FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての「さーちゃん、事件です」 

動物病院の待合室にいると、



ものすごいエネルギーに溢れた奥様と
ちょっと萎れた感じの旦那さんが入ってきた。

ちょっとすると奥様の携帯に電話が。


暇だったので、
アバンティ並みにちょっと聞き耳をたててると、
(わかってくれる人だけわかってくれたらいいのよ)





何とその内容が衝撃的。

sakura_kikimimi.jpg



そのご夫婦が飼っているチワワが
前日、旦那さんと散歩中、よその犬に

2箇所も縫合が必要になるぐらい噛まれ、



しかも
その噛んだ犬はもちろんのこと、
飼い主までも逃げてしまったらしい。



その噛んでる間、
相手の飼い主はどこにいたかとか、

奥様が「顔を見たってわかんないし!」って言ってるけど
旦那さんはその飼い主の顔を覚えてないのかとか、

電話越しなんでいまいち内容がはっきりしないけど、



心の中で「マジで」「えぇ!」と驚いてると、




「そう、○○でよ」

って、
↑の○○は私たちが住む町内名。

sakura_kikimimi2.jpg




電話を取り上げて、
「それはどんな色のどんな大きさの犬でした?」
「リードは付いてたんですか」
「○○の大体どの辺で遭われたんですか」
と問いただしたい気分。


でも、奥様の怒りのパワーが強すぎて。




そのあと、その子を見たけど
取り合えずは無事なようで、

一生懸命ご夫婦に「クンクン」いってました。



・・・と、ひと安心ともなれば、
私も奥様と一緒で次に出てくるのは

やっぱり『怒り』だと思う。



人ん家の犬にそんなことしといて、
とっとと逃げ出すなんて!!

sakura_kikimimi3.jpg




そして奥様は電話を切る最後の最後に、
「そう、だからもう外に出さない!
 それか、私と一緒じゃなきゃ散歩させない!!」
と言ってた。



あぁ、だから旦那さんはそんなに萎れて・・・。

大丈夫ですよ、時間が経てば奥様も許してくれますよ。










・・・多分。




●●●覚書●●●
11月29日のグルーミングの5日ほど前、
肛門腺を絞ってみたけど、何も出ず。
たんに溜まってないのか、絞れてないのか。

お店の人に、どのぐらい出たか確認しておいてもらうと、
「出ましたよ、結構」と報告を受けた。
肛門腺は奥が深い。



↓「ポチっと願います」

にほんブログ村 
スポンサーサイト



[edit]