FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「踏み出す勇気」 

もうびっくりするぐらい昔、

友人の同棲していた彼氏が、
彼女がトイレに行くという度に、必ず「行っトイレ」と言うので、
最後には殺意さえ覚えたらしい。




ハヤテも赤ちゃんの頃は、
2、3頭身でモジャモジャしてて虫みたいだった。
hayate_caterpillar.jpg

しかも今より頻繁に何かというと癇癪を起こして、
「ギャギャギャ!」と楯突いてきてたから
「ギャギャギャ虫」「虫君」と呼んでた。


さらに、さくらのことを『チャーちゃん』と呼んでるから
「チャチャチェ」とも言いたくなって、
『ハヤテ』と呼んでもなかなか反応しないのは
まったくもってそのせいじゃないかと、きちんと呼ぶように注意してた。

注意はしていたんだけど・・・




ハヤテも『虫期』から
胴がにょろりと伸びて『子豚期』に入ってくると
今度はどうしても「コブちゃん、コブちゃん」と言いたい。
hayate_caterpillar2.jpg



そして1人きりの時、
全く意識せずに





『梅コブちゃん』(≠『梅昆布茶』)

hayate_caterpillar3.jpg

と言ってる私がいた。


『おやじギャグ』とは
若い人が思いつきもしない
または思いついたとしても口に出さない

その「恥じらい」という壁を前に
踏みとどまるのか、飛び越えてしまうのか
という違いではないかと思う。








・・・って、これ何の話?






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]