FC2ブログ

うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

初めての『そんな目覚め』 

sakura_20120804.jpg
(2012.08.04)





朝、口元にペロリ。

さくらが遠慮がちに私を舐めた感触で目が覚めた。
「何これぇ、こんな幸せな目覚めってあるのぉ♡」
って、朝から感動しちゃってました。





旦那さんが、
夜にケージにさくらを入れる時、
「一緒に寝ようよ」と言い出して、
それから何日間は一緒に寝ることにしてた。



小さい頃は、
「さーちゃんが来ましたよぉ、遊びたいでしょぉ」
ってな感じでに、
まだ寝てようが、昼寝の途中だろうが、
お構いなしだったのに、
sakura_play.jpg

いつの頃からか、寝てる人には全然構わなくなった。
(たまに旦那さんがいびきをかいたり、寝言を言うと、『起きたのか?』と確認する姿がかわいい)



そして、また別の日。
横でさくらがモゾモゾしてる気配を察知。

ここで目を開けると、「おはよぉ〜!」となっちゃうので、
その時、まだ眠かった私はさくらに背を向けて寝返りをうったら・・・。




「冷たっ!何これ」
膝下に何やら嫌な感触。
そして、・・・・。














「うわぁっ、臭っ!!!」


夜のうちに済ませたであろう、茶色のものが
寝返りをうった膝の下と、
私の顔の前に!!!



また別の日も。
間もなく目覚めという状態を、強引に覚醒させる強引な匂いが。
「臭っ!」とケージを確認すると、少量のう○こ。

「あぁ、これか?」と自分を納得させて、
片付けに行く途中、






・・・踏んじゃった。

更に、よく見るとさっきまで寝てたタオルケットにも
置き土産として挟み込まれておりまして。
部屋中、う○こ臭。
(しばらく、まだどこかに隠されてるんじゃないかと気が気じゃなかった)


まさか、臭さで目が覚める日が来るなんて・・・。
sakura_play2.jpg





お腹がすいたからとか、
暇だからとか、
飼い主の気を引きたいからだとか、
諸説ありますが、
とりあえずうちのさくらは、可愛い顔して、











「食糞、万歳!」

です。



・・・なので、
他の理由もあって、我が家はさくらとは別々に寝てます。





●●●覚書●●●
最初の頃、二ガニガ液をかけても、
ソレは食べなくても、次のソレはくわえちゃうので、
「ダメだな」とやめてたんだけど、

もうちょっと根気良くやってみるかということで、
とりあえず「100二ガニガ」にチャレンジしてみることにした。

外でのソレや、夜中のソレは無理だけど、
気付けたソレにはかけ続けてみる。







↓「そんな目覚め、アルアル」

にほんブログ村
スポンサーサイト



[edit]