FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「少し泣ける」 

ぶっちゃけ、
「ハヤテなんかもう知らない。こんな子いらない」
と意味のないことを思ったことが何度かあった。

hayate_profile.jpg


こんなに小さいのにブチギレられると、
怖くて、痛くて、悲しくて、

だけどものすごく可愛くて。




薄々気付いてたけど、
昨日タオルに包んで抱っこした時に改めて思った。
ハヤテはもう赤ちゃんじゃない。

さくらに比べたら短足でヨチヨチ歩きだし、
目つきが鋭いときがあっても
子供っぽい表情だから、
小さなハヤテというイメージだったけど、

20130605_1.jpg


時々うちにきた頃の写真を見ると、
もうその頃を思い出せないほど、びっくりするぐらい小さい。


こんなブカブカだった服も
hayate_clothe.jpg

すぐパッツンパッツンになって、
hayate_clothe2.jpg

今はもう入らない。
(本当にこの時は驚いた。
 え、昨日まであんなにブカブカだったのにってショックを受けた)



きっと次病院に行って体重を量ったら
さくらを超えてるだろう。



さくらの時もこの時期、ちょっと切なくなった。

どんなに画像や動画があっても
もう小さなさくらを触ることはできないなって。

20130605_3.jpg



きっとこの先何頭飼うことがあったとしても、
何でもっとしっかり見てなかったんだろうって
ある日、急に大人になった姿を見て思うんだろうな。



ハヤちょん、大人になったねぇ。

20130605_2.jpg







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]