うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「変わっていくもの」 

さくらの時に、
気づかないうちに毛色が変わっててビックリ(→コチラ
というのがあったので、
ハヤテは意識しして見るようにしてた。





最初は黒だったのに、今はすっかり茶色。

頭頂部にあったマークも

hayate_color.jpg

今はすっかり消えてしまったし、




背中も徐々に色が薄くなってきて
残るは尻尾のこの黒い輪だけ。

hayate_color2.jpg



出来れば表情に深みを増してくれる
この目張りと眉間のシワのような
模様は消えないで欲しいなぁ。

hayate_color4.jpg







けど

色が変わったのは毛だけではなくて

こちら↓。

hayate_color5.jpg
おぉ、パピーらしいぽんぽんお腹。



約1ヶ月後。

hayate_color6.jpg



『シミ』だろうとは思いながらも、
さくらにはこんなことなかったし、
あんまり急激にはっきりと出てきたから、

早めに外に連れ出して日に当てたせいかとか
ホットマットのせいなのかとか心配になって


ワクチンのついでに聞いてみた。




やっぱり『シミ』だった。

もともとハヤテの体にあったもので
成長と共に出てきたらしい。




さくらとハヤテ、たった2頭なのに
身体的にも内面的にも
違い過ぎてて面白い。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

初めての「肝温度零下100度」 

「犬は飼い主がいつも毅然とした冷静な態度で、
 頼りがいのあるリーダーであって欲しいと思っています」
だそうで。





昨日、仕事から帰ってきて
まずさくらとハヤテの夜ご飯を用意し、

あげた後、
「さて化粧でもおとすか」と
犬部屋を出てバスルームに向かおうとすると






「ヒャン!!」
と悲鳴がした。

慌てて戻ると、
ハヤテがお座りをしたまま
「ヒャン、ヒャン、ヒャン」
と声をあげている。

hayate_pri.jpg



どこか痛めたのかと、
ケージの扉を開け手を差し出した時、
とっさに、
「ハヤテはパニックになってるから、
 もしかしたら猛烈に噛まれるか、逃げられるかもしれない」
と思った。




だけど、
ヨロヨロと近づいて来て
私にくっ付き顔を見あげてきた。


その姿が
「痛い、辛い、何かおかしい。
 あなただと助けてくれるでしょう。
 早くなんとかして」
と全てを私に委ねてるようだった。

hayate_pri2.jpg



「ヒャン、ヒャン、ヒャン」
と高く大きな声は
自動車の盗難防止の警告音のように一定で、

どこかが痛くて飛び跳ねたりする感じでもないし、
具合が悪くて弱ってる感じでもなくて、

ただただ
「辛い、辛い、辛い」
と訴えられてるような感じ。




「どうしよう、もう近くの病院は終わってる」
「この状態では緊急病院まで行ってる場合じゃない」
「もしかしてパピー特有の何かの病気かもしれない」
「こんなに頼られてるのに何もしてあげることができたない。
 このままハヤテが死んでしまったら、どうしたらいい」

と動揺しまくってる私が
とりあえず、手が痛いのか足が痛いのかと
体中を触って確認してると、


もう何だったか覚えてないけど
ハヤテの動きで
「あ、喉にご飯を詰まらせたんだ」
とやっと気づいた。

冷静になって考えれば、それが1番妥当。
今まで普通で、ご飯をあげたらなき出したんだから。

hayate_pri3.jpg




ただわかったからといって、
背中を叩いたり、さすってあげること以外
何をしたらいいのかわからない。




「何か水分を摂らせよう」


そう思いついて、
この状態で抱き上げていいのか一瞬悩んだけど、
短い時間でもハヤテの見えないとこに行く勇気がなく

抱き上げて犬部屋をでた。



確かなことはわからないけど、
抱っこをして体勢が変わったことがよかったらしく

「ゴボゴボ」
とハヤテの体から音がして、
ミルクを持って部屋に戻ったら
無事に戻してくれた。





そのあともしばらくは
尻尾を下げて私にくっついてガタガタ震えてたけど、

私も同じぐらい震えたよ。

hayate_pri4.jpg




しかし、
動揺してパニック起こして、
焦って嫌なことしか考えられなくて
冷静とは程遠かったな。

とっさに判断したり動いたりしなければ
いけない状況もあるだろうに、
何も役に立てないのに
怖くてハヤテの側をはなれることができなかった。





ちなみにネットで調べてみたら
・動物病院に電話する
・オキシドールや塩水で吐かせる
・喉に手を入れて吐かせる
・出すのではなく、先の丸いもので異物を押し込む
・背中を叩く
・意識のない場合は逆さにする

など色々あったけど、
1番はできるなら「冷静になる」だと思った。

hayate_pri5.jpg






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「仕方ないのかも・・・でも不憫なり」 

さくら、1週間ほど前から
歯磨きを猛烈に嫌がるようになりまして。



いや、
前から決して協力的ではなかったけど、
くねくねくねくねして
もうどんなにくねっても逃げられないとなると

「ンフー」
とため息をついて
どうにかこうにか磨かせてはくれたんだけど、

sakuhaya_fight.jpg




もう、
くねくねくねくねくねくねくねく・・・・・。



今度は私が
「ンフー」
とため息をついて諦めた。


そして、今お世話になってるのがコチラ↓。
sakura_toothbrush.jpg


これはハヤテが使ってたのを借用。
ハヤテの場合歯ブラシで磨こうとすると
流血事件に発展してしまうから。


そんななか見つけちゃったんだよなぁ・・・。







『四角い歯』。

犬歯と奥歯の間に
全く尖っていない正方形の小さな歯が出現。

触ってみるとちょっとグラグラする。

sakuhaya_fight2.jpg



今度病院に行ったら聞いてみようと思いつつ、
見かける度に、心にシコリが。





さくらはもともと奥歯に歯垢が溜まりやすいし、
避妊手術の時に自力で抜けなかった乳歯を
何本か抜いてもらったり、
それでも前歯には乳歯が2本ぐらい残ってて。

sakuhaya_fight3.jpg



噛んだりはしないけど
毎晩イヤイヤしながら歯磨きされてるのに、

これで年をとった時に
結局歯の病気になったら



なんとも可哀想だなぁと思った。







さて、
突如現れた『四角い歯』。

病院を待たずして、
現れた時と同様に忽然と消えちゃった。

sakuhaya_fight4.jpg








・・・あぁ、よかったヽ(;▽;)ノ。

※今回は内容と全く関係ない
 さくらとハヤテの揉めてる画像と共にお送りしました。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「ある夜に」 

なんでそうだったのか覚えてないけど、
珍しくハヤテだけが出てることあって、


なにをしてたのか覚えてないけど、
振り返ると












・・・見てた。
sakura_see.jpg

わかります?





ホラ、
sakura_see3.jpg






見てた。
sakura_see2.jpg

ちょっと可笑しくて連写しちゃった。


※風邪っぴきのため、簡単更新でめんちゃい。
 「私の風邪は喉から」
 みなさんもお気を付けくだされ。










「ウラメシヤ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての「ある朝に」 

ハヤテ、生後5ヶ月。
なんだかもう、

hayate_boss2.jpg



hayate_boss.jpg



hayate_boss3.jpg

石原裕次郎ばりの貫禄だ。













hayate_boss5.jpg

ハヤテの中に入ってる人は何歳なんだろう。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『採用条件』 

近所のとあるコンビニ、

遅い時間に働いてる2人の店員さん、
2人とも、それもうは超かっこいい。












・・・声がね。

劇団員の人なんじゃないだろうかと思うほどで、
あの声で「お疲れ」と言って欲しい。
(旦那さんとはコンビニ・ダンディと呼んでます)





さくらが通ってる病院の
受付というか事務の人の愛想がないなぁと思ってたら、

他の人が受付にいる時があって、
前の人に比べたらいいけど、それでもうーんって感じ。



動物病院ってこんな感じ?
おばちゃんになったから、気になるのかしら?


それでも、
先生や助手をしてる方(何ていうんだろう)は
丁寧で優しいし、
通い続けてるうちに、大分慣れてきた。






そんなある日、
私が今まで見かけなかったのか、
新しく入った人なのか、

初めて見る若くて綺麗な人が受付に。
















・・・ブルータス、お前もか。


ここまでくると
人事の人の趣味とかなんか

そういった力が働いてるんじゃないかと疑いたくなる。








↓「あ、今日画像がなかった」

にほんブログ村
↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての『女の優しさ』 

えーっと、
うちのおふたりさん、いつか仲良くなる日がくるんでしょうか。

sakura_fight.jpg

今日も延々揉めてます。





ちょっと治まった時に見ると、
ハヤテの首輪はよくこうなってます。

sakura_fight4.jpg

これはさくらの『優しさ』じゃないかと思うんです。




前に、
こんなんでも
sakura_knee4.jpg

こんなんでも
sakura_knee2.jpg

『無音』と書いたんですが、
時に


「キャン!!」
と鳴き声が響き渡る時も。


これはハヤテなんですが、
・・・ずるいんですよぉ、ヤツ。




ハヤテが先にゲージから出てるときは、
さくらのゲージの扉が開いた瞬間、

sakura_fight5.jpg

ってな感じで飛びついて、
さくらがまだ眠そうだろうが、トイレだろうがお構いなし。



おもちゃはふたつあっても
どっちも自分のものにしたくて、
さくらが取り返そうとすると威嚇するんで、

さくらは我慢して諦めたりする。


それでも
さくらは体ではなく
できれば首輪を噛んであげてるんじゃないかと。

sakura_fight6.jpg









なのに
ちょっと部が悪いと「キャン!!」

sakura_fight7.jpg


そうすると、さくらはびっくりして攻撃をやめるわけです。

だけど「キャン!!」と鳴いた本人は
「はぁ?」
って感じで攻撃の手を緩めたさくらをガンガン攻めてく。



「おい、ジャイアン」
って呼びたくもなりますよ。









↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「後ろ付いていかせて頂きヤス」 

前回、
ハヤテが1歩も歩かないよぉ
って書いたんですがね(→コチラ)、


実は『後追い』するんです。
誰の後追いをするかというと、






このお方。
sakura+002+(2)_crop2_bro.jpg
「えっ?!」






時間的に余裕がある時は、
ハヤテの散歩をしてから、

ハヤテをバックインして、
さくらの散歩に出かけます。





で、ハヤテだけの散歩のあと、
「あー、今日も歩かなかったな」

hayate_sanpo4.jpg


と帰ってきて玄関を開けると、
散歩に行きたいと陸が出てきた。




じゃあついでにと、
ハヤテをもう一度降ろしてみると・・・、







hayate_sanpo6.jpg
「アネサン・・・」

「りーさん、ハヤテが、ハヤテが歩いたぁ!」






ただ、追われる陸の方は、
どうもしっくりこないようで、何度も止まっては振り返る。

私もどこまで近づけていいのかわかんなくて、
陸が止まれば私とハヤテも止まる。
陸が歩けば私とハヤテも歩き始める。

という
尾行のような散歩をしてたら、




いつもはもっとまったりする陸が、
「今日はもういいです」
と速攻、お散歩中止。




でもこの廊下は
陸がいなくても大分歩くようになりましたよ。








「オマエハ、ヒクナヨ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
↑「ムカつくわぁ」

[edit]

初めての『散歩(ハヤテ編)』 

以前何人かの方に

「うちの子散歩が嫌い」というような
コメントを頂いた。

そのとき私は
「そういえば、さくらも最初は苦手だったな」
なんて気楽に考えてたけど・・・・






っすいませんでしたm(_ _)m!!


そんな甘いもんじゃないんだ
というのを
内弁慶ハヤテとの散歩で実感。





マジ1歩も歩かない。

hayate_sanpo.jpg




なもんで、
ハヤテの散歩スタイルはこれ。

hayate_sanpo2.jpg




旦那さんに
「ハヤテは家の中でこんなに動いてんだから、
 そんなに嫌がるなら散歩にしなくてもいいじゃん」
と言われ、

おぉ、何という発想の転換
とは思ったけど、私はさすがにそこまで割り切れない。






一応、時々降ろしてみるけど、動かない。
hayate_sanpo3.jpg


さくらを抱っこし、さくらのリードも足して
離れてみるけど、動かない。


ここはさくらと散歩中もノーリードにして遊ぶことがあるんで、
ちょっと意地になって、
リードを放して、さくらと遠くに離れてみた。



き、来たよぉ。゚(゚´Д`゚)゚。



私を目がけて一目散。
初めてのことだったで、超感動。
















・・・約30分後ね。

現実は↓こんな感じ。


(※動画中、私の話声がしますが、
  この日、人間は私だけだったので、
  独り言かもしくはさくらに話しかけたのだと思います)

私のことなんか全くいに関せず
ずっと、草とか土とか松ぼっくりなんかを
堪能してましたよ☆








えぇ、子犬ってこんなぁ?!


さくらの時は、少し離れただけで
大急ぎで追いかけてきてくれたのに。












「ワリトヘエイキ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての「あぁ・・・情けない」 

本当は今日、愚痴ろうと思ってました。





私のブログを読んで、
「プッ」とまではいかなくても
「フフ」とぐらい笑ってもらえたらなぁと

さくらとハヤテとあった
面白かったことや楽しかったことを
思い出しながら、ニヤニヤして書いてきたけど


この2、3日のハヤテとのことで
(いつものことなんだけど)
なんだかそんな気分になれなくて。

ブログを更新するのも
ちょっとなぁっという気分になってて。




でもさっき
いつもの仰向けにする
ホールドスチールのような躾で

とうとうハヤテが仰向けのまま
目をつぶって寝息をたててくれた。


本当に寝たのかわかんないし、
まだ心底信頼されたわけじゃないだろうし、
今晩にもギャギャギャが発生して流血事件かもしれないけど、







・・・あぁ、よかった。



その寝顔を見ながら、
ちょっとうまくいかないからって落ち込んで
情けないなぁ、バカみたい。
と思った。






けど、

旦那さん曰く、
私は『宣言バカ』とのことなので、
「もう大丈夫!」とか言いながら
愚痴のブログが頻発するかもしれませんが、


今後もお付き合いいただけたらなと思います。







「ドウカナ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての『目覚まし犬』 

私はどっちでもいい派なんですが、
最近旦那さんがやたらと
「今日はさくらも一緒に寝よ」
と言います。



一緒に寝るのはいいんだけど、
朝になると
「飯をくれろ」

sakura_teshi.jpg

と、めちゃくちゃテシります。


以前は寝てる人には手を出さなかったのに、
旦那さんには問答無用でテシります。
(ご飯は私があげてるのに、助かります)



「だーめーだって」
「痛いって、さくら」
と、
旦那さんとさくらが揉めてる声で目覚めてます。

そうすると、
今度は私がテシりの対象に。


この時のさくらは
「ダメ」「やめて」と言われてる間は
明後日の方を見て素知らぬ顔をしてるんですが、

いざ
「飼い主が二度寝を始めようとしてる」
「抑えられてた前足が緩んだ」
となると、
よそ見からの振り向きざまにシテり、

興奮も焦りもなく完全なる『無表情』。
逆にご飯への真摯なまでの情熱を感じます。

sakura_enemy12.jpg



ここですぐにご飯をあげたらいけないと
30分から1時間の「無言」の攻防が続きます。





そこで旦那さんハタと気づいたんでしょうね。
私が一緒に寝るの嫌だと言うと、

「いいじゃん、絶対に起きれるし」




旦那さんが起きたい時間より、
私が起きたい時間は1時間から2時間遅いんです。

しかもうちの旦那さん、アフォだから
絶対起きれないくせに、
1時間以上早く携帯の目覚ましをかけるんですよ。



旦那さんはテシり攻撃にあっても
平気で2度寝できちゃうんですが、
私は無理。

だって、鼻の穴に入ったりするとすんごい痛いんですってば、
さくらさん!!

sakura_enemy13.jpg
エッ?!


でも、旦那さんは本当、夜しかさくらたちに会えないし、
さくらが一緒に寝てると幸せそうだから
あまり無下にもできないし。



ただね、
前に3時半と5時に目を覚ましたとき確認したけど、
さくらは自分のケージに戻って、
しっかり毛布にくるまって寝てたよ☆
朝、お腹が減ったがために戻ってきてたんだね☆





今まで大体7時半前後だったのが、
最近、6時50分と、6時11分と
どんどん目覚めが早くなってて、
しかもその前に旦那さんと揉めてる訳だから・・・。



仕事始めたばりで慣れなくて
最近お疲れさんだから、

もうちょっと寝かせて欲しいなぁ・・・。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『悪魔降臨』 

衝撃映像が撮れました。


あまりの恐怖映像なので、
可愛いさくらと共にご覧ください。

(※音が出ます。というか音を聞いてくれないと)












ギャー(;゚Д゚)!!!!

最後にちらっと、
『悪魔の子ダミアン』出てましたでしょ。


実際、
hayate_yancya.jpg
↑とかなるときは、
舌もはみ出てて、目もいっちゃってる感じで
もうちょっと興奮してます。
(おー、こわっ。ガタガタブルブル)




でも、最近は大分慣れてきて、
下顎に手を入れるタイミングも掴めてきたし、
前より早く落ち着かせることができるようになってきた。

何よりハヤテが「フーフー」と
自分を落ち着かせようとしてくれる時が増えてきた。




だから比較的、
始まっちゃうと大丈夫なんだけど、

起きるタイミングがわかってきただけに、


これをするととか、これ以上踏み込むととかの
「降臨するのか、降臨するのか、降臨しちゃうのか」
という、その瞬間が恐い。










あぁ、我が子なんだから

いつかは、いつでもどこでも
何の気兼ねもなく、
こねくり回せるようになりたい!







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「おもちゃの成れの果て」 

ハヤテをうちに迎えた当初、
私たち夫婦


3回目のワクチンが済むまでは




「さくらの口に入ったものは、ハヤテの口に入れない」
と、
息巻いてました。


なもんで、
最初のハヤテ専用おもちゃが
こそどろさくらに奪われたため(→コチラ)、


次の日に新しい子を購入してきました。

hayate_p-chan2.jpg
命名:ぴーちゃん




予想通り、速攻こうなっちゃっうんですが・・・。

hayate_p-chan8.jpg







さくらは
投げられたおもちゃを持ってきたり、

全体を噛み噛みして、
鳴るおもちゃなら
「ふぇっふぇ、ふぇっふぇ」
とお上手に鳴らして遊ぶけど、




ハヤテは
とにもかくにもハジッコを責めるタイプ。



ぴーちゃんも頭皮トサカや、タグがすぐなくなった。
hayate_p-chan5.jpg



だったら思う存分かませてあげようと、
この子を投入。

hayate_midorimusi3.jpg
命名:ミドリムシ君


あぁ、この頃すでに、私たち夫婦の
「さくらの口に入ったものは、ハヤテの口に入れない」
という決意は、

「まぁ、いいんじゃない」に変わっちゃってますヨ。


ミドリムシ君、
hayate_midorimusi2.jpg
即効でパヤパヤになっちゃいました。
(この子は現在、ブラックホールをさ迷い中で行方不明)





で、
この間ハヤテのゲージでぴーちゃんを見かけたら、










!!
hayate_p-chan6.jpg

口から泡をふいてたんで、救助しました。
(ぴーちゃん実はディーちゃんだったんだね)


代打として投入したペンギンさんも
こんな感じに。

hayate_penginsan.jpg

わかりませんか?
大事なのはぴーちゃんが見切れてることじゃなくて、



頭部が損傷してることです。
hayate_penginsan2.jpg

でも、
綿を取りきってみると、こんな。

hayate_penginsan3.jpg

飼い主判断で、
「まだ、やれる!」と、現在も現役です。




ならば、ぴーちゃんはどうかなぁ・・・?










hayate_p-chan7.jpg

い、いける・・・?


余談ですが、
この時、指がカメラのズームにかかってるのに気づかず、
「ぴーちゃんがどんどんアップになってくる?!」
という恐怖を体験しました(笑)。








↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めてのパピーパーティ(ハヤテ編) 

犬部屋を出た時点でこんな感じだったし、
hayate_bibiri3.jpg
(※これはイメージ画像です)


パーティで自己紹介してる時でもまだこんなだし、
hayate_bibiri3.jpg
(※これもイメージ画像だよ)


さくらの時も経験してるから、

『ワンコの触れ合いタイム』が開始され、
後ろ足にビッチリ入ったシッポを見ても、

色んな子が挨拶しに来てくれてる間、
しゃがんだままカチンコチンで全く動けない姿を見ても、

「まぁ仕方ないか」と思えた。




あんまりに固まってて可哀相かなと抱っこしてたけど
このままじゃ何しに来たのかわからないんで、

みんなと少し離れたところで、
もう1度床に降ろしてみた。






今回参加させてもらったパピーパーティは
2回の『触れ合いタイム』があって、

さくらの時は、
それこそビビって、部屋の隅に逃げたり
私の足にしがみついてきて
「抱っこ、抱っこ」って感じだったけど、

それが2回目の『触れ合いタイム』の時には
どう吹っ切ったのか、トコトコ歩き出した。

まぁ、他のワンちゃんと挨拶するとかではなく
部屋の隅とか机の足のゴミを舐めてただけでしたけど。





「でもな、ハヤテは尋常じゃないビビリだからなぁ」
と思っていると、
あるワンちゃんの匂いを嗅ぎに行き、
さっきまで後ろ足にしまってあったシッポを
軽く上げてフリフリし始めた。


これが、ハヤテが吹っ切った瞬間。

hayate_party3.jpg







それでも1回目の『触れ合いタイム』が終わって、
席に着いてトレーナーさんの話を聞いてる時は
やっぱりこんな。
hayate_bibiri3.jpg

そうそうすぐには慣れたりできないようで。




でも、
2回目の『触れ合いタイム』では
もう大分慣れたご様子で、
ビクビクはしてるものの
自分からどんどん匂いを嗅ぎに行き、
時には連なって嗅いだり嗅がれたりできるようになってた。

hayate_party2.jpg


もう最後の方には、
キャッキャッというほど興奮してるわけじゃないけど、
フロアの中央にもグイグイ行けるし、
ワンちゃんが集まってるとこにも参加してたし、

hayate_party4.jpg

動きが軽やかで
飼い主の目には楽しそうに見えました。





で、2回目の『触れ合いタイム』が終わって、
最後に席に着いた時は、
こんな。




  ・
  ・
  ・
















hayate_bibiri3.jpg



はぁ?!

ハヤテにとってこの行為って
とりあえずやっとけみたいな、ポーズなんだろうか。


まぁでも、
一生懸命なやんちゃ坊主に見えて
いやぁ、次回も仕事が休みだったら是非参加したい!
と思いました。



実際、この前日は
↓こんなやんちゃ振りをみせてくれてたんだけど。

hayate_yancya.jpg


飼い主の心のバロメーターは
上下にブンブン振られまくりです。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「機能性は戦車クラス」 

おはようございます。




今日はハヤちょん、初めての「パピーパーティ」。
飼い主もどうなることか、ドキドキでございます。

たかだか2ヶ月弱ブログしてないだけだし、
ハヤテを迎えてからは1ヶ月強しかロスしてないのに、

毎日ワッセワッセと更新しても
なかなか現在に追いつかない。
なんで、「パピーパーティ」の報告も、もうちょっと遅くなりそうです。



それだけ、パピーの頃はたくさん変化があり、
この1年はとても大切なんだと思ったりしてます。

だって、最近のさくらは特に変化もなく、
いつも私の前に『お座り』して、
真っ黒い目でじーっと見つめてくるだけ。

sakura_pri.jpg
(さくら、嗅がれてるよ)








ってね、

私としては、この時間がたまんない。


さくらとこんな時間を過ごせるようになったんだ、
大人になったなぁと実感したり、

もう毎日のように、
「さーちゃん可愛い。なんでそんなにべっぴんさんに生まれてきたのぉ」

撫でまわしまくってます。

で、
2人でそんな甘い時間をすごしていると、









・・・悪魔の子『ダミアン』登場、ですよ。

hayate_damien.jpg









突進してきて、さくらを蹴散らし、
私のあぐらの間にすっぽりはまり
hayate_damien2.jpg



戦車並みに
360度とはいわないけど270度ぐらいは
ピラニアのような噛み付きをみせてさくらを

寄せ付けない、

hayate_damien4.jpg



寄せ付けない、

hayate_damien3.jpg



寄せ付けない!!

hayate_damien5.jpg
(監視中。)


こんな時、
さくらとイチャイチャして日頃の疲れを癒したい私は、

『噛み噛みおもちゃ~』

ドラえもんバリにハヤテの好きなおもちゃを取り出して
1人遊びをさせちゃう。



・・・って、
いやいや、この1年が大切なんでしょって。




しかし、
揉めてもいいから、
もう少しまったりした時間も増えて欲しいなぁ。







↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『目力』 

愛犬のトイレ察知は早くしなければいけません。

もよおした愛犬の移動中、
畳の上にう●こを落としてはいけません。

間違っても、それを踏んじゃったりなんかしたら絶対ダメ!!
んもう、グイグイ食い込んで大変なことになるから。
本当に大変なことになったから。゚(゚´Д`゚)゚。



これはついさっきのハプニング。
おかしいなぁ、1回前の小はちゃんとトイレに戻ったのに。






さて、こっからが本題。

さくらの目は真っ黒。
しかもほとんど白目が見えない。
そのせいか、いつもポォっとしてて
眠そうな顔に見える。

sakura_princess4.jpg


それでも最近にハヤテが来たせいで
こんなや

sakura_sirome2.jpg


こんなで

sakura_sirome.jpg

白目さんが大活躍して表情豊か☆




ハヤテは黒目自体にも色があり、
しかも白目が見えるのと、
何より色が変わってきて、
この「目張りと」と「眉間のしわ」のような模様が

hayate_shirome.jpg

より一層、『目力』をパワーアップさせている。



赤ちゃんの頃から、物思う視線。

hayate_shirome6.jpg


まだまだチュッパチャップスしちゃってるくせに、鋭い。

hayate_shirome4.jpg


それは
意味もなく「すみせんした!!」と謝りたくなるような、切れ味。

hayate_shirome2.jpg




↑に書いたように
ハヤテはトイレがまだ、全然ダメで

いつもは
ものすごい飼い主にまとわりついてるか
ものすごくさくらを追い掛け回してるのに、

1人でソワソワと離れていくときは大抵トイレ。



この前、
うしろにいるなっと思っていたハヤテが
スッと静かになったから
「やばい、トイレだ」
と慌てて振り向いたら、









寝てた。

hayate_sleep.jpg

悩み大き中間管理職のような顔で。



なんで、なにが、そんなに苦しいの、辛いの?

ご飯が3回しか食べられないこと?
外が恐いのに散歩に連れてかれること?
お姉ちゃんより短足なこと?








「いいから、寝かせろよ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチっとどうぞ」

[edit]

初めての『味のあるお方』 

昨日、
ずっと欲しいと思っていたハヤテの画像をゲットした。



それが、コレ↓。

hayte_first.jpg







ハヤテと出会った当日は
さすがに決められず、


夜、
帰って早速そこのペットショップを検索したら、
(まぁ、この時点でやられちゃってるわけだけど)




子犬紹介の画像が載ってて
ハヤテを探してワクワクして
見たのが、コレ↓。

hayte_first.jpg


旦那さんと、あ、あれ?と微妙な空気になっちゃたよ(笑)



顔と体のバランスもおかしいし、
なんか人っぽいし、
何よりすごい味のある顔だし。

他の子は、みぃ~んな可愛いく写ってたのに、
若干、悪意さえ感じましたよ(笑)


「いやいや、違うでしょ。
 今日私が抱っこしてきた儚げなかわい子ちゃんは
 こんな面白顔じゃなかったはず」
と、確認(?)のため、何度も何度もクリックしちゃったよ。


で、
早速次の日それを検証するためペットショップに行き、
やっぱりこんなにかわい子ちゃんだったとノックアウト。



だってハヤテってこうだし。

hayte_first2.jpg


・・・あれ、あんまり変わらないですか?






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めてじゃない「まだまだ現役」 

毎晩、歯磨きタイムには
可愛い可愛い我が家のハヤテに悪魔が乗り移ります。

なんで最近、夜がちょっと憂鬱なんですが、
めげずにブログを更新しますよ。ワッショイ。





小型犬に関しては、
他の方のブログを見てると猫の方が寒さに強い。


うちもご多分に漏れず、
少しの寒さや風で
カタカタブルブル震え出すチワワたちに比べ、

びっくりする程寒い日に
陸が廊下で長い時間じっと座って待ってたりして、
「寒いから、こっちにおいで」と言っても、
気分が乗らないのか全くの無視。



けど、
ストーブのある部屋にいるときは
「陸、焦げるよ」
というぐらいストーブに密着してるんで、

寒さに弱いというより、暖かいのが好きなのかなぁ、と思う。


なんたって少し前の『大寒波』の夜。






散歩。
riku_kanpa.jpg

いやいや、無理だから。
見てるこっちが寒いから。

さすがに10分もせず、散歩は終了となったけど。



今年で18歳。
まだまだお若いですなぁ。




↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「ショートショート」part2 

『我が家の三つ巴』

sakura_short5.jpg





『や、やられたぁ!』

さくらの場合
sakura_short7.jpg


ハヤテの場合
sakura_short6.jpg





『おい、誰がやった?!』






















sakura_short8.jpg

・・・多分、あいつ。




●●●おまけ●●●
「今日の1枚」

hayate_kururi.jpg


よくお邪魔させて頂くブログで
前脚を丸める画像が載ってて、

「そういえばハヤテもよく丸めてるな」と思い
是非うちもとチャレンジしてたけど
なかなか撮れず、今日やっと成功した。

hayate_kururi2.jpg

でもきちんと探したらありました(エヘ)。


ハヤテも大きくなったなぁ・・・。




↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「心がトロける5秒前」 

さくらはパピーの頃、
おもちゃで遊ぶ時は
必ず体の1部をピトッとくっつけるんだけど、

sakura_play.jpg

膝に乗せたり、
仰向けになってお腹に乗せたりしても
手を放すと、すぐに降りてしまう。

抱っこも
散歩の時以外は体をくねくねさせて
降りたいとアピールしてくる。



それが1年もしたら、
「撫でて」とぐいぐい膝に乗ってくるようになった。





ハヤテはものすっごい短い足で、
ちょっと大きめのおもちゃをくわえて、
「よいしょ、よいしょ」と膝に登ってくる。

で、ちょっと遊んではボトりと落とし、
ちょっと待って(私が拾ってあげることもあるから)、

sakura_knee.jpg

自動的には戻ってこないと悟ると
拾いに行っては、
また「よいしょ、よいしょ」と登ってくるのを繰り返す。




つまり、
最近私の膝上は大人気なわけです。デヘヘヘへ。




ハヤテと1ヶ月も一緒に過ごしたら、
最初は噛まれっぱなしだったさくらも
口を返すようになった。

こんな風に。
sakura_knee2.jpg



私、初めて知ったんですが、

こんな時も、
sakura_knee4.jpg

こんな時も、
sakura_knee3.jpg



無音なんですね。

なので我が家では『喧嘩』ではなく『揉め事』と言ってます。

で、
どっちも膝に乗りたいもんだから、
私の膝上というものすっごいちっさい世界で
毎日のように揉めてるわけですよ。
(うつ伏せで本を読んでると、
 私の顔と本の間という狭い空間で揉めます)

sakura_knee5.jpg




それが
昨日たまたまお互いに遊びたいおもちゃが違ってて、
膝の上でクロスしながら、静かにハミハミしてたんです。

いつもなら上に乗られたとか、
さくらの足がそこにあったからとかで、
すぐに噛み付くハヤテもおもちゃに集中。




心がフワッと軽くなるというか、
今まで知らなかった種類の『癒し』を経験しました。


ただ、膝の上に犬が2匹いるというだけなのに、
ものすごい幸せで。


「めちゃくちゃ写真に撮りたい」
「でも今動いたらこの幸せがなくなるかも」
と、
二人を撫で回しながら葛藤してました。



しばし堪能したあと、
「やっぱりどうしても画像に残して、あとでも楽しみたい」
という誘惑に勝てず、カメラを取りに行ったら、

なぜか昨日の二人は
それでも揉めることなく大人しく座っていたので、

「しめしめ」
と撮ってはみたものの、
膝の上だと近すぎるし、
sakura_knee6.jpg


自分撮りは慣れてないしで、
sakura_knee7.jpg



あとで見ても幸せになれるような
満足のいく写真は撮れなかったぁ。゚(゚´Д`゚)゚。


で、
私が「あーでもない、こーでもない」と動くから、

ほらほら段々と、
sakura_knee8.jpg

いつものお二人さんになっちゃった。
sakura_knee9.jpg





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての「それから、どうなった」 

さくらを迎えて丁度1年目。

初めてのだっこ


こんなお姿に一目惚れして、
衝動的に我が家にお迎えしました。



初めてのことばっかりで、もう頭パンパン。

いい子に育てなきゃとの
強迫観念に若干育児ノイローゼ気味になり、

拙い知識で、
「やれることはやろう」と、
あんなことや、こんなことを自分なりに頑張ってきたわけですが。

SA+053_bro.jpg



今どうしても、「これだけはやめて欲しい」というのが
『遠吠え』。


以前、さくらの「吠え」に関して書いたんですが、
(→コチラと→コチラ

その中の、
「クゥーン、クゥーン」と鼻をならしてる内に
スイッチが入って「ワォーン」と吠え始めるというのが、
このところ酷くて。



ご飯の用意をしてて、それ系の音がしたとき。

車に乗ったとき。
(車は結構静かに乗れるようになってたのに、
 避妊手術後は必ず遠吠えが出るようになってしまった。
 手術が関係あったのか、その時期とたまたま重なったのか)

あと、気が向いたとき(苦笑)。

まゆげ




なんで1日に何回か発生するわけで。


これが広大なお庭のある1軒家に住んでるなら、
あまり気にしなかったかもしれないけど、

苦情が出て住めなくなってしまうと困る。


でもこの時のさくらは、精神がどっか行ってて
私の声も殆ど聞こえてないんじゃないかと思う。
(時々出る、「ワンワン」は「静かに」というと
 やめてくれるんだけど)


『遠吠え』をさせないというのは諦めてて、
出たら早めにやめさせようと
音を出したり、毛布をかけたりして対処中。

sakura+032_2_bro.jpg



「これだけはやめて欲しい」
とはいっても、

きっと『遠吠え』が治ったら
次はこれをやめて欲しいとか、
あれをして欲しいとか出てくるんだろうな。




例えば、
毎晩必ず抵抗する歯磨きを素直にさせて欲しいとか、

爪切りは1回に2本切るのも大変で3本切れたら大成功なんで、
1回に1本の足ぐらいはやられせておくれよとか、

食糞は私がマッハで拾うから、
どうか拾い食いは勘弁しておくれでないかとか、

仰向けにするというだけなら
ハヤテの方が全然素直にさせてくれるじゃないかとか。
(多分、ハヤテは仰向け後、まだ嫌な体験をしてないからかも)



あらヤダ、やっぱり結構あるじゃない☆




まぁ、治ってくれたら万々歳だけど、

怒ったりせず、
イヤイヤながらもある程度はさせてくれこと、
穏やかなこと、
食べ物が絡まない限りは
私を常に見上げてくれること、

sakura+088_bro.jpg


1年間すんごい楽しませてくれたこと。




差し引きしたら超プラス

これからもプラスの人生をどうぞよろしく。






↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

初めての『お供』 

hayate_doll.jpg
この悪そうな顔で『はむはむ』してるの、
ハヤテの初めてのおもちゃ。


うちは転勤族なので、
引越し先で寂しくならないようにと、
ひとつ常にケージに入れておくおもちゃがあって、


さくらの場合は、随分前にご紹介したこのお方。
一代目くまプー2




さくらは本当に飽きやすくて、
投げて取ってくるのはまぁまぁ好きでやるけど、

買ってあげた当初は大興奮のくせに、
1人で噛んだりするのは、
そのうち10分もやってればいい方。


↑の『くまプー』は遊ぶというより、側に置いておきたいようで、
小さい頃は何度ケージに戻しても、
出てる間は何回も何回も運んできては放置してた。



なので、
よく他の方のコメントやブログで、
おもちゃやベットが破壊されるというのを見てたけど、
うちは痛みこそすれ、壊れたことは1回もなかった。






のに、
hayate_doll2.jpg
もう壊れたよ☆





けど、犯人はこの人。
sakura_princess.jpg
ナニカシラ。

自分のおもちゃはたいして執着しないくせに、
ハヤテのケージに入ってるとなると気になってしょうがない。


『盗人さくら』登場ですよ。
hayate_doll3.jpg

もうケージにひっかかってようが、
お構いなしにグイグイやるんで、
『ペンギンさん』は1週間もせずに腕を負傷ですよ。

hayate_doll4.jpg
(あ、ハヤテ気づいたよ)





そのうち今度はハヤテが、さくらのケージに侵入して
『くまプー』を持ってくるようになった。
hayate_doll6.jpg


それはそれで嫌なようで、


しょっちゅう2人で、
争って、争って、

組んず解れずしては、

争って、



















お供えしてた。
hayate_doll5.jpg

あーそーべーよー。





↓「ポチっとどうぞ」

にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。