FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「飼い主のちっさい方」 

20131118_1.jpg

僕もきっとキャラは定まらないままでしょう。


前回、
先生が飼い主のおっきい方の「可愛い」について(→コチラ
疑問を呈してたんで、
僕はちっさい方を例にして「可愛い」の応用編を発表したいと思います。



この前、
先生と「おされサロン」に連れていかれたんですが、
僕は爪切りと足の毛カットだけだったんで早く終わり、

併設されてるカフェで
ちっさい方はカフェモカ、僕はハンバーグを頂きました。
(ただ、先生のために半分残すというのは納得いきませんでしたが)


そのあと、
ええ香りになった先生と僕を連れて、
ちっさい方は散歩とペットショップと休日をエンジョイしてました。



あ、
今回は休日の過ごし方ではなく
僕が思う「可愛い」の発表でした。

20131118_3.jpg



長い時間僕らと一緒に過ごし、大満足したちっさい方は
諸用でコンビニでトイレを借りることにしました。

事を成し、鏡を見ると・・・・!





なんと、

ポワロみたいにチョコレートが口のまわりににべっとり。
そういえばちっさい方カフェモカ、堪能してましたね。

これが人間の世界で使う「可愛い」の応用だと思うんですが、どうでしょう。

20131118_2.jpg



~ちっさい方からの指摘~

助手君、なんであれ私の行動を「可愛い」と言ってくれてありがとう。
だけど、残念、ものすごくおしい。

この応用編の場合、
残念ながら時間制限があって、本人も気づかないうちに
「可愛い」から「みっともない」に変わってしまってます。

この応用編の別のパターンとしては
ちょっとした失敗をした場合の「てへへ」というのも、
旦那さん曰く、
「もう、笑って済まされると思うなよ」ということになるようです。


ってか、
誰かついてたの教えてよ(怒)!






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]