FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「ハヤテの学校」 

ハヤテを躾教室に連れて行ってきた。



色々あるけど、
①散歩中の急ブレーキ
②言わずもがなの「ギャギャギャ!」
を重点的にご相談。


20130908_1.jpg


散歩中のブレーキは、
急にクイッと引かれるのに抵抗があるみたい。

でも車が来てたりして緊急性があるときに
やっぱりクイッと引く必要がある。

で、さくらは「歩きたくない」とワガママしたとき
少し強めに引っ張ると、また歩き出したから
ハヤテも同じ方法で対処してたんだけど、


引っ張らずに「おいで」で解消しましょうということに。

そうか、
同じ「おいで」でも引っ張っての「おいで」はイヤだったのか。


20130908_5.jpg


なので
「おいで」「お座り」「待て」の練習をいっぱいしてきた。

「おいで」して「お座り」させる場所も、
きちんと私の前までとか、お座り後、勝手に立たせないとか・・・、
飼い主も頑張るんで、ハヤもがんばろう。


ちょっと話はズレるけど、
お座りして一生懸命先生の顔を見てるハヤテが
すんごい愛しかったぁ。

アジリティしてる人の気持ちが少しわかった気がする。
一生懸命、「次に何するの」って聞いて、
一生懸命、それを成し遂げようとしてくれる姿を見せられたら、
愛おしくならないわけがないものね。

(ま、ハヤは今回お座りしながら待ってただけですが)

20130908_6.jpg




そして②。

起きたときに怒ることも大切だけど、
出さないようにすることも大切みたいで、

例えばナータンと遊びたいなら
車の中はキャリーに入れて、
広いとこでハヤテが緊張せずに済むようになってから遊ばせるとか。



「オヤ、怒ッテル?」
20130908_2.jpg


でも悪いことだということも教えなきゃいけない。

「メンチャーイ」
20130908_3.jpg


この教え方が、

今のようにハヤテがお腹を見せて「ごめ~ん」では
「こうしておけばいいんでしょ」という


「ナンテナ」
20130908_4.jpg


意味合いがあるかもしれないんで
(ちょっとはそうかもと思ってたけど、やっぱりそうだったんかい)


首輪を掴んで自分に引き寄せ
いつもより「びりっ」とした「お座り」をさせ、
緊張感を出して「いけないことをしたんだ」と認識させるようして、

様子を見ることにしましょう、
となった。



で、只今がんばり中。

けどね、一緒に相談したさくらの方が大変かも・・・。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]