでも、こういうの頂戴よ。

20140304_3.jpg

1日中、カメラで追い掛け回してたのに(→コチラ)、
さくらも一緒に写ったのも、
可愛いのが撮れたのは、旦那さんが帰ってきてからだった。





・・・悔しいので、載せました。

オマケ。

20140304_12.jpg






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「ただただ可愛くてにくい奴」 

おNEWの洋服♪

20140303_1.jpg

ハーちゃん、おっとこ前!


20140303_3.jpg20140303_4.jpg
20140303_2.jpg

確かにまあやさんの言うとおり、
まりんちゃんと雰囲気が似てるからオレンジがよく似合ってるよ。



さーちゃんも、相変わらずのべっぴんさんねぇ。

20140303_5.jpg
20140303_7.jpg20140303_6.jpg


確かに可愛くはあるんだけども・・・。

20140303_8.jpg


この日のさくらはとっても非協力的。

洋服を見た瞬間、パーッと走って逃げ出し、
先に着せられたハヤテをやたら挑発。

20140303_9.jpg

20140303_10.jpg


20140303_28.jpg

20140303_30.jpg
(あんたの表情のほうが「なにそれ」だよ)



20140303_20.jpg


そのあと、
からかわれたからじゃないだろうけど
ずっと付き合ってくれてたハヤテが自主的にケージに入っちゃった。

20140303_12.jpg

まぁ、
着慣れない洋服を着せられたことが大きな要因でしょう。


なので次は、
この意地悪犬をとっ捕まえて写真を撮ろうとしたら
このときは、なにがそんなにお気に召さないのか、

20140303_21.jpg
(あ、まずいな)

20140303_25.jpg20140303_26.jpg

20140303_27.jpg



・・・遠吠え。
で、遠吠えに影響されたハヤテがまた出てきて、
なんとかツーショットを撮ることができたけど、
こんなんばっかし。

20140303_18.jpg

そして
さんざん私とハヤテを振り回したあげく、









20140303_13.jpg

え~、さーちゃん、かなり自由ね。
いっつもさんざん掘り掘りしてクルクル回って、
寝床を整えたあげく潜って寝るのに、

今日はそんな突然寝ちゃうんだ。



じつはこれ、ある日、
私が相変わらず仕事にやられてやつれて帰ってきたら、

20140303_15.jpg

こんな感じで、新しい洋服を着た可愛いお2人さんが。


そう、この服は旦那さんチョイス。
休みの日にペットショップで買ってきて、
着替えをさせて、私をお迎えしてくれたんです。



すっっっっごい、たまにはやってくれるね。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「切ったら生えてこないの?」 

ずぅっと前に

さくらが避妊手術のときに剃った、
お腹の毛が生えてこないよ(→「別にいいのだけど」
と書いたのですが、

20140301_1.jpg

今もいまいち生えてきてません。


もともとさくらは飾り毛もハヤテより短いし、
体全体も
ハヤテがモファという感じなら、さくらはぺったり。

20140301_5.jpg


その点、ハヤテは頭の上にまで
(私の大好きな)ホワホワ毛が生えてピヨピヨしてる。

20140301_6.jpg


けど、





20140301_2.jpg

やっぱりお腹に毛はない。



あれ、もしかしてお腹は毛が生えないのかな?
と、思っていたら


ちょくちょくお邪魔するふぉんらぶぃママさんのブログを見て、
そんなこともないなと知りました(→コチラ)。


でも、ふぉんらぶぃママさんのブログを読んで、
お腹の毛よりも今もっともっと気になりだしたのが尻尾


さくらもハヤテも
旦那さんが「赤ちゃんの頃みたいな、毛がないほうがいいな」
との主張のもと、短めにカットしたことが1、2回あって、

sakura_cut2.jpg
(いいとこの坊っちゃんみたいだね)

↑はまだ尻尾の毛が長いけど
もっと棒状のように短くカットしちゃったことも。

でもさくらもハヤテも飾り毛も伸びてきたし、
さくらに関しては、尻尾もファッサーとなってたから、

ハヤテのほうがさくらより尻尾の毛が短いとなは思ってたけど、
個体差なんだろうと思って気にもしてなかった。


20131232_1.jpg


で、
↑この画像のイメージがあったもんだから

ふぉんらぶぃママさんが尻尾のことをブログに書いてたとき
「ハヤテも伸びてきたから大丈夫」みたいな
気軽でいい加減なコメントを残してしまった・・・。



でもね、見て。

20140301_8.jpg
(という割りにわかりにくいですが)

毛は伸びてきてるのに、
矢印のとことかは生えてきてないから段差になってるんです。

20140301_7.jpg

伸びてるとこと伸びるのを休んでるとこがあるようで。


暖かくなったらまたカットしようと思ってたけど、

今までは
「いずれ伸びてくるから、色々試すのも楽しいかな」
と思ってたけど、ハヤテの尻尾はどうすべきか悩み中。


とか思ってたら、
今朝もくるりと振り向いたときにまたもや、やっちゃって、

20140301_4.jpg

ぷぅ~んと香ばしい匂いをさせてました。
(→「匂いの元は」






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。