うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての『尻をギュッとね』 

sakura_20120913.jpg
(2012.09.13)





「さくらのいいところは、諦めるところ」




うちの爪切り事情は、
ずーっと前に書いたコチラな感じ。


だったんだけど、
最近1日2、3本、
しかも私がビビリなため
「それは切ってるの?それとも削ってるの」
というぐらいしか切れないんだけど、

なんとか少しずつ切らせてくれるようになった。
(ただ、あんまりちょっとずつなんで、
 結局はまだまだペットショップのお世話になってる(´∀`*))



ただ、
毎晩の歯磨きのときも
爪切りのときも、


それはもうゴネル。
それをどうにかこうにか諦めずに続けてると、
最終的に、
「んふ~」
と鼻から息を抜いて諦めてやらせてくれる。
(飼い主としてとっととため息ついて頂戴というとこ)






で、
いつの日にか自分で爪を切れるようになった暁には、
肛門腺も絞ってやらねばと思って、


この前ペットショップで絞ってもらってから
約1ヶ月後、いざ出陣とあいなりました。




じつは、
さくらを家でお風呂に入れるのはまだ2回目。



sakura_bath.jpg
(ちなみにこれは1回目のとき)



お風呂に入れる前から、
「溜まってきてるかしら?」
と何度か肛門まわりをチェックしてみたけど、
どうにもよくわかんない。



だいたいこの辺?
というとこを『ギュッ』としてみるんだけど、
どの程度力を入れたらいいのかがわかんない。



力が足りないから出てこないの?
そもそも溜まってないから、これ以上すると虐待?
なんて考えながらチャレンジしたけど、


残念ながら撃沈。

sakura_bath2.jpg
(恐がって一生懸命登ってくるもんだから)


その次の次の日ぐらいに、
朝旦那さんがさくらのう●こと、
茶色の液のついたティッシュを渡してきて、


「あ、それさ・・・」
「何?」
「うーん、別にいいや、捨てて」


と何とも煮え切らない様子。

sakura_bath3.jpg
(一緒にシャワーを浴びるハメに)



その日の夜に、
朝渡した紙についてたのは絞って出たものだと言ってきた。

ただ、本人もそれが本当にソレなのかは自信なし。




話を聞くと、
「黒緑色」だった。







ということなんですが、
お聞きしたい。

この
「黒緑色」
正解?





※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)と、
さらに
小学校以来の顔が変形するほどの歯痛に悩まされているため
更新、コメントの返信等、遅くなっておりますが、ご勘弁を。






にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「お疲れした」



スポンサーサイト

[edit]

初めてのお尻の匂い 

sakura_20120911.jpg
(2012.09.11 10ヶ月目に突入)





大学病院(→コチラ)の帰り、

思ったより早く終わったので、
前回行ったドックラン(→コチラ)にお邪魔してきた。



その日は、
中大型犬の皆さんしかおらず、
しかもガウガウ合戦中だったんで、
管理人さんがやんわりと、
別の場所に誘導してくれた。


さぁ、
2時間、車の中でカゴに入れられ続けたストレスを発散するがいい
と、貸切状態のランにさくらを解き放った。


で、こんな感じとか
sakura_run.jpg

こんな感じに
sakura_run2.jpg
(撮れてないし)
遊んでると、

管理人さんと管理人さんのワンちゃんが様子を見に来た。







そしてついに!
さ、さくらがやりました!やりましたよぉ!!↓


まさかさくらが他の犬に近づいていくなんて、
そのうえお尻の匂いを嗅いだりするなんて、
思ってもみなかったんで
最初の嗅いでたとこは撮れなかったぁ!


管理人さんのワンちゃんは、
まるでリードが繋がってるかのように、
管理人さんが動くと、
一緒に移動してしまうんで、
さくらに気づきもせず、トコトコ行っちゃって、
嗅ぎきれなかったみたい。




お尻の匂いを香っただけで大げさかもしれないけど、
パピーパーティに行ったときから

匂いを嗅がれても
気づかないふりをしてるか、固まってるし、

自分からは
相手の子の顔をじっと見つめて
恐くなって急にダッと逃げ出しちゃうんで、

挨拶の仕方を知らないんだろうなぁって思ってた。




動画の最後に
どうかはわかんないけど、
思い余った感じで旦那さんのとこに走ってったのも
私としては感無量。゚(゚´Д`゚)゚。!


さくら、いつの間に覚えたの?
勇気を出してがんばったねぇ。



と、親ばか全開な1日でした。





※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)と、
さらに
小学校以来の顔が変形するほどの歯痛に悩まされているため
更新、コメントの返信等、遅くなっておりますが、ご勘弁を。







↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めての「いざ!大学病院へ」 

さくらが今回大学病院へ行くことになったのは、
何度か書いてるけど、
血液検査の結果、腎臓の数値が平均値より高いため。

全身麻酔は普通の状態でも
少なからずリスクがあるため、
出来れば正常な数値に近づけてから
避妊手術をしようということに。
(ここポイントなんで、覚えておいてくださいよ)
sakura_mori.jpg



そのため、
食事を変えたり、レントゲン、エコーととったり
おしっこを調べたりしたけど
数値は変わらず、原因はわからないまま、

地元での最終の血液検査では、
さらに他の腎臓関連の数字も
少しだけど高くなっていたため
1度大学病院で調べましょうということになった。



大学病院では
検査の前に先生が丁寧に
どんな検査をどんな目的で行うのかということを説明してくれた。


その中に、
100%ではないけれど、
さくらの腎臓の数値が高いのは
先天性のものかどうかをわかる検査があり、

方法としては左右の腎臓の3箇所から
細胞を取ってくるために全身麻酔をかけるというもの。








・・・え?!パードゥン?

いやいやいやいや、
全身麻酔をするのが危険かもしれないから
検査をしてもらうために来たのに、
検査のためだけに全身麻酔するの?

卵が先か、鶏が先か・・・。
sakura_mori2.jpg



しかもその検査で亡くなった子はいないけど、
軽重度の差はあれ、約25%で何らかの副作用があるそうで、

重いと血尿が酷く貧血を起こし輸血ということにまでなることも。


今回は宿泊する予定ではなかったんで、
そんな検査をしたあと、
約2時間車に乗せてストレスをかけるのも嫌だし、

もし最悪、輸血が必要になったとして
地元でそれに対処できるかどうかもわからない。





そしてなにより、

今、先天性のものだとわかっても
特に治療法はないということだった。

血液検査を続け、数値が上がってきた時に
薬を投与したり、ビタミンを与えることぐらいしかないという。


だったら、
その検査をしなくても定期的に血液検査をして
数値が上がってきたら、同じように対処すればいいじゃないだろうか?
sakura_mori4.jpg




検査をし、避妊もするとなると
最低でも2度全身麻酔をすることになり、
さらに検査によるリスクもあって、

それじゃ、さくらの体への負担が大きくなるだけだと思った。



検査をして先天性のものだとわかると、
他に原因を考える必要はなくなるわけだけど、

だったら先天性以外で原因になりそうなとこを検査しもらって、
それが全部異常なしであれば、
先天性なんだと思うことに決めた。


そしてさくらには申し訳ないけど、
定期的に血液検査もしてもらうことにする。




で、
今回はいつもより詳しく血液検査をしてもらっただけで帰宅。

結果はまだなんだけど、
大学病院の先生は、これ異常数値が悪くならないようなら
避妊手術もできるかもしれないと言ってたので、
検査の結果を待ってから考えることにする。

それで今後先生と相談し、もし必要だと感じたら
その避妊手術の時に、検査も同時にしてもらおうと考えてる。
sakura_mori5.jpg








しかし、
これって電話で教えてもらうことはできないことだったのかな。

「また来てね」と言われて、
「はい、わかりました」と行ける距離じゃないし。

だから
地元の先生にも大学にも、
なるべく何度も足を運ばずに済むように確認を取ったのになぁ。

何よりこんなこと急に言われても
なかなかどうしたらいいか決められないよ。


まぁ、もちろんさくらだけが患者じゃないし、
距離が遠いなんてこっちの都合だし、
地元の先生↔私↔大学の事務の人↔大学の先生って、
話が通るまでもあったしな。




唯一の救いが、
大学の先生がとてもいい方で、

「俺は頭がいいんだ。素人は口出しせずに、黙って検査を受けろ」
(大学の先生たちごめんなさい。私の中のイメージってこうでした)
ってなことはなく、

全てを細かく説明してくれて、
言いづらそうなことも話してくれたし、
私たちの話もじっくりと納得するまで聞いてくれた。

だから先生に質問し、旦那さんと相談して、
じっくり考えて答えを決めることができた。




なかなか進まないけど、
取りあえず方針が決まっただけで『よし』としよう
ってな感じの
さくらとの初めて小旅行でした。






↓「今度はゆっくり旅行しよう」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村


[edit]

初めての好きな男性のタイプ 

sakura_20120909.jpg
(2012.09.09)






建築現場なんかに行くと、
さくらは近所のおっさんばりに作業を見守る。

よく行く散歩道の
1軒のお家が立つ過程も2人で見守ったし、
今家の前が駐車場になろうとしてる
解体作業も興味津々で観察した。

植木を切ってる人なんかも
私が恥ずかしくなるほどのガン見。



これが警備員さんの要素が入ってくると、
どうやら「恐い」にシフトするようで、
しっぽが下がって、行きたくないと意思表示してくる。

さらに、
ヘルメットなんか被ってると
バイクが苦手なため、
「恐い」メーターがマックスに近づく。






この前、
雨の降りそうな寒い日、
そそくさと散歩を済ませてしまおうと歩いてると、
カッパを着て道路を工事してる人たちに出会った。

その場に座り込んで、
「作業は見ますよ」と意思表示してくるんだけど、
ヘルメットな上にカッパがどうにも恐いようで、
ちょっとした音や動きにビクッビクッとした挙句、
へっぴり腰で全然進めなくて、
あえなく飼い主が抱っこということになった。






なんてなことを旦那さんに話すと、
「そうか、さーちゃんはガテン系が好きなのか」
とまたまた甘く囁いていた。


なるほどね。
思えば旦那さん、サラリーマンなのにいらなく「ガチムチ」だものね。
sakura_a-san.jpg





●●●覚書●●●
10月24日 盛岡の動物病院で検査。
色々あって心も体もお疲れさんな日だった。





↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めてのそれ全て・・・。 

sakura_20120905.jpg
(2012.09.05 オイ、トイレどうした)





ヒートが終わったんで、
カットしてもらったんですが(参照→初めてのカットからのぉ、残念!)、


お腹が
sakura_bust.jpg
だったんで、
sakura_bust2.jpg
してもらいました。



それはいいんだけど、
こうなるとお座りをしてるとお腹がとっても良く見える。


すると、
プニっとはみ出してるわけですよ、お腹が。



旦那さんも横になりながら、
さくらのお腹をプニプニ揉みながら、
「なんだ、このお腹。さーちゃん太っちゃった?」
と甘い声を出しておりました。

けど、
触ると肋骨に触れるし、
上から見てもきちんとウエストはくびれてる(アラ、ウラヤマシイ)。




さらに、仰向けのお腹をサスサスしてると、
「ん?!」
何やら手に当たる『しこり』のようなものが・・・。
sakura_bust3.jpg

いやいや、と思いながらも不安になって、
病院に行ったとき、血液検査が終わったあと、
「先生、ここにしこりのようなものがあるんですが・・・」(←とても真剣)
「あぁ、これはおっぱいですよ」

「先生、さくら太ってます?
 座るとお腹がはみ出るんですよ」(←とてもとても真剣)
「あぁ、これもおっぱいですよ」




そう、すべておっぱい
ヒートが終わっても少しの間は、
ヒート中とは違うホルモンが出てるそうで、
その影響でさくらのおっぱいも腫れてたんだね。



と、旦那さんに報告すると、
「え、じゃあ俺毎晩さくらのおっぱい揉んでたんだ」
「ってか、軽く引っ張ってたじゃん」







にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ごめんなさい」

[edit]

初めての『モッサァ~』 

sakura_20120904.jpg
(2012.09.04 まったり)





マウスの電池がなくなったようなんで
ではそろそろ変えましょうかと開けてみると、







モッサァ~。
sakura_mosa.jpg


と、
こう隙をついてですね、
さくらの毛が入り込んできちゃってるわけですよ。




最初にさくらの毛を『ごっそり』いってやろうと
用意したのが↓。
sakura_mosa2.jpg
「え~、チワワの毛をそれで取る気?クスクス」
と聞こえてきそうですが、
私は本気でこういうのでいけると思ってました。


どんぐらい本気かというと
次に用意したのが↓。
sakura_mosa4.jpg
うーん、1回のブラッシングにつき、
取れる毛の本数はだいたい5本ぐらい?
と、
『ごっそり』なんか取れやしない。



というのも陸(猫)ちんが、
なぁ~んにも考えずに買った↓で『ごっそり』いかせてくれたから、
sakura_mosa3.jpg
同じ雰囲気だったらいけんじゃないかと・・・。
(もう10年以上お世話になってる骨董品級)

さくらの毛に対したら
目が荒いなんて発送は全然なかった。





あまりに取れないもんで、
ペットショップで相談してみて、勧められたのが↓。
じゃーん!
sakura_mosa5.jpg
結構プロっぽくなりましたね。


でもね、
上の2つに比べたら取れはするんだけど、
「こんなもん?」って感じ。
陸のブラッシングをしてるときの、
『ごっそ~』っていう爽快感がなくて・・・。



で、
ブログで何度か見かけて、
「いやいや、それは嘘でしょぉ」と思っていた
禁断のあいつを投入してみたした。






そう、彼↓。
sakura_mosa6.jpg
相当プロっぽいですよ。

でも、これも取れるには取れるけど、
思ったほどでは・・・。





はっ(゚o゚;;!!!
もしかして、さくらって『ごっそ~』とは抜けないタイプ?


確かに、廊下でコロコロ~っと風に吹かれてるのは
毎日毎日『ごっそ~』と取ってる陸の毛だもんな。





※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)で、更新、コメントの返信等、
遅くなっておりますが、ご勘弁を。







↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めての冬仕様 

sakura_20120902.jpg
(2012.09.02)





旦那さんが帰って来まして、
帰りはお迎えにあがることが多くなった。



暇なもんで、
この方にもお付き合い願ってるわけだけども、
sakura_omukae2.jpg


基本は裸族で過ごしてるさくらだけど、
最近は東北地方、
すっかり寒くなったので、ジャンパー何かを着せてみてる。



















なんかもう、
sakura_omukae3.jpg
人みたい。





※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)で、更新、コメントの返信等、
遅くなっておりますが、ご勘弁を。







↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めての1時間 

sakura_20120830.jpg
(2012.08.30)






さくらにはおやつをあげてないんだけど、
歯の関係上で歯磨き系の『ガム』はあげてる。



だけどその『ガム』も2ヶ月ほどあげてなくて、
1回だけどうしてもあげなくちゃいけなくなって
(まぁいわゆるひとつの交換条件ですな。ビニール咥えてたからさ)



久しぶりにあげたら、
前にもかいたんだけど(参照→初めての踊るアフォ
それは見事な踊りっぷり。



相変わらず踊っては放置、踊っては放置の繰り返し。
最初は動画とか撮ってたんだけど、飽きちゃうぐらい食べない。
しかも今回は、
ちょっと離れたとこに『ガム』を放置して、
「何事もなかったかのように私に撫でられるに来る」
という新しい技まで開発してた。


「ん?食べたくないのか」と思って寄せると
慌てて取りに来ては、また踊って放置、
そして撫でられるために
ピッタリくっついたり、お腹見せたり。



そんなこんなで、やっと食べ始めたのが














・・・1時間後。

そ、そんなに嬉しいんか。
おばちゃん、泣きたくなってきたよ。



そんな大好きな『ガム』がやっと解禁。
ただ、これは嬉しいことじゃなくて、
何度か書いてたさくらの腎臓の数値が
『ガム』を一旦やめたり、
食事をタンパク質の少なめなものに変えたりしたけど、
結局数値は下がらず、

しかも今までは正常だった
他の腎臓関係の数値も少しだけど異常値を示すようになった。





と、いうわけで、
来週は盛岡まで行って大学病院で検査です。

うー、さくらとの初めての旅行がこんな形になるとは。


ただ、さくら自身は体調が悪いとかではないし、
今回細かい検査をしても何も異常がなければ、
さくらはもともとそういう体質の子
ってことでおちついてくれるかもしれないし。

取り合えずは、検査です。





にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「がんばりましょう」

[edit]

初めてのドックランランラン♪ 

sakura_20120828.jpg
(2012.08.28)





初めてドックランに行って、
中・大型犬とも触れ合えるようになって、
あぁ、成長したなって思いましたよ。













・・・私がね。




さくらをノーリードにするんだ、
さくらを他の子と遊ばせるんだ、
って初のドックランに胸ときめかせて興奮してて忘れてた。

駐車場に着いて、
ワラワラと群れている中・大型犬の方々を見て、
「大丈夫か、お前?」と旦那さんに声をかけられて、
ブワっと思い出しましたよ、








あぁ、そういえば私って犬恐いだったって。


だから入るときには
さくらと同じぐらい緊張してたけど、
もう柴ちゃんでもラブラドールでもボーダーでも
サスサスできちゃったよ(来てくれる子に限りだけど)。

初めてゴールデンの大きなしっぽを
顔に『ファサ~』と浴びる幸せも体験できて



・・・って、私のことはもういいですね。






さくらも頑張りましたよ。


ほら。
sakura_dogrun.jpg

ほらほら。
sakura_dogrun2.jpg
あ、見えませんか。

ほらほらほらぁ!
sakura_dogrun4.jpg



思ったとおり、
さくらはどうやって挨拶するのかわかんないようで。

お尻をかがれるのは気にしないけど、
自分が他の子のお尻の匂いを嗅いだりはしなかった。



匂いかがれぇの、
sakura_dogrun7.jpg

ビビリぃの、
sakura_dogrun8.jpg



休みぃの。
sakura_dogrun5.jpg



またまた匂いをかがれぇの、
sakura_dogrun10.jpg



微妙な距離感を取りぃの、
sakura_dogrun9.jpg






休みぃの。
sakura_dogrun6.jpg
途中で休憩しいしい頑張ってましたよ。






ここは長めな山道の散歩コースもあったので、
そこも歩いてみることにした。

「あら現金ね」というぐらい、
他のワンちゃんの姿が見えなくなったら、
途端に生き生きしましたよ。
sakura_dogrun11.jpg




結構登りがきつかったけど、
チワワとはいえ、生後1年未満とはいえ、
さすがは『犬』。

すばらしい運動能力でタッタカターと楽しそうに進んでいき、
これまたとんでもなく運動能力低下中の私は
今回もまた(コチラを参照→「初めての閑話休題」
どんどん置いてかれまして、


時々「さくら~疲れたぁ」と泣き言を言うと、
さくらが様子を見に戻ってきてくれて、
何を思っての判断かは知らないけど「よし」と決めて、
またすぐに先頭に戻っていく。
sakura_dogrun12.jpg

だって彼女は「先頭を歩きたガール」だから。


ので、
撮った動画は距離が離れすぎなのと、
私の熱い「はあはあ」が入りすぎなので殆ど使えません。



ただ、この日1番のお気に入りの動画が↓。

他の散歩コースから、突然現れたワンちゃん。
飼い主さんが名前を呼ぶんだけど、
マイペースにずっと私たちと一緒に歩いてて、
なのに、うちの旦那さんが立ち止まると一応待ってんだよね。

さらに、さくらも恐いのに
「先頭を歩きたガール」なもんだから、一緒に歩いてるし。
(あ、私の熱い「はあはあ」は無視で)




と私が、
1番楽しみにしてて、1番楽しみました。

最初はリードを付けて入って、
管理人の方に「もういいでしょう」と言われ
リードを外したんだけど、

もちろんノーリードにする気満々で行ったんだけど、
いざ「どうぞ」と言われてると、抵抗感があって
「あぁ、リードに頼ってたのは私の方だったんだなぁ」
と思いました。



次こそは散歩道制覇だ!






にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「うん、そだね」

[edit]

初めての『期待してるぜ☆』part2 

sakura_20120823.jpg
(2012.08.23)





今回もうちのさくら、何やら期待しております。

というより、
もう身悶えしてお願いしてます。







そのお相手は、この方。
sakura_riku.jpg
(陸、♀、17歳、ビビリ)



どうも陸は「シャー!」という割には
さくらが気になるみたいで、
さくらがいる部屋の前や、ベランダから
じーっと熱い視線を送っている。

sakura_riku4.jpg
あ、これは間違えた☆

sakura_riku5.jpg
そうそう、こんな感じで。
(ちなみに網戸の穴はさくらのお仕事です)



普段は6畳の和室を2間挟んで、
奥の部屋にケージがあり、さくらが中にいる状態。

これだと、陸も「シャー!」ということもなく
ただただ熱心に観察してるだけ。



あんまりにお互いの想いが熱そうなんで、
もうちょっと近づけてみようかと・・・。


sakura_riku6.jpg
さくらが出てきましたよ。



sakura_riku7.jpg
陸が気づきましたね。




・・・で、このあとさくらが近づきすぎ、
やっぱり陸が「シャー!」となって、
上の動画のように、飼い主判断で、カンカンカンカン終了。



さくらは他の犬には全くこんなことはないのに、
(といより気配を消すか、それでも諦めてもらえなければ逃げる)
陸には会いたいんだろうか?



で、
陸も陸で「シャー!」というくせに、
やっぱり気になるのか、入れてくれという。
↓飼い主、頑張って入れみた。

この時、私も気を張り詰めてたので、部屋には変な緊張が走ってました。
(あ、ただしさくら以外ね)


そしてさくらはやっぱりこんな感じ。

でもさくらのおねだりが激しすぎて、
陸は『シャー!!』




・・・どうしたいんだよ!


ビビリな飼い主は、
ビビリな陸のペースを見ながらやってこうと思います。





※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)で、更新、コメントの返信等、
遅くなっておりますが、ご勘弁を。







↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めての重なる理不尽 

この前ペットショップに、
子供を連れた夫婦がいて、旦那さんのお目当ては、
その日ショップで1番の値段がついてたフレンチブルドックだったようだ。



ケースの前で悩んでる旦那さんに奥さんが隣のパグを指差し言った。
「そっちにしなよ、そっちの方が安いじゃん」

返す刀で言った旦那さんの答えが、
「だったら、そっちのチワワの方がもっと安いじゃん」
セピアさくら





以前にも書いたことがあるけど、
ブログを始めてから、それはそれはたくさんの方の
ブログをこっそり読ませてもらうようになった。


こっそりなもんだから、
そのブログの方とも面識がないので詳しくは書けないんだけど、

ブログを書いてる方の知り合いが、
「自分が欲しいという理由ではなく」犬を飼うことに決めた。
さらに、その犬が幸せにならなさそうな理由がいくつかあって、
ブログを書いてる方も不安に思ってたし、
読んでる私もその人と一緒に憤慨してた。
まゆげ



その日、
旦那さんを迎えに駅まで行って、一緒にご飯を食べた。
二人で、
「いつか他の子も迎えられたらいいなぁ」
「俺は犬々してるのも好きだから、柴犬とかもいいな」
なんて、夢のまた夢のような会話をしていると、
ポンポンと旦那さんの肩を叩く人が・・・。



「いやぁ、楽しそうに食事してるとこすみません。
 柴犬と聞こえたもんですから」
と、満面のニヤケ顔でその人が
ズイっと出してきた待受には可愛い柴ちゃん。

さらに、さらに、
「何でこんなことすんのかわかんないんスけど、見てくださいよ」
と動画まで。

それは本当に何でそんなことすんの?
というようなコミカルな動きで、
うーん、「お待ちなさい」でもないしなぁ。
文集力がなくて、申し訳ない。
(どうしても見たい人は、仙台駅にあるお寿司屋さんで
 柴犬の会話をしながら、肩を叩かれるのを待ちましょう)


しかし、この柴犬、
実はその人のお父さんが、
知り合いのブリーダーさんから激安で手に入れ、
躾に困った挙句、捨ててこいと言われていたのだということ。




最初に書いたワンちゃんは、
ブログを書いてる方が引き取り、
次の飼い主さんを見つけてあげたし、

柴犬はお父さんを説得して、その方が世話をすることに。
sakura+riku009_bro.jpg




ブログを読んでると、
ボランティアをしてる人とか、
預かりをしてる方とか、
保護されてる子を引き取って家族になってる家庭とか
いっぱいいっぱいあって、何もしてない私には何も言えない。






だから、せめて縁があって
出会えたこのふたつの人生だけは大切にしたいと思う。

sakura_rifu.jpg






※※※お詫び※※※
旦那さんシフト(→『懐かしき1人暮らし』)で、更新、コメントの返信等、
遅くなっておりますが、ご勘弁を。







↓「ポチっと願います」

にほんブログ村

[edit]

初めての『歯磨き事件』 

sakura_tooth.jpg
さて、↑はなんでせう。



さくらの歯垢が溜まりやすいのは、
奥歯の凹んだとこ。

なんで、前回も書いたよう
ホールドスチールして静かになった隙に
外側はささっと磨いてしまう。



で、
内側はさくらが歯ブラシを噛むんで、
放置して喉に「ぐえっ」となるのがこわいから、
柄を私が持って、
噛ませながら、グリグリして磨いてたら・・・・、
sakura_tooth2.jpg








『ぱきっ』



・・・え?!
私が驚いてうちに、
さくらは折れた先端をくわえて、ツッタカタッタッター。

慌てて、最近は事情があってあげてなかった
禁断のガムを投入することに。



さくらがガムに夢中になってる間に、
歯ブラシの先端を探したんだけど、どうしても見つからない。


ブラシの部分を入れたら、
結構な大きさになるのに一瞬で飲み込んでしまったんだ。





う●こをしたらすぐに確認できるように、
具合が悪くなったらすぐに気付けるように、
ケージの前で寝ずの番をすることにした。





(もうオチがわかっちゃったかもしれないけど)
トントンと肩を叩かれて目を覚ますと、
旦那さんが「これだろ」とう●こを差し出してきた。

そう、あんなに気張ってたくせに、
さくらが用を足したことさえ気付かないほど、熟睡しちゃってました。
sakura_toothr.jpg
(こんなに近くで寝てたのに・・・)

確かに、
その物の中にはピンク色をした歯ブラシの先端が。
(ブラシはその日の午後に時間差で出てきました)


朝いちに、
目の前にう●こを差し出されて、
あんなに嬉しかったことはなかった。




で、
最近は最初に使ってた↓で歯磨き。
sakura_tooth3.jpg

ただ、これねぇ、
外側は磨かせてくれるんだけど、
口は頑として開けようとしないし、顔も思いっきりそっぽ向けちゃう。


顎を持って開けさせるんだけど、
磨こうとすると閉じるから、もう毎晩大変。



きちんと歯磨きをしている方に聞きたい。
どうやったら、「あーん」って
口を開けたままにさせることができるんでしょうか。

何かいい方法がありましたら、なにとぞひとつよいお知恵を。









↓「お願いします」

にほんブログ村

[edit]

初めてのホールドスチールの使い方 

sakura_20120820.jpg
(2012.08.20)







前にも書いたように(→コチラ)、
パピーパティで教わって、さくらにはホールドスチールをしてた。
sakura_hold2.jpg


やり方は色々あるみたいだけど、
私が聞いたのは、
さくらを仰向けにして片手で両前脚を、もう片方の手で両後脚を固定して、
自分の胸から下、お腹ぐらいに押さえつけるというもの。

マズルの長い犬種の場合は、前脚を掴んでる手で、
そっとマズルを上から押さえ、
さくらのように鼻が短い場合は、
人差し指などをマズルの上に添える。


この固定した状態を、
出来れば5分、最低でも2分は続けるというもの。



この時に大切なことは、
犬がどんなに暴れても離さないこと。
ここで開放してしまうと、嫌がることにより
許してもらえるんだと思ってしまうからだそうで。

それともうひとつ、
話しかけたり、目を見たりしてはいけないそうな。
sakura_hold3.jpg




って、始めた頃はさくらもすごく嫌がって、
小さい頃は全然吠えない犬だったのに、
「キャンッ!」
てなかれて、
私がやるのを嫌になってた。




でも、
今になると、最初こそ少し嫌そうにするけど、
「フン」とため息をついて諦め、すぐに脱力するようになった。
場合によっては、そのまま寝ちゃうことも。
(って、これ書きながら、本当に諦めないで続けることが大事なんだと実感)





で、
まだ固定するまでに、嫌がられて戸惑ってたとき、
「でさ、それができたとして、何の意味があるの」
と、旦那さんに嫌味なスパイスがきいた一言をもらった。
sakura_hold.jpg




・・・確かに。
もしかしたら、
やってなければもっと扱いにく子になってたかもしれない。

だけど、
やってたから、できたから、こんな素敵なことがあったわよと
いえることはないし・・・。



って、思ってたら、あった、あった、あったんです!




歯磨きの時、唇をめくろうとしたら
「ん、これは甘噛みかな?」
というぐらいの勢いで、
しつこく噛んで抵抗してきた時があって、
sakura_hold6.jpg


「!」と思って、
ホールドスチールしたら、静かに歯磨きさせてくれるようになった。
(ま、本当に少しの時間なんですけどね)





って、本当はここで終わるはずだったけど、
歯磨きに関して事件勃発。

長くなったんで、続きは次回。






↓「つづく・・・」

にほんブログ村

[edit]

初めての「チワワなのにフレブル」 

sakura_20120819.jpg
(2012.08.19)






初めてさくらとホームセンターに行ってきた。
sakura_home.jpg
(こうやって一緒にでかけると、どこでも一緒に行きたくなる)


ただ、買い物に付き合ってもらっただけじゃ
申し訳ないなぁと、
お安めのおもちゃを買ってあげた。




最初はいつも通りに遊んでたんだけど・・・。
sakura_egg.jpg
















な、なにこの・・・
sakura_egg3.jpg
『モフッ』とした感じ。




『モフッ』
sakura_egg4.jpg


『モフッ』
sakura_egg5.jpg




『モフフッ♡』
sakura_egg6.jpg


ここまでくると
フレンチブルドックというよりカモノハシ。

もう、かわいくてパシャパシャ撮りまくってたんだけど、
惜しむらくは「目やに」、取ってあげればよかったね。







※※※お詫び※※※
旦那さんシフトで、更新、コメントの返信等、
遅くなることがあるかもしれませんが、ご勘弁を。






↓「モフッと」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての『懐かしき1人暮らし』 

sakura_20120815.jpg
(2012.08.15)





私は今、旦那さんが週末だけ帰ってきて、
平日は1人暮らしという生活をしてます。

最初の頃は、
1日中1人なうえ、誰とも会話しないなんてと
寂しく感じてましたが、
sakura_one.jpg



最近は、
週末に「うわ、どうやったら1週間でこんだけ汚くできんだ?!」
という部屋を大急ぎで掃除して、
他の日はのんびり過ごす生活に慣れてきました。




自分がブログをするまでは、
他の人のブログを見ることなんてほとんどなくて、

最近はそれが一気に花開いた感じで、

「うわぁ、可愛い」とか「面白い!」とか
「えぇ。5年前から始めてんだぁ。それは読み終わんの無理だってぇ」とか。
(↑大丈夫誰も頼んでませんよ)

そう、気になるブログがあると、最初から読みたくなるんです。
だって見逃しちゃうかもしれない(←何を)。
なんで、
お気に入りがもう大変なことに。
sakura_one2.jpg



「今日は晩酌しながらこのブログを読もう」とか
「こんな面白いブログ見つけちゃったら、今晩は飲むぞ」とか
もう『卵が先か鶏が先か』わかんない感じにウハウハしてます。


てな感じに、
1人暮らしも楽しめるようになってきました。






・・・楽しめるようになってきてたのに!

そんな頃に、その生活も終了。
来週からは毎日旦那さんと会話ができるようになりましたよぉ。
いやぁ、素敵なことですね、素晴らしいことです。
sakura_one3.jpg






















うぉおおお!
1人暮らし、カンバック!!!!!!


だって旦那さん、
いっつも『青汁』飲めってうるさいんだもん。







にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「はい」

[edit]

初めてのナンパしたい! 

sakura_20120813.jpg
(2012.08.13)





※今まで私にブロとも申請をしてくれた方いますか?
 やり方がわからず無視することになってたんじゃないかと。
 申し訳ないんですが、連絡をください。









うちの近所をさくらと散歩してた時のこと、
sakura_sanpo4.jpg




おじさんが500の缶ビールを片手に
突然、家から飛び出してきた。

な、なにごと?!
とびっくりしていると、さくらを指差し
「それはチワワすけ?」







さくらと散歩するようになってから、
今まででは考えれないぐらい色んな人から声をかえられるようになった。

そんな中で「あぁ、是非さくらの友達になって欲しかった」という話を。
sakura_sanpo2.jpg



その女性はすごく大人しくて可愛いポメラニアンを連れてて、
とても嬉しそうにニコニコしながらこっちに寄ってきた。
そして「嬉しい、うちの子いっつも吠えられるのよ」と。
「うちもなんです!」と、
飼い主同士はものすごく意気投合したのに、

こんな時に限って、
その子も全然吠えたりしないのに、
さくらはその女性さえも怖がって近づこうともしない。
いつもは相手が見てもいないのに、ズンズン寄っていくのに。

その怖がり方がちょっと大げさなぐらいだったから、
「お友達になってください」とは言い出せなかった。




別の日、フと見ると
「あれ、さくらじゃない?」というぐらい可愛い子(←エヘ)が、
女の人に抱っこされてて、
さくらよりもひとまわりぐらい小さく、まだ散歩を始める前ぐらい。
「きっとあの人も、犬の友達を探してるはず!」(←まぁ、落ち着け)
と、声をかけたかったけど、
残念なことに、その時の私は運転しながら信号待ちの途中。
泣く泣く見送りました。
sakura_sanpo.jpg





そのあと、
どっちも近所でのことなんで、
ストーカーばりにしつこくその辺を散歩してみたけど、
どちらの人にも、その後は会えずじまい。

思い立った時に行動するべきだと勉強になりました。



さて、前出のおじさん。

どうやらお子さん夫婦がチワワを飼ってるようで、
その子が最近太り気味なこととか、
噛んだりしたときはどう対処するかとか、
最近また新しくチワワを迎えたことなんかを
全く知らないおじさんと立ち話して帰ってきました。
sakura_sanpo5.jpg







それにしてもおじさん・・・、


酒臭っ!!!!





にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「そうですね」

[edit]

初めてじゃない「過ぎ行く夏に」 

「もう奥さん、ちょっと聞いてぇ」




と言いたくなるぐらい
今年の夏の彼女は凄かった。
sakura_riku.jpg


もう『待つ女』(→コチラ)なんかじゃなく、『呼ぶ女』。



『待つ女』の時も書いたけど、
陸はみんながいるところにはきたがらなくて、
廊下で寝てたり、トイレにいて、
私が陸の部屋に来ることを、じっと待ってる。


これが、今年の夏は
散歩に行きたくて「ニャー」、
撫でて欲しくて「ニャー」、
取りあえず来て欲しくて「ニャー」。



「あぁ、今さんま焼いてるから・・・」とか
お構いなし(←当たり前か)。




ちょっと待っててと、
5分ぐらい撫でて用を足そうとすると、
「ニャー」「ニャー」。

じゃあ、ご飯を食べるからこっちにおいでと言っても
自分の部屋の近くで、
「ニャー」「ニャー」「ニャー」。



事あるごとに「ニャー、ニャー」なかれて、
「あー、もう!!!」



って、大概こうなってました。
sakura_riku3.jpg

陸の部屋の前で晩酌。
sakura_riku2.jpg
(陸は手よりも足で撫でられる方が好き)





用事がないときも「ニャーニャー」ないて呼ぶなんて、
今まではなかったこと。

さくらが来たからというより、
さくらが来たことで、私の対応が変わって
寂しい思いをさせてるのかも。
気をつけなきゃな。







↓「寝てもいいかしら」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めてのカットからのぉ、残念! 

これがカット直前のさくら。
sakura_cut.jpg








で、カット直後のさくらが・・・
どうも、角刈り君です。
sakura_cut2.jpg






ペットショップの人に、
「はい、できましたよ」と渡される時、受け取ることに軽く違和感を抱きましたよ。
もう、バンダナが可哀想、色んな意味で。


カットしてくれた人は何も悪くない。
だって、私の指示通り。
だけど、ものすごいざっくり感が。
sakura_cut3.jpg
(寝転んでも角刈り君)

で、気付いたんですが、
『おしゃれカット』をしてる人たちって、
もしかしてそういうおしゃれなお店で、
なんだったらカットする人も「ご指名」とかでしてもらってるんじゃないかと。(あら、常識?)

うちのようにシャンプーしてもらうのに、
毛が生えたような金額でカットしてもらってるわけじゃないのかと。


だったら、しゃーないね。





で、
これがカット1ヶ月後くらいのさくら。
sakura_cut5.jpg
(舌がでてるから、何かを狙ってると思われます)


少し毛が伸びてきて、
切ったばっかりという感じがなくなってきて、
このぐらいの長さだと、
私がさくらの特徴だと思ってる大きな耳がより一層際立って
うんもう、可愛さが更に際立って・・・って、
『さくらバカ』発言が続きそうなんで、ここらで自粛。



問題は、
次にカットしてもらう時、この微妙なニュアンスを
伝えることができるかということ。






↓「・・・どうだろ」

にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。