うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「出会って別れて」 

最近、こんな報告が多くてあれですが、
ダンが旅たちました。

20150101_14.png


亡くなる2日前に顔を見てきたときは

確かに正常ではなく
具合はあきらかに悪そうでしたが、

トイレに行きたいと意思表示をしたし
(ダンたちはトイレ、外派なので)
抱っこして連れ出したら、きちんと外でしたし、


最初にお義母さんから
「ダンがもう駄目かも」と
2ヶ月ほど前に連絡をもらって見に行った時よりも

元気なぐらいに見えたのに。



亡くなった日の昼、1度吐血をし、
亡くなる直前にも吐血したそうです。

それまで、お義父の膝の上に顔を乗せ
普通に撫でられて横になってて、

健常なワンコと比べたら
それは全然普通じゃないに決まってるけど、

そうやって、
普通に呼吸して横になってるように見えても
ダンの体の中では悪い働きをするヤツがいて

きっとダンは「何か変だ、何か苦しい」と
思ってたんじゃないかと想像すると、
涙が出ました。


それは、
人間の赤ちゃんの頭弱の大きさをした
腫瘍でした。


骨になったダンを見たとき、
真ん中に真っ黒になったそれを見たとき、

ダンはどんだけ苦しかったんだろう
がんばっていたのだろうと思いました。



実家の麦と、20年連れ添った陸、
そして旦那さんの両親のダンを失って、

さくらたちはまだ全然若くて、

特にハヤテなんか動きがまだ激しくて
キャッキャッしてる姿なんか見てると、

寿命があるということは知っていても
現実とは思えずにいましたが、


「あぁ、いつかこの子たちも
 本当に私の元からいなくなるんだな」
と理解することが、少しできました。



そして、それがわかった結論としては

「今を楽しむ」

もう、これしかないんですね。


当たり前すぎて、当然じゃんということなんだけど
なんだか、やっとわかりました。

いつかいなくなってしまうことを受け入れて、

今一緒にいれるこの時間を
大事にするということ以外ないんだなと。


縁があって出会えたさくらとハヤテ、

20150501_1.jpg

いつか、うんと遠い日に

こんだけ死ぬほど辛いなるぐらい
いっぱい愛して幸せだったと思えるよう、

楽しい日々を過ごしていこうと思います。








↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

初めての「今日の思わず2枚目」 

きゃあ。







20150307_1.jpg


きゃあ。







↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「さくらとハヤテ以来」 

陸に新しいベット買ってあげようと
ペットショップに向かった日のこと・・・、


ガラス越しに、じーっとものすんごい目力。

20141123_6.jpg

それは、もう目を離すことなんかできないぐらい
じーっとじーっと見つめ合っちゃって。


そうしていると、
その子がヨチヨチとこちらに近づいてきて、
私に向かって尻尾フリフリ、
お腹を見せてゴロンとするじゃないのよっ!!

20141123_8.jpg


今まで何頭も仔犬ちゃんを見かけてきたけど
こんな子、初めて。


あんまりに愛想を振って、見つめてくるもんだから
その子から目を離せず、
他の子を見ることもできなかったです。


でも、うちにはさくらとハヤテがいるし、
20141123_4.jpg

しかも全然仲良しじゃないし、
20141123_3.jpg


家計のこともあるし、
何と言っても最近の私の生活は本当にだらしなくて、
新しい子をお迎えする自信ないし、

とか心の中で色々言い訳して、
後ろめたい気持ちになってました。

だって、きっとこんなに愛想振りまいてもらっても
何分か後には、
この子をここに置いて帰っちゃうんだろうし。


と、ぐるぐる考えながら
目が離せなくて帰るタイミングを掴めずにいると、
ペットショップの方がケージの後ろで作業を始め、

その子がそちらに気を取られてる隙に
逃げ出すように帰ってきました。

20141123_5.jpg


そして先日、
旦那さんと、その日以来初めてそのペットショップに行きました。

用を済ませて、
仔犬のコーナーを遠くから恐る恐るのぞいて見ると・・・、





いない!


中に入って、確認したけどやっぱりいない。

気になってペットショップの方に
「ここにいた子は、誰かの家にお迎えされたんですか」
と聞くと、
「そうなんですよぉ」というお答え。


それを聞いても、
知ってどうする、と思いつつも
確認したくてネットで見ると、

私たちが行った前日にお迎えされてました。

20141123_9.jpg


ハヤテをお迎えしてから、
しばらくは他の子をといのはムリだろう
と思ってたからなのか、

久々の
ものすごい心の揺さぶられっぷりで、

書いてみたはいいけど、
何を書きたいのか、
いまいちわかんない感じになっちゃいました。





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「ぎりぎりまで、悩むで、しかし」 

明日
というか日付が変わってるので今日から
私、帰省の予定。


旦那さんは行けないので
自分で車を運転して、さくハヤを連れてくのか、
土日で、まぁ平日より時間のある旦那さんにお任せるのか。


旦那さんにも「1人で言ってこいよ」って言われたんだけど
未だ悩み中。


でも、弱いくせに飲兵衛な私と
同じく、弱いくせに飲兵衛な私の父親が
要らなく、ベロベロ酔っ払って「日本の政治談議」してるうちに

こうなっちゃうしねぇ。
20140416_12.jpg


秋田は、もう結構寒いんだろうしねぇ。



というわけで、
帰省中は、恒例の簡単予約更新をお楽しみください。






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「感覚って・・・」 

職場に若い男の子が入ってきました。

ものすごい年齢差です。
だからでしょうか、「感覚」的なことが全く伝わりません。
要は、
「わかるじゃんっ!」ってことが全くわかってもらえません。
20141010_7.jpg


「このぐらい」とか「いっぱいになったら」とか「この辺」とかの
曖昧で感覚的な表現は、
全く意味をなさないことを、毎日実感してます。


でも
すごく真面目な子なんですよ。

真面目だから言われたことはやるんですが、
それ以上は全く考えない。
20141010_9.jpg


なぜ、仕事場でそうしてるのか、
それを考えれば、
「この程度」とか「たくさん」とかの程度はわかると思うのに。

極端な話、
「溜まってきたら、何々してください」とお願いすると、
1個の物が2個になっただけでも
複数になってるわけだから、やるという感じ。

「ここの片づけをお願いします」と言うと、
本当にそこにあった物だけを片付けて、「終わりました」と報告にくる。
まわりにゴミがこんな散乱してるってのに。

「うっそ~ん」と言いたくもなります。


で、さすがに私も学習し、突破口を見つけましたよ。
20141010_8.jpg


言われたことはやってくれるんだから、

もう「このぐらい」なんて言わず、
「何個から」「ここからここまで」
と数で指示しようと。
数で表現できないようなことも
数で表現しようと。

そうすれば、
2度手間にならず、相手も私もストレスを溜めずに済むし。


そんなことを
気持ち良さそうに日向ぼっこしてるお2人さんを
見ながらつらつらと考えていました。

20141010_2.jpg
20141010_11.jpg


すると自然と心もほぐれていくようで、

そうかそうか、ごめんごめん。
そこまで細かく説明しなかった私が悪かったんだなぁ。









・・・・・って、なわけあるかーい、
そのぐらい「わかるじゃんっ!!」

20141010_12.jpg

と、時には声を大にして言いたくなります。

感覚的なものを伝えるのは難しいと
職場の同年代の人と愚痴ってます。
しばし、数字化で様子をうかがってみます。





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。