FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めてのホールドスチールの使い方 

sakura_20120820.jpg
(2012.08.20)







前にも書いたように(→コチラ)、
パピーパティで教わって、さくらにはホールドスチールをしてた。
sakura_hold2.jpg


やり方は色々あるみたいだけど、
私が聞いたのは、
さくらを仰向けにして片手で両前脚を、もう片方の手で両後脚を固定して、
自分の胸から下、お腹ぐらいに押さえつけるというもの。

マズルの長い犬種の場合は、前脚を掴んでる手で、
そっとマズルを上から押さえ、
さくらのように鼻が短い場合は、
人差し指などをマズルの上に添える。


この固定した状態を、
出来れば5分、最低でも2分は続けるというもの。



この時に大切なことは、
犬がどんなに暴れても離さないこと。
ここで開放してしまうと、嫌がることにより
許してもらえるんだと思ってしまうからだそうで。

それともうひとつ、
話しかけたり、目を見たりしてはいけないそうな。
sakura_hold3.jpg




って、始めた頃はさくらもすごく嫌がって、
小さい頃は全然吠えない犬だったのに、
「キャンッ!」
てなかれて、
私がやるのを嫌になってた。




でも、
今になると、最初こそ少し嫌そうにするけど、
「フン」とため息をついて諦め、すぐに脱力するようになった。
場合によっては、そのまま寝ちゃうことも。
(って、これ書きながら、本当に諦めないで続けることが大事なんだと実感)





で、
まだ固定するまでに、嫌がられて戸惑ってたとき、
「でさ、それができたとして、何の意味があるの」
と、旦那さんに嫌味なスパイスがきいた一言をもらった。
sakura_hold.jpg




・・・確かに。
もしかしたら、
やってなければもっと扱いにく子になってたかもしれない。

だけど、
やってたから、できたから、こんな素敵なことがあったわよと
いえることはないし・・・。



って、思ってたら、あった、あった、あったんです!




歯磨きの時、唇をめくろうとしたら
「ん、これは甘噛みかな?」
というぐらいの勢いで、
しつこく噛んで抵抗してきた時があって、
sakura_hold6.jpg


「!」と思って、
ホールドスチールしたら、静かに歯磨きさせてくれるようになった。
(ま、本当に少しの時間なんですけどね)





って、本当はここで終わるはずだったけど、
歯磨きに関して事件勃発。

長くなったんで、続きは次回。






↓「つづく・・・」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]