うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「別にいいのだけど」 

さくら

20130630_1.jpg


避妊手術を終えて、
何事もなく無事半年を過ごすことができました。

特に性格が変わったりだとか(ちょっと吠えは激しくなったけど)
体型が変わったりだとかもなく


毎日順調にこうやってハヤテとじゃれあう(?)ことができてます。

20130630_2.jpg


だから、べつにいいんだけど

手術時に剃られたここの毛は、
もう生えてくる気はないんでしょうか。

20130630_3.jpg


あ、ついでなんんですが、
ハヤテの4回目のパピーパーティ(→コチラ)の時から
ちょいちょい新しいカメラで撮った写真を載せてるんですが
気づいて頂けてるでしょうか?

20130630_4.jpg


いや、別にいいんですけど。




↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

初めての「時々そう見える」 

20130627_2.jpg


sakura_cut3.jpg

sakura_change13.jpg


小森純。






20130625_6.jpg

20130627_3.jpg


遠藤憲一。



先日コメントを書いてて思いつきました。
どうでしょう。




↓これも小森純。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

初めての「添い寝」 

トイレをなかなか覚えてくれなかったハヤテ、
成功率が90%ぐらいまであがってきた。


大の方はケージの外にいるときも
こっちの方でほぼ完璧にできるようなったけど、

20130613_1.jpg

小はトイレから離れてるときなんか
「もうここでしちゃおうか」ってなるから、油断ならない。



さくらのときもそうだったけど、
ギリギリまで我慢してるのか、
急にテッテケテーとトイレ目指して走り出す。

それを見ると、
段々覚えようとしてくれてるんだなっと実感。




トイレが早く完璧になってくれないかなぁって
切望してる理由って、
もちろん、そこら中にされたら困るからなんだけど

もうひとつ、
早く一緒に眠りたいという思いがあるから。

20130613_5.jpg



さくらは一緒に寝てくれるけど最初だけ、
布団に入ってきて足元で
ものすっごい一生懸命シーツを舐め回したあと、
(ベチョベチョになるから、おもらしされたのと近い)

頃合を見計らって自分のケージに帰ってしまう。

20130531_1.jpg


そして朝方、
飼い主の目覚ましがなるとともにやって来て
「飯をくれろ」とテシってくる。



けどハヤテはずっと一緒に寝てくれるようで、
しかも本当に『添い寝』。


私の肩口に小さく丸まって寝てた。

起こさないよう気を遣って肩が凝るという
幸せを経験させてくれた。

20130529_4.jpg
(こんな表情ではなかったと思いたい)


そう、すでにハヤテと一緒に寝たことがあって、
1度目はどこにもトイレを失敗した形跡もなく

しかも顔の真横にフワフワのハヤテが寝てるのを
経験してしまったため



調子に乗って
「じゃあ今日もみんなで一緒に寝ようか」と
チャレンジしてみた2度目、



朝方、
「おしっこ臭っ!」と目覚めると

肩から胸のほうにちょっと移動して
まさに私の顔の真ん前で
「ジョジョジョジョジョー!!!」としてる最中だった。

しかも夜中我慢してたのか、ものすんごい大量。





まだ、早すぎたね。

変な癖がついたら困るし、おしっこ臭い布団も困るんで
まずはトイレを完璧にさせることと
飼い主もぐっと我慢して、練習の日々(→コチラ)。




ただちょっと困ってるのは、
ポジション的にハミ出るときがあって
その微妙な間違い、どう説明したらいいんだろう。






「難シイコト、ワカンナイ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

初めての「寝相」 

相も変わらず
毎日一生懸命チュッパチャップスしてるハヤテが、

20130625_1.jpg


この前、結構上手にオブジェを作り上げてた。

20130625_12.jpg



フと見ると、
端っこでとっても苦しそうに寝てたから
(持ち前の表情のせいかもしれないけど)

20130625_3.jpg

面白くてバシャバシャ撮ってると。



か、可愛い♡
20130625_4.jpg


可愛い?
いやいや、どんなに飼い犬にイカれてる飼い主でも
これが可愛いとは、程遠いことはわかってます。

20130625_6.jpg



可愛かったのはこの足。
20130625_5.jpg

ぷぷ、なんで片足だけ出てんだよって思ってたら、



今度は手。人っぽい。
20130625_8.jpg


いや~ん、やるわね、ハヤちょん。

しかし、何度か目を開けることはあるけど、
私がこうやって撮り続けててもハヤテは寝てくれる。

20130625_9.jpg

そして、ただ寝てるだけなのに
何でこんなに萌えさすんだろう。

20130625_7.jpg
(これは可愛い、セーフ?)



これがさくらだと無理。

寝るときは毛布に潜っちゃうし、
毛布がないときはカメラを構えてる間中、ガン見。



遊びに出かけた時も、
あ、盛岡の病院で診てもらった時だって、

何を守りたいのか必死に起きてて、
寝顔を撮らせてくれないいけずなヤツ。

20130625_11.jpg


毛布がなくなる今年の夏は撮ることができるかな。






「最後はトイレを枕にしてた」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

初めての「ワンコの心を揺さぶるもの」 

昨日、
パピーパーティでご一緒したjasmine..さん(→コチラ)から
チョコレートケーキを頂きました♪

20130623_1.jpg



旦那さんから
「ラッピングを取ってから撮るべきだろ」
って言われたけど

めめたんさん(→コチラ)にさくらの絵をプレゼントして貰ったときも思ったけど、
お手紙を添えてくれたりとか
こうやってさっとラッピングしてくれたりとか

そのちょっとした心配りが素晴らしいと思って。
(私にはない部分だから)



もちろんラッピングしてないのも撮りました。
そして美味しく頂きましたヨ。

20130623_2.jpg



というか
私、甘いものに目がなくて
家に帰るまで食べてしまおうか結構悩みました(笑)。




さて、ハヤテのパーティですが、

ナータンとは余裕で尻尾もフリフリし、
ワチャワチゃできるんだけど

20130623_3.jpg
絶賛、ワチャワチャ中。


自分より大きい子にはビビったり
吠えられてはビビったり
まだまだ尻尾が下がってたり、
緊張で表情が変わったりする時間が多かった。

20130623_4.jpg



ここでどんな人にもワンコにも変わらないのが
「ナータン」と「まなちゃん」。

20130623_5.jpg


ナータンはこんな小さいのに元気いっぱいで
誰にでも臆することなく楽しそうに遊びにいけるし、

まなちゃんはどの子にも優しく穏やかで
まわりでどんなに興奮したりしててもリラックスしてる。



ただ、このお2人さんでも心を動かされちゃう相手が。
それはやっぱり、








『飼い主さん』。

まなちゃんをjasmineさんにお願いして
飼い主さんがおトイレに行くと
さっきまでこんな感じで寛いでたのに、

20130623_6.jpg


1歩も進んでないけど、その場でものすごく走って
飼い主さんを追いかけようとしてたし、

まなちゃんを見てるjasmineさんに
ナータンも遠くから必死で呼びかけてた。
その姿はまるで「ママ、私はここよ」って言ってるみたい。



やっぱり、
色んなことを経験して、学習したり克服したりしたとしても
それを安心して楽しむことができるのは

信頼がおける飼い主さんが側にいてくれればのこと。





だから、

20130623_7.jpg
↑トイプーちゃんの飼い主さん。


ねぇ、

20130623_8.jpg
↑トイプーちゃんの飼い主さん。







・・・「ハーちゃん、私はここよ」。





お花まで頂いちゃいました。
『てまりてまり』という名前なんだって♡
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

初めての「今までありがとう」 

さーちゃん、初めてあなたを見たときは

120204_1621+01_bro.jpg

世の中にこんな可愛い生き物がいていいのかと、びっくりしました。


いざ、うちに迎えてからも

SA+053_bro.jpg

こんな可愛い子と暮らせるのかと、感動してました。

去年は本当にさーちゃん一色で、

sakura_change10.jpg

ずっと一緒にいて、初めてのことをたくさんしたね。

SA 052_crop



さーちゃんはいい子で、
そりゃ最近は欲求吠えが酷かったりとか
相変わらずの食糞、拾い食いとか、

いやいや、そんなのはいいの。
さくらが本当に穏やかで可愛い子だったから、

元気

ハヤテをそんなに考えることなく迎えることができました。

sakura_autumn7.jpg

これからも、どうぞよろしくね。




そしてハヤちょん。

hayate_doll6.jpg


さくらしか知らなかったから、

うちに来た最初の日からマウンティングをし、
「ギャギャギャ」と我が家では聞いたことのない
威嚇音を聞かされ、

hayate_profile.jpg

実際に歯をむかれて噛み付かれて流血して
何度「私には無理」って思ったことか。


でも本当はさくらより

hayate_bibiri3.jpg

ずっとずっと臆病で、その甘えてくる仕草や、
やんちゃな姿、

くるくると変わる表情豊かな動きに

hayate_damien2.jpg

どんどん魅了されていきました。

hayate_sleep.jpg

だから、ちょっとぐらいならやんちゃなままでいいよ。



2人は出会った時から

20130605_1.jpg

戦い続けて、

sakura_sirome.jpg

まだまだ

sakura_sonae4.jpg

仲良しとは言えないけど

sakura_knee7.jpg


いつの日かそんな時が来ることを楽しみしてます。

sakura_sakurasaku5.jpg



そう、そして陸。

さくらとハヤテを迎えたことで、
結構なストレスを与えてしまうことになったかもしれないけど、

飼い主な勝手な思いとしては、
最近はこんな姿とか、

sakura+riku001_bro.jpg

こんな姿しか見てなかったから

sakura+0312_bro.jpg



ちょとは興味を示してくれて、

sakura_kimo2.jpg

hayate_sanpo6.jpg

嬉しいかったです。



そう、
みんな可愛くてかけがえのない宝物。

そんな宝物のような時間を残してくれた・・・、












『ビデオカメラさん』
数日前に殉職しました。

なんかね、今、ものすごく醤油くさい。
レンズから見る景色も醤油色だし。


はぁ、新しいの買わないと。
当初働こうと思った目的から、随分遠くに来ちゃったな。





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「おもちゃは、多分買ってあげない」 

ちょっと前、
お2人さんに新しいおもちゃを買った。

20130620_1.jpg

実はこれ、さくらの誕生日にあげたのと同じもの。


だって、
ハヤテが来てから、加速度的に形が変わって、
明らかにちょっとずつ食されている様子。

20130620_10.jpg



で、
いざ注文しようとした時、
「はて、以前注文したときは何サイズだったろう」
と一瞬考えたんだけど、測ればいいのに
「SSじゃ小さすぎるだろ」とSを注文したら
案の定、SSだった・・・。

20130620_11.jpg


こんな感じで
20130620_3.jpg

遊んではくれてるけど
20130620_2.jpg

以前のものより大き過ぎて
20130620_4.jpg

やっぱり噛みにくそう。
20130620_5.jpg



で、
SSを注文し直そうかと考えてたんだけど・・・。

最近のハヤテのジャイアンっぷりが半端なくて、
これは違うおもちゃになるけど、


さくらが楽しそうに遊んでいると、
20130620_6.jpg


自分も他ので遊んでるくせに、「あっちもいいな」ってなっちゃって、
20130620_7.jpg
「欲シイ・・・」


自分のおもちゃをくわえたままさくらを追いかける。
20130620_9.jpg


「ギャギャ」と威嚇されちゃうと、
さくらはおもちゃを放しちゃうから、
ハヤテがそっちで遊び始めたら、他のをさくらに投げてあげるんだけど、

それをまたハヤテが欲しがって、
と何度か繰り返して、最後は







こう。
20130620_8.jpg
「ドッチモ、渡サン」



うちではおもちゃを渡す時、
なるべく「お座り」をさせてから遊ばせてるんだけど、

さくらがその習慣で
理不尽に取り上げられたのに、

ハヤテの横に「お座り」してクンクン鼻を鳴らしてる姿が
「いい子にしてるんだから、頂戴」
と言ってるように見えて可哀想で。


どっちも大好きで噛みやすいサイズのなんか買ったら
どうなるか目に見える。




ってなことを書こう書こうと思ってるうちに
「あ、今日はこんなことがあった」とか
「まだあの写真撮ってないから」とかで
時間が結構過ぎて、

そんなお2人さんの関係にも
さらに変化が起きた。






・・・悪い方に。


旦那さんの顔を舐めてる時とか、
私の膝の上にいる時とか、
後部座席に2人で乗ってる時とか、

日常のちょっとした瞬間でも
ハヤテが気に入らないとさくらを威嚇するようになってしまった・・・。

あ、でも旦那さんの顔を舐めてる時はなんかわかる。
だって明らかに、獲物として捉えてる感じだもの、顔が。

sakura_sonae5.jpg


しかも最近、
さくらとは違う吠え声が聞こえて、

ハヤテは殆ど吠えないから何があったと
慌てて犬部屋に戻ったら、


まるで「来るな!来るな!」って感じで
さくらに向かって吠えてた_| ̄|○




いつか仲良くなってくれるだろうと
信じて期待して半年、

・・・未だその時は来ない。




↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「いてくれて、ありがとう」 

職場でヤなことがありまして。


10年以上も専業主婦して
知らない人とは殆ど関わらなかったから、
人間関係でキツイ思いをすることもあるだろうと
思ってはいたんですが、

思ってはいてもキツイことはやっぱりキツくて、
とうとう今日爆発してしまいました。


そんなこんなで家に帰って来ても、
どんなに精神的にやられてても

陸の部屋からニャーニャーとご飯を催促する声がするし、
さくらがご飯を用意する音に反応して吠えるを諌めて、
ハヤテの遊んで遊んでに付き合って。


sakura_short5.jpg


そうしていると、
少しずつ疲れ切ってた心も
少しずつだけど回復していく気がして、

こうやってブログにぶつける気にもなりました。
で、キツイけど明日からまた頑張って働きます。



あとは旦那さんが帰って来たら、
おもいっきり愚痴を聞いてもらおっと。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「違いは色々あるけれど」 

ハヤテを迎える前、他の方のブログを読んでいて

「○○をしたから不機嫌になった」とか
「××のあとは1日中落ち込んでいる」
というのを頻繁に見かけて
どういう意味なんだろうと思っていた。



飼い主が犬に対して
病院に連れてったり、爪切りしたり

仕方なけど可哀想なことをしたとき
罪悪感からそう感じるってことなのかって。





違うんですね。
本当に落ち込んだりするんですね。

20130615_1.jpg

めっちゃ落ちてる。
ここまで嫌がれると、
洋服着せるのもう諦めようかと思ってしまう。

20130615_2.jpg





本当にこれが全くないのがこの方。

20130615_3.jpg

病院に行けば震えて怖がるし
爪きりされればくねくね抵抗するけど

それはその時だけのことで、
そのあと、何十分も引きずったり
そのことで
「大丈夫だから、心配ないから」と
飼い主に気を遣わせたりすることはない。

20130615_4.jpg


ハヤテは怒られた時も、
「めんちゃい」と落ち込んでみせて、機嫌をうかがったりする。

(最近は即効で「めんちゃい」とお腹を見せて
 すぐに元気になるから、
 本当に落ち込んでみせてるだけではないかと疑わしい)



さくらは
う○こ食べて怒られて、
片付けしてるうちに、そのティッシュを咥えて逃げて
猛烈に頭にきた私に激怒され
「ハウス」を命じられても

何か美味しいものを頂けるんじゃないかと、
尻尾振って、舌なめずりしてる。


その姿を見るとがっかりで怒りも治まちゃう。
(さくらの作戦勝ち)

20130615_5.jpg
「聞イテナーイ」


何の反応もなく、音にも強いさくらは
「怒られる」という意味がわかってるんだろうか。

20130615_6.jpg
「聞キタクナーイ」





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「休日スタイル」 

フと気づいてしまったけど、


私の最近の休みは
「さくらを撫でること」と「ハヤテ待ち」が
大半を占めてる。





ハヤテの何を待つかというと
「しっこ」。

「しっこ」ネタが続いちゃってなんだけど
だって、大きい声では言えないけど、









実はハヤちょん、トイレまだなの。(´∀`*)ウフフ



もうひとつトイレを用意してあげて、
ここかケージの中でしてくれるようになった。
(なぜか大をするときは、こっちがいいみたい)

20130613_1.jpg



けど
それは部屋を区切った場合に限り。

奥の部屋も使って遊ぶと、
どうしても戻ってくるのが面倒なのか
その場で「チー」としてしまう。

20130613_6.jpg
「遊ブ?」


私もハヤテと遊びたいばっかりに、
戻すときにケージに戻さなかったりして、

せっかく少しずつでも覚えてくれたんだから
ここは飼い主もしっかり頑張らねば!と、
取り合えず「しっこ」させて、


それから一緒に遊ぶことにした。






・・・うん、したんだけど。

20130613_5.jpg
「出シテクレルノ?」


ちょっと変な話し、
ハヤが「しっこ」したばかりかどうかは
おち○ち○の毛を見て判断してるんだけど、

前は毛がまとまってなくて乾いてると
比較的、次のしっこはすぐだったのに、

もう赤ちゃんじゃなくなってきたから
次の「しっこ」までの時間が長い。
(だったらトイレも覚えて欲しい)



で、
「しっこ、しっこ」「ハーちゃん、しっこしてぇ」
とハヤテのケージの前で

「撫でて、撫でて」「もっと撫でて」
「まだやめないで」
「とことん撫でて」
とせがむさくらを撫で回しながら「しっこ」待ちしてる。

20130613_7.jpg


20分、30分は余裕で待たされる。

「あぁ、なんだ、したばっかりだったか」
と思っても、
最初の時間から30分は経過してるわけだから
結局そのまま、また待つしかない。





20130613_13.jpg
「ハヤテト遊ビタイデショ、撫デタイデショ」


そしてその間ハヤテが何をしてるかというと、
↑の画像のように

最近お得意の「いい子ちゃんゴロン」で
ずーっと「出して」アピール。


20130613_8.jpg
「ファア、マァダァ?」


20130613_9.jpg
「ソロソロ、出ス?」


20130613_10.jpg
「ナンダ、マダナノカヨ」


20130613_11.jpg
「アイツ、しっこシナイネ」

とか言ってるうちに、さくらが済ませたり。
20130613_12.jpg



20130613_15.jpg
「ドウシテ出シテクレナンダロ」


20130613_16.jpg
「ナンダカ・・・」


20130613_17.jpg
「待チ疲レチャッタ」



20130613_14.jpg
「モウ、出シテヨ!!」

うん、うん、わかった。
わかったから、ハーちょん、しっこ出してよ!





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「それ行け!しっこ隊」 

『マーキング始めました』


そう、うちの日本男犬、
とうとうマーキングをし始めた。

20130612_1.jpg


いつも行ってる公園で
いつもと違う動きをしてるから
「あれ、何してんだろ?」と観察してると

片足を上げて「しっこ」してる、おぉ!


さくらが散歩中、
慌ててる時なんかに
片足を上げてするのとは訳が違う、

お相撲さんが『しこ』を踏むように
片足を真っ直ぐ上にピンと上げてた。



けど、
その時はそうやってするというだけで
「しっこ」の回数も1回ぐらい。



それが前回書いたご近所散歩(→コチラ)ができるようになったら、
するする。

ペットボトルにしこたま水を持っていかなきゃいけなくなった。


まるで漫画みたいに
電柱を香る度に「チチッ」っと出してる。



うちではまだ、
マーキングしてないし、かがんでたしてるけど
それも時間の問題かな。



さて、
そのハヤテが初めてマーキングをした日、
何をそんなに慌ててたのか

さくらも足を上げて「しっこ」した、
しかも両足。

sakura_stairs5.jpg
※イメージ画像です。



さくら、そこは別に競うとこではないと思うよ。








↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『あぁ、成長』 

こいつのせいで

20130607_3.jpg

散歩をどうしようと悩んでいたのは、
実はこいつのせい。

20130611_1.jpg




結構前に、
散歩をさせてみたら、ハヤテは1歩も歩かない(→コチラ
と嘆いてたけど、

公園でだと、最近は慣れたもんで
テケテケと楽しそうに歩いてくれるようになった。

20130611_2.jpg
(たまにさくらを噛んでみたりもする)


だけど、
毎日公園まで連れて行くわけにはいかないし(行ってたけど)、
なんとかお手軽に散歩できるようになって欲しいと、

最近、サボっていたご近所散歩も練習してた。



実はダニが付いたぁ!という日も
ご近所散歩を練習し、
見事、玉砕して公園散歩に切り替えてのこと。



さくらと違ってハヤテは、
ブレーキをかけるとリードを引っ張っても全く歩かない。
それでも引っ張るとお座りをしてしまう。

20130611_4.jpg
「ゴメ・・・」

20130611_5.jpg
「ンベェ」

もうホントに、もうホントに、












頼む、歩いてくれ!
20130611_3.jpg


と、悩んでたのが嘘ののように、
なぜか昨日から、テケテケと歩き始めてびっくり。

またまたぁ、と今日もご近所を散歩してみたら
今までのは一体なんだったのというぐらい、
お尻フリフリ楽しそうに歩いた♪

20130611_6.jpg


公園の時も、本当に1歩も歩かなくて、
放置しようが、隠れようが、全く動じなかったのに、
突然歩き出したから、


ハヤテが慣れて自分で納得したということなんだろうな。

もちろん今でも「キーッ!!」と
急ブレーキをかけることは何度もあるけどね。

狙ったように、道路の真ん中とか駐車場の入口とかね。




ハヤテは結構そうで、
さくらと違ってすぐには反応せず、
私が「あぁ、ハヤテは無理かも」と諦めた頃に
飼い主は無視して自分で決めて、成長してく感じ。


あぁ、だから、『おいで』はきかないのかなぁ(ノД`)

20130611_7.jpg
「歩クベキカ、歩カヌベキカ・・・」





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「デンタルデンタル」 

さくらが比較的早く
奥歯に黄色い歯垢が付いたせいで、
ちょっと歯磨きには神経質になってる。


そういえば、以前
さくらにこの器を買ったけどダメだったと書いたけど(→コチラ
3回に分けてあげるとゲボゴハせずに食べてくれるようになった。

気になってお水に↓とかも入れたりしてる。

20130608_1.jpg



てな感じで、
ペットショップやグッツ屋さんでも
歯磨き系のものに、つい目がいってしまう。



この前病院に行った時、
受付のところで歯磨き用のおやつを見つけたので
買ったてみて、よろしかったのでご紹介。




さくハヤにはこれ↓。

20130608_3.jpg

ちょっとずつハサミで切って、
本当にちょっとずつあげてるんだけど、
ものすんごい硬いんで、
今までおやつに比べたら、ずーっとずーっと噛んでる。



で、もっと満足したのが陸ちんのこれ↓。

20130608_2.jpg


何だかゴソゴソしてるなと見ると、
高いところに置いてたこのおやつを取ろうとしてた。

20130608_4.jpg


もう何年も前から、
そこにフードの袋が置いてあったとしても、
「にゃーにゃー」と器にご飯を入れてくれという感じだったから
そんな姿久しぶりに見れて嬉しかった。

20130608_5.jpg

ものすごく食いつきがよくて、
最初の日は思わず2粒あげちゃったけど、
今でも十分な貫禄っぷりなので、1日1粒。

20130608_6.jpg


ただ、
ご覧になってわかるように、
これって手作り感満載のどこの何かは不明なもの。
(ホントに↑のような感じに気持ちラッピングがされてるだけ)


気に入って紹介した割には使えない情報で申し訳ない。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「冒険もほどほどに」 

今日の主役はこいつ!

20130607_2.jpg



昨日、
仕事前にいつも行く公園に散歩に行った。


だいぶハヤテも歩くようになったから

毎回同じコースでは飽きるだろうと、
ちょっと違うとこにも足を伸ばしてみることに。




けどこんなの公園というより森って感じなんで、
sakura_park3.jpg

気付くと道なき道を行く感じになってて
(短足ハヤちょんは、草で前が見えないぐらい)
あげく繋がってるかと思った道は残念なことに行き止まり。


いっぱい歩いたねぇと
車に戻り足を拭いてる時、

そういえばさっきから気になっていた
さくらの右目上にある『何か』も一緒に拭き取ろうとするけど、
何度拭いても取れない。


「ん?なんだ」

よく見てみると、
小さくて、
赤くて、
足があって・・・、








って、ダニじゃん!!

20130607_3.jpg

うわぁーん、
フロントラインしてるのに、フロントラインしてるのに。
意味ないじゃん。

と、慌てて病院に駆け込み処置してもらった。




先生曰く、
目や耳など血管が少ないとこは完全に防ぐのは無理とのこと。
そもそもフロントラインは付いたものを駆除するもので、
毛に付くことを防ぐものではないので、
ダニが付いても血を吸った時に死んで落ちるらしんだけど。

(このダニは、結構な時間さくらにくっついてたのに
 なぜかまだ血を吸ってなかった)




でも病院に来る途中も、
さくらの背中で蠢く赤いやつを見かけて
不安だったから、
スプレー式のものをさくハヤともしてきてもらった。



そして何より困ったのが、
先生にその公園は行かない方がいいですねと言われてしまったこと。


道なき道を行ったせいなのか、
いつものコースだと大丈夫なのか、
でも、またダニに付かれたら嫌だし・・・。

フロントライン以外にもって、
色々薬をつけるのも可哀想だし・・・。




この公園は川とか橋とか色々あって
近いし、好きなのになぁ。

sakura_park7.jpg

うー、明日から散歩、どうしよう。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「可愛いを究明の果に・・・」 

旦那さんは私より先に帰ってくると
お2人さんや、どっちかを連れて

私の仕事場の近くまで迎えに来てくれる。


「お、旦那さんがいるな」と近づいてくと
懐に小さいのが顔を出してて、
疲れてるのに思わずニヤけてしまう。



で、
あるハヤちょんだけがお迎えの日、
思ったより私が早く帰って来てしまったらしく

部屋の前の廊下で準備中に旦那さんとハヤテに出会った。


ビックリするハヤテ、
私だと理解したハヤテ、
段々と近づいていくるハヤテ、

もう何だかわからないんだけど、ものすごく可愛い。



そう、このえも言われぬ
「何だかわからない可愛さの正体は何なんだ?」
と晩酌をしながら旦那さんと話し合った。



その後も廊下を歩かせて呼んでみたり、
散歩中観察したりして、やっとわかった。


なんとか近いかなと思うのが、コレ↓。




よく見ると、
散歩中もずっと尻尾をフリフリして歩いてる。

20130604_1.jpg


このシッポが、まるでブリキ人形のゼンマイのよう。

何とかそのときの
えも言われぬおもちゃ的な可愛さを撮れないかと
何度かチャレンジしてたら、な、なんと!

思惑とは違った、かなり素敵な陸とのコラボが撮れた。
※音、出ます。



建物が古くて照明がいまいちでごめんなさい。
私が古くてナイトモードいまいち使えずごめんなさい。
しかも動揺しすぎで手ブレも酷い。

あぁ、こんなチャンス二度とないかもしれないんだから
もっと綺麗に撮りたかったよぉ(ノД`)


やらせも、時にはいいことあるね。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「少し泣ける」 

ぶっちゃけ、
「ハヤテなんかもう知らない。こんな子いらない」
と意味のないことを思ったことが何度かあった。

hayate_profile.jpg


こんなに小さいのにブチギレられると、
怖くて、痛くて、悲しくて、

だけどものすごく可愛くて。




薄々気付いてたけど、
昨日タオルに包んで抱っこした時に改めて思った。
ハヤテはもう赤ちゃんじゃない。

さくらに比べたら短足でヨチヨチ歩きだし、
目つきが鋭いときがあっても
子供っぽい表情だから、
小さなハヤテというイメージだったけど、

20130605_1.jpg


時々うちにきた頃の写真を見ると、
もうその頃を思い出せないほど、びっくりするぐらい小さい。


こんなブカブカだった服も
hayate_clothe.jpg

すぐパッツンパッツンになって、
hayate_clothe2.jpg

今はもう入らない。
(本当にこの時は驚いた。
 え、昨日まであんなにブカブカだったのにってショックを受けた)



きっと次病院に行って体重を量ったら
さくらを超えてるだろう。



さくらの時もこの時期、ちょっと切なくなった。

どんなに画像や動画があっても
もう小さなさくらを触ることはできないなって。

20130605_3.jpg



きっとこの先何頭飼うことがあったとしても、
何でもっとしっかり見てなかったんだろうって
ある日、急に大人になった姿を見て思うんだろうな。



ハヤちょん、大人になったねぇ。

20130605_2.jpg







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。