うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「いざ、絞り取ったりぃ~!」 

旦那さんの実家で肛門腺絞りの話題で盛り上がり、

「尻尾をきちんと持ち上げること」
「痛いだろうから1日1回。失敗したらまた別の日に挑戦」
と教えを頂いて帰ってきました。


その日の夜、旦那さんが
「さくらのおしりにう○こ付いちゃったから拭いて」
と尻尾を持ち上げてるのを見て、



!!
と思い、

拭き取ったあとに、グッとやってみると
うほほい、生まれて初めて絞れましたぁ!!

sakura_hip20.jpg
「アラ、イヤネ」


ただ、匂いも殆どしなかったし、
病院などで見せてもらったような濃い色ではなく
どちらかというと透明に近くて

いや、でも無事成功です。
さくらはべっぴんさんだから、そこから出るのも綺麗なんでしょう。
(ていうか、そんなとこから出てきたものが、別の何かだったら困るし)

sakura_hip21.jpg
「何ダッタカハ、秘密デス」



で、
調子に乗って、その場でハヤテにも挑戦。

けど、「キャン!」となかれてヒヨったので、
日を改めて、きちんとお風呂場ですることにしました。





それ大正解。

私はどうにも絞ることができなかったけど、
「痛いだろうから1日1回。失敗したらまた別の日に挑戦」
というのは無視して、旦那さんにもチャレンジしてもらうと
出てきましたよ。

緑黒い、濃い~やつが。






そして、とっても臭い。
マジ、ホントに、臭い。

hayate_hip.jpg

アナタ私ヲ殺ス気デスカ。



さくらって病院で絞ってもらって
それを近くで見てたときも特に匂いを感じたことがなくて、

多分今回は手に付いてしまったことと、
ハヤテのお尻の毛についてしまったことが原因かと。
(あれはシャンプーするときにしなきゃダメだね)




噂には、
生ゴミの匂いとか、う○この腐った匂い(どんなだ?)とか
色々聞いてたけど、


うーん、私的には・・・・









魚醤?

なるほどこいつはヒドイやと納得した夜でした。








にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「押すと臭うよ」
スポンサーサイト

[edit]

初めての「桜さん、さようなら」 

ハヤテ、朝っぱらから凛々しいお顔。

hayate_Thunder.jpg


今日またひとつ、人生で初めての経験をしました。
それは、


きちんと「ピカッ」と光り、
私でもちょっとびっくりするぐらい大きな音の雷でした。


窓の方を耳をピンと立て、睨みつけております。
hayate_Thunder2.jpg












・・・尻尾はこんなだけどね。
hayate_Thunder4.jpg

そのうち耐え切れなくなったのか、
私の頭の近くにペタンと座り込んでしまいました。
「大丈夫だよ」と撫でるとガタガタプルプル。

撫でながら2、30分少し強めに抱きしめて、
もういいかなと動こうとすると、
チョコチョコと布団に潜ってきて
私の横にぴったりと伏せをしました。








いやぁ~ん、ハヤちょん、可愛い♡

今のところハヤテは、
さくらを追い掛け回してるか、

hayate_Thunder5.jpg

布団に隠れたさくらを探し出して追い掛け回してるか、
それに飽きたら部屋中を探索してるか、
何かを齧ってるさくらに気づいて追い掛け回してるかで

hayate_Thunder6.jpg



ケージから出てる間、
じっとしてることなんてない。

唯一静かにしてるといえば、おもちゃを噛んでる時ぐらいなもの。


その頃さくらは、
最近何かというとハヤテに邪魔をされるから

sakura_Thunder.jpg

心ゆくまでおもちゃを齧り込んでおりました。


そう、実はさくら音は結構平気。
去年の夏の花火もそうだし、
掃除機なんかばっちこい。


さくらがあんまりに掃除機が平気だったんで、
ハヤテはどんなもんでしょ、とかけてみたら
ケージに速攻避難した。

sakura_cleaner.jpg
「ソノ裏側ニアル綿ゴミ、頂ケナイカシラ」

さくらがどのぐらい掃除機が平気かというと、

ある日毛布に潜って寝てるようなんで、
この隙に掃除しちゃえと犬部屋に掃除機をかけたのに、
さくら全く無反応。

それではと、
ケージの隣をブーンブーンやってたのに、
毛布はピクリともしない。

「え、あれ?」と
逆に私が焦って、毛布をつついたら
「んもう、なに?」とダルそうにさくらがやっと出てきた。



本当はどうかわからないけど、

この行動って私には
「どうせ掃除が終わるまでは出してもらえないんでしょ」
と言ってるように感じた。
だっていつもなら、私がケージに近づいただけで、
ムクムクと毛布の中から出てくるのに。

最初は珍しがってたのに、
最近ではカメラを出しても「はいはい」となるのと似てる。



ってぐらい平気。
(説明長かったね)



さて、ペッそりと寄り添うハヤテを
動かすのも悪いなと
雨の音を聞きながら、私も横になってたら、

せっかくの休日の始まりは
午後4時からになっちゃいましたとさ。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「あなたのお名前、なんてぇの♪」 

覚えていらっしゃるでしょうか?

さくらが吠えるようになり、
ガソリンスタンドやスーパーで練習してたことを(→コチラ)。




無事、吠えなくなりました。
すごい!すごいよ!

全く吠えない。






そのガソリンスタンドとスーパーではね。

さくら、違うんだよ。
そういう意味じゃないんだよなぁ。

sakura_e.jpg
(エー?ホエテナイジャン)

昨日、隣りに駐車した車の窓が開いてて、
乗ってたおじさんのクシャミに
猛烈に吠えやがりまして、焦りましたよ(°°;)"((;°°)。





でも、そういうのを見ると
逆に賢いんではないかと思ったりして。


ある日、
さくらと話してる時に「ご飯」という単語が出たら
耳がピンと立った。


コマンド以外でどんだけ言葉を覚えてるんだろうと、
「ご飯」「散歩」「プリティちゃん」とか試してみた。


そこで、あ、と思い
「ちーさん(私)」と言ってみると、
残念!反応薄っ。



確かに、
さくらに話しかけるとき、私、自分のこと恥ずかしながら・・・













「お姉ちゃん」
って言ってました。(キャッ、言っちゃったよ、恥ずかしい(/ω\*)


これ、陸からの流れで
陸を飼い始めた時は、
それはもう紛れもなく「お姉ちゃん」だったわけで。

riku_itazura.jpg
(陸、お互いに年取ったね・・・
 って、何してんのよ、アンタ!)



それがドンドコドンドコ月日は流れ、
旦那さんにも「え、どこにいんの、おねえちゃん?」
という無粋なツッコミをされ
(結婚した頃は言わなかったくせに!リアルで嫌だわ!!)

ハヤテを迎えてみれば、
ハヤテのお姉ちゃんはさくらなわけで。

sakurahayate_fight30.jpg
「オネイチャン!」
「ナンダイ、オトウト!!」



自覚はしてますよ、
年齢も見た目ももうすっかりだということは。

でもここで使ってる『お姉ちゃん』はそういう意味ではないんだけど。


あーもう!とものは試しと言ってみた。
「ほら、おばちゃんの言うこと聞いて」


















・・・案の定、すごく寒い

みんなは犬に対して自分のことなんて呼んでるんだろう。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「踊っちゃう?」 

前回の続きになりますが・・・。



うちではほとんどおやつをあげないんで、
お2人さんにとっては

「歯磨きガム」とか
「気まぐれに切ったキュウリ」とか
「頑張って作ったスィートポテト」とか
(↑そればっかりだな)
かけがえのないモノなのではないかと(オオゲサ)。

sakurahayate_icya.jpg



でもおもちゃひとつでも、
最近はさくらに対してハヤテが
「ギャギャギャ!」となってしまうので
ハウスさせてからあげるようにしてたんだけど、


ハヤテの方は、
ハウスさせなくてもハウスに入ってじっくり食べたい派。

sakura_dancing8.jpg
「ウマシ!キュウリ、ウマシ!」


一方のさくらはあまり貰えないおやつ。
せっかくなんだから存分に踊ってから食べたい派。

ケージの扉の前で、
「開けて、開けて。躍らせて!」とアピールしてくる。


sakura_dancing5.jpg
口から出しては、

sakura_dancing2.jpg
踊って、

sakura_dancing3.jpg
香っては、

sakura_dancing4.jpg
くわえ直す。これを気が済むまで繰り返します。
(時に、間に「放置」が入ることも)



以前も書いたんですが、
腎臓の数値の関係で「歯磨きガム1ヶ月なし」の解禁後、
1時間踊ってましたからね(→コチラ)



なので、
ご飯以外のものは、さくらの方が圧倒的に食べるのが遅い。
(あ、あとフィラリアの薬とか。)

sakura_dancing9.jpg
↑はすでに食べ終わったハヤテに贈る、
「嫌がらせの舞」



その間、ハヤテの方は
ケージの中だは、おやつは食べ終わってもうないは、
変な踊りまで見せ付けられるはという3重苦。




sakura_dancing7.jpg
「ハァ、イッタイイツタベオワルンダヨ」

そんな渋い顔してないでさ、
YOUも一緒に踊っちゃいなYO。







にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「あ、ちょっとカットしました。」

[edit]

初めての「我が家の歯磨き戦線異常なし・・・多分」 

今まで何度かハヤテにキレられ、

こうも
hayate_bites.jpg

ああも
hayate_yancya.jpg

こんなひどい目に遭ったと、
sakura_short9.jpg
(この覗いてる感じが腹立たしい。お前のせいだぞ!)


画像を載せて
哀れを誘っていたわけですが、



とりあえず、
1番の難関だった歯磨きは無事させてくれるようになりました!
おめでとう。ありがとう。

(日常生活的には、他のことでまだキレられたり噛まれたりはしてますが・・・。)


歯ブラシを噛ませて、
その後外側を磨くという時がキレポインツだったんですが、
この時に「今から私が磨くから」と目力で伝えると、
あとは静かにさせてくれるようになりました。



こうなってくると、
『ヤツ』より俄然磨きやすいいい子に見えてくる。


『ヤツ』。











おい、アルカポネ。
sakura_capone2.jpg
「オヤ?」


うちでは「おやつ」は私が気が向いた時にあげてて、
唯一「これをしたのであげましょう」というのが、

歯磨き後。


嫌な歯磨きを頑張った後は、
大好きな歯磨きガムがもらえるというシステム。



できれば先にさくらを磨いて、
ハヤテには
「歯磨きしたら→ガムもらえる」という時間を短くして、
認識させてあげたいと思ってましたが、

そういうのは心配しなくてもすぐに覚えちゃうようで・・・。

sakurahayate_Toothbrushing.jpg
「ゼヒトモ、ミガキタイ」





けど、さくらは
歯磨きしたら→ガムもらえる」となってるようで、
(それって、何もしてないじゃん)

sakurahayate_Toothbrushing3.jpg




「さぁ、次はさくらだよ」と呼ぶと

警戒し、
sakurahayate_Toothbrushing4.jpg



時にすでにガムをもらったハヤテをうかがい、
sakurahayate_Toothbrushing5.jpg

sakurahayate_Toothbrushing2.jpg



ダッシュして、
sakurahayate_Toothbrushing6.jpg


シタッ!
sakurahayate_Toothbrushing7.jpg



いやいやだから、ハウスしてお座りしてアピールされても
あんたまだ磨いてないから。



捕まえちゃえば、
また歯ブラシで磨かせてくれるようになったけど、
それでもくねくねくねくねして、
「これでおしまい!」と途中で逃げようとする。




ブログをしてると、
歯磨きひとつでも、
その時その時で色んなことをしてくれてたなと思い出せて楽しい。

とりあえず、これがさくらの最近のトレンド。
来月はどうなってんだろ。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「それぞれのアピール」 

この前、寝坊しました。



私が寝坊しそうな時は、
旦那さんがお2人さんにご飯をあげていってくれるけど、
(ケージの中にお椀があると、あげてった証拠)

sakurahayate_appeal3.jpg
(いやいや、もうないよ)


その日は
旦那さんが朝4時にうちを出なければいけない日で、
お腹が空いたさくらの哀れな
「クーン、クーン」という鳴き声で目を覚ましました。



意外かもしれませんが、

こういう時のハヤテは
鳴き声もあげない、ケージにぶつかったりもしない
ただただ静かにその時を待ってます。





「ごめん、ごめん」と慌てて毛布をはぐと、
(ハヤテは結構寝ない子なんで、
 今も寝る時などは毛布をかけてます)

sakurahayate_appeal2.jpg

















!!!!!!!!!!!








4本もしてた、大きい方。

鳴きもしない、訴えもしない、
だけどその4本に込められた
熱き反骨精神、



しかと受け取った!
って、だからなんの話しさ。








にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての「踏み出す勇気」 

もうびっくりするぐらい昔、

友人の同棲していた彼氏が、
彼女がトイレに行くという度に、必ず「行っトイレ」と言うので、
最後には殺意さえ覚えたらしい。




ハヤテも赤ちゃんの頃は、
2、3頭身でモジャモジャしてて虫みたいだった。
hayate_caterpillar.jpg

しかも今より頻繁に何かというと癇癪を起こして、
「ギャギャギャ!」と楯突いてきてたから
「ギャギャギャ虫」「虫君」と呼んでた。


さらに、さくらのことを『チャーちゃん』と呼んでるから
「チャチャチェ」とも言いたくなって、
『ハヤテ』と呼んでもなかなか反応しないのは
まったくもってそのせいじゃないかと、きちんと呼ぶように注意してた。

注意はしていたんだけど・・・




ハヤテも『虫期』から
胴がにょろりと伸びて『子豚期』に入ってくると
今度はどうしても「コブちゃん、コブちゃん」と言いたい。
hayate_caterpillar2.jpg



そして1人きりの時、
全く意識せずに





『梅コブちゃん』(≠『梅昆布茶』)

hayate_caterpillar3.jpg

と言ってる私がいた。


『おやじギャグ』とは
若い人が思いつきもしない
または思いついたとしても口に出さない

その「恥じらい」という壁を前に
踏みとどまるのか、飛び越えてしまうのか
という違いではないかと思う。








・・・って、これ何の話?






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『桜』 

うちの方にもやっと春が来た。
(と言いつつ、現在もストーブ活動中)


桜の時期は短いから見逃さないようにって
気を張って見張って、
実家に帰ってるうちに満開になったらどうしようと
掃除をしてるおじさんにも開花時期を確認して、

待ちに待った『桜』がようやく咲いてきました。

sakura_sakurasaku.jpg

昨日の時点ではまだこんな。
天気も悪くて「さむっ」という感じ。

sakura_sakurasaku2.jpg

こういうとこも、いつか綺麗に咲いて
桜並木になってくれるんだろうか。


今日は日中少し暖かくなったんで、
またまたチェックしに行ったら、結構咲いてたんで、

sakura_sakurasaku6.jpg

昨日に引き続き、お2人さんと撮影。



でも、なにせ1人なもんで、

sakura_sakurasaku4.jpg

sakura_sakurasaku3.jpg

↑とっても近いか、




sakura_sakurasaku5.jpg

↑すごく遠いのしか撮れない。
 桜との構図を考えてなんて、無理無理。

でも、飼い主としてはすごく愛おしい写真。



この時、発覚したけど
外でもさくらは比較的「お座り」「見て」「待て」を聞いてくれる
と思ってたのに、
距離が離れちゃうと、途端に無視。

せいぜい名前を呼ばれた時にこっちを見るだけ。
あとはここぞとばかりに、大好物の枝を必死に探してる。
あららら。




この公園は去年初めて見つけた大きめ公園

突然「ギュー」とブレーキをかけて
歩こうとしないハヤテは
まだまだ普通の道路では散歩できないけど、

この公園だと慣れてきたせいか
ちょこちょこと歩いてくれるようになったo(^▽^)o

sakurahayate_sanpo4.jpg




そしてここでも、
さくらが興味を示すものには、

sakurahayate_sanpo3.jpg
(ナニナニ?)

sakurahayate_sanpo2.jpg
(ドレドレ?)

sakurahayate_sanpo.jpg
(ドウナッテンノ?)

ぐいぐい参戦してきて、さくらが譲るという『ジャイアンパターン』健在。

ハヤテよ、
優しいお姉ちゃんでよかったね。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「火山は噴火せず」 

実家から帰ってきた日の夜は
流血はしなかったけど「ギャギャギャ!」は出ちゃった、
同じタイミングで。

ので、
昨日の夜は、歯ブラシ取り上げて
「さぁ、磨いてやるぞ」の時、
一旦、ギュッときつめに抱いて落ち着かせた後、
歯磨きしたみたら、何とか「ギャギャギャ!」は出なかった。


とりあえず1週間ぐらい続けてみて、
飼い主の心の負担が大きくなるようなら、
もう1度、歯ブラシはお休みしようかな。





・・・とか、
躾したり、毎晩歯磨きしたり、爪を切ったり
病院連れてったり、散歩に出かけたり、


そりゃもちろん、
そういうことをするんだと覚悟して
さくらとハヤテを迎えたわけだけど、

sakura_sonae4.jpg


時々旦那さんに
「可愛い、可愛いばっかりじゃなくて・・・!」
と大きな声を出したくなることがある。




けど、
仕事から帰ってきて、ちょっと休憩してる時も、
お腹や背中の上で揉められたり、おもちゃの取りっこされたり、

sakura_sonae3.jpg

それで、本当はたいしてそのおもちゃに興味がなくて

sakura_sonae.jpg

散々争った後、お供えされちゃってたり、

sakura_sonae2.jpg
(あ、また持ってきたよ)


そうかと思うと
「お帰りなさい」の範疇を越えた舐められ方をされたり、
しかも前から後ろから。

sakura_sonae5.jpg
(旦那さんはこの状態でも寝れます)


旦那さんも何げに大変そうなんで
愚痴るのはやめときました。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「残念でした、またどうぞ」 

ハヤテが↓でだと
sakura_toothbrush.jpg

随分静かに歯磨きをさせてくれるようになったんで、

帰省前の夜、
再び歯ブラシに挑戦してみた。


歯磨き粉がついてるから
噛み噛みしたがるし、
私も口の中を磨いて欲しいから
最初ある程度は、さくらの時も噛んでもらってる。


ハヤテも散々ペロペロして、噛み噛みして
落ち着いたようだったから
「さて外側を磨こうかな」と思った瞬間、キレた。

hayate_boss3.jpg
ソウソウ、カイナラサレネェゼ。



これが意外というか、
最近本格的にキレる前に
「ギュギュ」とちょっと唸って、犬歯が上唇からはみ出てくる。

ここで「ダメ」と叱って押さえつけると
落ち着いて次の行動に移させてくれるようになってたのに、
この時は、その前兆もなく突然「ギャギャギャ!」。

しかもこの時は、まだ歯磨きを始める前だし
飼い主的は嫌なことをしたつもりが、全くなかったのに。



それでも押さえつけて落ち着けて、
無事歯ブラシでも、奥歯まできちんと磨くことができた。










・・・無事?
全然、無事じゃなかった。

hayate_bites.jpg
クスクスクス、噛まれてやんの。また、飼い犬に手を噛まれてやんの。

アドレナリンが出てたせいか、
磨き終わるまで、血が出てるの気づかなかった。



次の日には実家に帰ってしまったんで、
無事ハヤテが歯ブラシデビューできるかは、今晩が勝負。








↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「飼い主には読めないルールブック」 

さくらとハヤテの揉め事には2種類あって、

「ダーッ」と
部屋中を追いかけっこするパターンと
一定の場所で軽~く
延々噛み合うパターンと。


どっちの時もハヤテから仕掛けるから
追いかけっこの時も
殆どはハヤテがさくらを追いかけてるんだけど、

sakurahayate_trouble6.jpg


例えばハヤテが早めに回り込み過ぎたとか
そういう時に間違って
ハヤテがさくらの前に出ちゃう時がある。




すると、
まるで「そういうもんでしょ」と言わんばかりに
突然追う側と追われる側が選手交代する。

sakurahayate_trouble5.jpg






そして噛み合う時も
ガーッとやりあってるのに、

sakurahayate_trouble.jpg

突然ハヤテがさくらの匂いを嗅ぎ始める時がある。

sakurahayate_trouble2.jpg


すると、
やっぱり「そういうもんでしょ」と言わんばかりに
どこか遠くを見つめるような呆けた表情で
さくらもどうぞと匂いを嗅がせる。

sakurahayate_trouble3.jpg
(何でそんな表情?)

でも、終わるとまた
ガーッと噛み合いが始まる。

sakurahayate_trouble4.jpg




私としては「おい」と突っ込みたくなるけど

どうやら飼い主には理解できない
犬同士の『暗黙のルール』があるらしい。





※只今帰省中。予約投稿です。




↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『マニアポイント』 

sakura_wait20.jpg sakura_wait22.jpg sakura_wait30.jpg

sakura_wait23.jpg sakura_wait24.jpg sakura_wait26.jpg

sakura_wait27.jpg sakura_wait29.jpg sakura_wait28.jpg


これが何かと聞かれたら、
これは、私の至福画像でございます。

 

うちは留守番をしてもらう時はもちろんのこと、
「さぁ、遊びましょう」という時以外は
私がうちにいても、基本ケージに入ってもらってます。



でも、
さくらもトイレを覚えて、いたずらも少なくなったので
少し目を離す時ぐらいはフリーにさせてました。

飼い主的には今まで目の届く範囲にいたさくらが
一体1人で何をしてることやらと
心配と興味で扉を開けてみれば、

伏せていたずらもせず待っててくれたりするわけですよ。




もう気持ち悪いぐらい、
似たような写真をバシャバシャ撮っておりました。



そしてハヤテを迎え、

sakurahayate_wait.jpg

今はこう。


ただ扉を開けただけなのに、
期待満々の4つのお目目に迎えらる幸せでございます。

残念なことに、
今現在はこの幸せな時間、



すぐにこうなって

sakurahayate_wait2.jpg


こうなって

sakurahayate_wait3.jpg


こうなっちゃうんですけどね。

sakurahayate_wait4.jpg




ま、この幸せな時間が長く続いたら、
私、心がトロケちゃって、仕事にいけなくなっちゃうんで
『致し方なし』でございます。




※※※お詫び※※※
あおいさん、そしてコメントを下さる方々、
私、只今実家に帰省中でこれは予約投稿です。
コメントを頂いても
返事は3,4日後になってしまうと思います。
ごめんなさい。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「お風呂の理由」 

ハヤテ、初お風呂。

hayate_bath.jpg


うちの『内弁慶君』、かなり不安気。
尻尾もずーっと下がりっぱなし。

hayate_bath2.jpg

カチンコチンに固まって
おかげでとっても洗いやすかった。



ハヤテのことはもう洗いたくて洗いたくてしょうがなかった。

うちに来て1ヶ月もすると、
何かっていうと体を掻くようになってて、

hayate_kaikai2.jpg

どこか一定の場所じゃなくて
どうも体全体が痒くて仕方ないらしい。



さくらのときは
うちに来る前に、シャンプーして、爪切りして、ヒゲ切って、
オマケに可愛いバンダナまで巻いて
と、至れり尽せりな感じだったけど、

ハヤテの場合
ペットショップと美容室が別のせいか
シャンプーどころか爪も伸びた状態だった。



だから3回目のワクチンが終わるのを首を長くして待ってた。





その「カイカイ期間中」、
体に何かが触れると、痒さが触発されるらしく
ハヤテには悪いけど、貴重な動画が撮れてた。



カイカイ:飼い主編




カイカイ:さくら編


これぞ、姉弟愛かしら(笑)



何で体がそうなっちゃうのか
ハヤテにはわかんなかったろうなぁ。
おかげさまで、
シャンプーをしたら自然とカイカイはなくなってた。

もう↑の動画は撮れないけど
痒くなくなったのなら、なにより。








モット、イケメンニナッタ?
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「なったともサ」

[edit]

初めての「それから、どうなった」 

さくらは散歩中、
他に犬がいてもほぼ知らんぷり。

吠えられると、さすがにそっちを見るけど
ちょっとすると、まるで何もなかったかのように歩き出す。




だから、
ハヤテにどんな反応をするのか興味津々だった。

「無視?」
「怒る?」





結果は意外なことに、
「遊ばせて!」

sakurahayate_first.jpg

うちに来た時のハヤテは
1回目のワクチンしか終わってない状態。

すぐに会わせるは見合わせていると
「クンクン」鼻をならして、
ずーっとケージの周りをウロウロしてた。




そのうち一緒に遊ぶようになって、
sakurahayate_first2.jpg

おもちゃの取りっこなんかもして、
hayate_midorimusi3.jpg

1ヶ月間噛まれっぱなしのさくらも
徐々にやり返すようになって、
sakura_fight7.jpg


そして現在のお2人さんは、こうなった。
sakurahayate_first3.jpg










・・・逆の意味でね。

飼い主からすると2つの感想が。
「珍しい、一緒にベットを使ってるなんて」と
「さくら、どうしてそんな無理してるの」と。


最近のハヤテはさくらに対して威嚇がすごい。
何かをくわえてる時
これ以上さくらが近づくと「ギャギャ」と唸り声をあげる。
だからさくらはあまり側によらないように気を使ってる。
(だったら他でくつろげばいいのに)


1度おもちゃを自分のものにしちゃうと
以前のような引っ張りっこなんかは許さない。

sakurahayate_first6.jpg

大事な宝を守るため
尻尾を下げて、ほぼ動かずめっちゃ守る。
(緊迫感に気づかず匂いを嗅ぐさくらさん)


ケージでおやつを食べたあとも、
自分でこぼした物がまだあるんじゃないかと
思ってるうちに
さくらが近づいて来ようもんなら・・・。

sakurahayate_first4.jpg

鼻にシワを寄せて
さくらが近づくと矢印のとこが上がり
さくらが離れると矢印のとこが下がる。




うーん、
私に反抗してきたなら怒ることもできるけど、
犬同士のことになると、どうしていいやら。


ハヤテ、
噛むことでしかコミュニケーションを取れないと
そのうち本気でさくらに嫌われちゃうよ。



sakurahayate_first7.jpg
「ウン、モウ、スッゴイ、キンチョウカン♪」

・・・そういうプレイなの?






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「先住犬のおかげさま」 

一昨日、
2度目のパピーパーティにハヤテと参加してきました。



「子犬がわちゃわちゃしてる」
というだけで、かなりなレベルの幸せな光景なのに
そこに自分家の犬も混じってるとなると

・・・もう、口では言い言い表せません。



相変わらずの『内弁慶』っぷりで、
最初はカゴから出ることもできず
自己紹介もままならなかったし、

hayate_party20.jpg



何かというとトレーナーの方や
hayate_party21.jpg


他の飼い主さんのお膝元に避難してました。
hayate_party22.jpg

hayate_party23.jpg
(皆様、ありがとうございます)




それでも少し慣れてくると

他の子の匂いを嗅いだり、
hayate_party25.jpg

hayate_party24.jpg


ちょっとキャッキャしてみたり、
hayate_party26.jpg

さくらと比べると、断然エンジョイしてました。




ハヤテが参加したパーティは
1度目も2度目も先住犬のいる子が多くて、

もちろん性格がフレンドリーで
1頭飼でも、どの子とも仲良くできる子もいましたが、


そういう子は、先にいる子に「慣れ」ているのか
最初は緊張してても、
最後には「レッツパーティ!」となってました。

hayate_party27.jpg



特にハヤテなんて『無敵の内弁慶』。
もしさくらの存在がなかったら、
今回なんか、きっと終わりまでカゴの中だったでしょう。



だから、
ハヤテにも優しいさーちゃんをもっと大切にして欲しいのにな。

そんな最近のお2人さんの様子は、また後日。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『成長確認』 

病院の先生に言われたけど、
ハヤテは成長が少し遅いらしい。

もしかしたら、
体ももうあまり大きくならないかもしれないとのこと。


確かに、未だに1本も乳歯が抜けてない。








・・・と思ってたら、
前歯4本、永久歯に生え変わってました。

昨日、フィラリアの薬を貰いにいって
先生に指摘されるまで気づかなかったよ。


毎日歯磨きしてるし、
ホールドスチールの時も口の中見てるのに、
不思議ぃ~☆




今のさくらとハヤテがこんな感じ。

sakurahayate_car.jpg

大きさが明らかに違うのに、
昨日体重を量ったら
もう200グラムしか差がなくてびっくり。



さくらはモデルのようにすらりと足が長く
(恥ずかしげもなく、サラリと書いてみたよ)
その自慢の足で
上手にガムやおもちゃを、

こうとか
sakura_hand11.jpg

こうとか
sakura_hand10.jpg

こんな風に
sakura_hand13.jpg
上手に掴むんだけど、


・・・いやいやしかし、
改めて小さい頃のさくらを見ると、びっくりするほど可愛いなぁ。
(またもサラリと書いてみたよ)




ハヤテは短めなせいなのか、
一生懸命掴んで、匂ってみて
hayate_hand2.jpg

いざ噛もうとすると
hayate_hand3.jpg

安定感がないので、ブレて
hayate_hand4.jpg

よく落とす。
hayate_hand5.jpg





でも、こう急に
今まで「短足だ、短足だ」と言ってた足が
ちょっと伸びたのを見たりすると、

hayate_hand6.jpg

何だか「もっとゆっくりでいいよ」って思ったりして。




ちゃんと成長してくれるかなって心配したり
したらしたで切なくなったり、

犬の飼い主も忙しいものです。






モシヨケレバ、ヒロッテホシイ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

初めての『トイレトレーニング(ハヤテ編)』 

さくらの時に
「あぁ、無理だ。さくらはトイレ覚えられないんだ・・・」
と、かなり神経質になって

まわりの人に
「おい、落ち着けよ」
と、思われていたけど、

飼い主の心配をよそに、
さーちゃん、きちんとトイレでトイレしてくれるようになった。

sakura_short11.jpg
「ジョーシキヨ」
「マジデ?!」




というのがあって、
「ケージの中では初日からきちんとしたわ!」
という『パピーあるある』に騙されることもなく

基本は同じことをハヤテにも教えて
「ちー」
とトイレ以外でしちゃっても


「もう、仕方ないわね。アハハ、ウフフ」
と温かく見守ってた。







が、

気まぐれにさくらのトイレで1回おしっこしたぐらいで
全くトイレでしてくれないんで、

sakura_short11.jpg
「ハヤ、ハヤノヘヤニモトイレアルカラネ」
「マジデ?!」




若干不安になって、日記を見てみると


生後8ヶ月目ぐらいまでは
トイレを失敗してると書いてある。


「ほ、ほ~らね。さーちゃんも時間がかかったのよ」






でも、

よくよく読んでみると
6、7ヶ月目ぐらいにはある程度できるようになってて、

1度1週間ほど立て続けに失敗することがあって
8ヶ月目はまれに違うとこでしちゃった


という感じ。






ハヤテ、只今生後6ヶ月。
気配、ほぼなし・・・。







それが、

やっと3日ほど前から
う~ん、贔屓目で見て5割ぐらい
急にトイレでするようになった。




「ほ、ほ、ほ~らね。ハヤは成長がゆっくりだから」

sakura_short11.jpg
「ア、トイレッテ、ヨウヲタストコダラネ」
「マジデ?!」











・・・大ジョブ、よね?







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
「マジデ?!」

[edit]

初めての『我が家の爪切り事情』 

sakura_nail.jpg

難易度:10。飼い主の消耗度もかなりのもの。
成果のある爪本数:成功時で1、2本。
特徴:くねくねする体を押さえつけ、やっと静かになったところで
   神経のないところに狙いをつけて、いざというとき『くね!』
   さぁというときに『くね!』。
   多分、夏は無理。



sakura+002+(2)_crop2_bro.jpg

難易度:6.5。相手の機嫌を読み切りことが必須条件。
成果のある爪本数:機嫌がいいと3、4本。
特徴:1、2本目まで「何かがおかしい」と思いながら何をされてるか、いまいち気づいてない。
   3本目ぐらいに「もう、やめとけよ」と甘噛みされる。
   ここでもっといけるか、いけないのかの判断を誤ると
   「ニャー!!」と強めに噛まれるか、
   引っ掻かれて流血事件につながるので注意が必要。



hayate_nail.jpg

難易度:1。
成果のある爪本数:爪本数というか全部いける。
            ただ可哀想なので、前脚、後ろ足で日にちを分けてる。
特徴:「犬部屋」さへ出れば、殆どのことをオールオッケイでさせてくれる『無敵の内弁慶』。
   ただ、半分以上黒爪なので感が頼り。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『ジェラシー』 

↓コレ、我が家ではチュッパチャップスと呼んでます。



ハヤテがうちに来た最初の日から
今日まで毎日かかさずやってます。



犬部屋から連れ出されたりとか、
お風呂に入れられたりとか、
散歩して帰ってきたあととか、

あ、あと
犬部屋から連れ出されたりとか、
犬部屋から連れ出されたりとか。




とりあえず寝る前とストレスがかかった時
自分からケージに戻って
チュパチュパ、チュパチュパやってます。




この時ばかりは、

ケージの扉が開いてようと、
外で私とさくらが遊んでようと

気が済むまでは絶対やめない。
(あ、ご飯だったらやめるね☆)

hayate_damien2.jpg
「ダッテ、ハヤ、アカチャンダシ」





それがここ最近、
ケージから毛布を引っ張ってきて
外でチュパチュパやるようになって、


この前、
ケージに戻ってもらおうと
チュッパチャップスの最中に抱っこしたら、







久しぶりにものすごいキレられました。


この時間は、
誰にも邪魔されたくないプライベートな時間なんだと
生後5ヶ月の子に教え込まされました。


hayate_damien.jpg
「ナメテタラ、ケガスンゼ」





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。