うちのさくハヤ

全く仲良しじゃない2チーと私の日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

初めての「すんごいぼんやりした話」 

あー、休日なのに
しょーもない用事があって、遠出の散歩にいけない。

200140625_6.jpg

という時
旦那さんがさくハヤを連れて1人で出かける時があります。

これは、そんな日のお話。


旦那さんが到着すると、
すでに先に散歩してたワンコがノーリード。

近寄ってきたら困るなと、
さくらたちを離れたとこで散歩させてたそうです。


「え、今日はどこに行ってきたの?」
「それは、教えらんない」
「なんでよっ」


が、予想通りというか
さくらたちを見つけた、その子が
ものすんごいスピードで、接近してきたそうで。

あまりのスピードに
ハヤテはいつもの調子にのった威嚇もできず
「キャンキャン」吠えて、
さくらは黙って匂いを嗅がせてたそうです。

20141001_4.jpg


「え、え、何犬?」
「それは、別にいいから」
「よくないからっ」

旦那さんの中で、
この「何にも教えないモード」に入ると
悪ノリして、
本当に何にも教えてくれなくなるんですよ。

その受け答えに、
思わず笑っちゃう私も悪いんですが。


そのワンコ、

駆け寄って来るスピードは驚異的だったものの、
別に攻撃的でもなく、興奮して吠えるわけでもなく
大人しくさくらの匂いを嗅いでただけだから
別に全然よかったそうですが、

うちの旦那さんは割りともの言う旦那さんで
飼い主さんのとこに行って、
「ノーリードにしたいなら、
 他の人に迷惑をかけないようにしろ。
 うちのみたいに、嫌がるのもいるんだから」
と、言ってきたようです。

20140413_6.jpg


「え、何歳ぐらいの人だったの?」
「それは、言えないから」
「え、え、さくらが嗅がれてた時、ハヤテはどうしてたの」
「それは、教えられないよねぇ(と、ハヤテに話しかける)」
「じゃあ、ワンコの大きさは!」
「これぐらい」

と指でOKサインを作ってましたよ。

なわけないから。
そんな小さかったら、
まだお母さんのお腹の中だから。

「だから、つまりは
 このぐらいの大きさの犬が
 猛ダッシュで近寄ってきたってこと」


って、私の見てないさくらとハヤテのことを
話してくれたはいいけど、
すんごい薄ぼんやりで、ウソばっかりだし
絵が全然見えてこない。

20141001_1.jpg


で、結果、旦那さん曰く、
「そのあと、さくらとハヤテがすごく聞き分けよくなって
 散歩がしやすくて、すごくよかった」
とのことでした。



・・・・なに、それ。
あーあー、モヤモヤするっ!






↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

初めての「大好きさ」 

前回、さくらの画像を載せようとして(→コチラ)、
たかだか2、3ヶ月遡ってみただけなのに、

チラチラチラチラ、目に入ってきて
ことごとく思い知らされたわけですよ。



さーちゃん、

20140108_1.jpg
(旦那さんを見上げるさくら)


あんたどんだけ

20140108_2.jpg
(旦那さんに抱っこして欲しいさくら)


旦那さんが

20140108_3.jpg
(旦那さんの足元でにっこりのさくら)


好きなのよ。

20140108_6.jpg
(幸せで2重あごのさくら)


私が写真を撮ってるからとはいえ、
ハヤテと比べても、さくらの「旦那さん好き好き度」は異常です。

20140108_14.jpg
(美味しい空気の中、どや顔のさくら)


20140108_13.jpg
(旦那さんを堪能中のさくら)

20140108_15.jpg
(ハヤテと一緒に旦那さんを堪能中のさくら)

20140108_11.jpg
(ハヤテに詰め寄られて緊張気味のさくら。あ、これは関係なかった)


うちの中でも旦那さんが横になると、
(まぁ、うちの旦那さんは大体横になってるんですけど)


こうとか、

20140108_8.jpg

こんな感じで、

20140108_16.jpg

旦那さんのお腹か胸元におさまってます。

で、少しでも撫でる手を緩めると

20140108_17.jpg
「モットデショ!」

と、速攻1テシをくれてる姿、ほほえましいです。
もちろんこんだけ愛情表現されるから旦那さんも残念なほどメロメロ。


じゃあハヤテはどうかというと、
旦那さんにとってハヤテは奇跡のフォルムなんだそうです。

20140108_20.jpg
「奇跡?」

さくらは世界遺産級のかわいさに
夫婦でどぎもを抜かれて迎えたわけですが、

旦那さんはもともとチワワとかの甘いかわいさより
犬ぽい犬が好きらしく、さらにその子犬がたまらないとのこと。


ハヤテは顔が凛々しくて、何かの子犬のみたいなのに、
さらにこのまま大きくならないんだから、
「理想系じゃん!」
と40過ぎのおっさんがのたまってました。


なので、食事中などにちょいちょいハヤテを横目で見ては
「ちょっと見て」「ちょっと、そっと来て除いてみてよ」
と言われ、


「ほら、すっげぇ近い」とか

20140108_19.jpg


「手に顔乗せて寝てる」とか

20140108_18.jpg

晩酌してるってのに、ハヤテチェックさせられます。
(と言いつつカメラ構えてる私も私ですが)



いやぁ、ブログを見てて
私も含めみんな親バカだなぁっと思ってましたが、

すぐ隣りにすごいのがいました。





↓「ぽちっとどうぞ」
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

[edit]

初めての「Everybody's work」 

今日はみんなの仕事をご紹介。


よくブログでも見かける本へのいたずら、
さくらは「大胆にいく派」で

20130915_7.jpg



ハヤテは「丁寧に攻略派」。

20130915_8.jpg


そのハヤテの性格が出てる、
もうひとつのお仕事がこれ↓。

20130915_1.jpg


タオルケットをちょっとずつ噛んで、
糸を少しずつ出して、それをたしなむというお仕事。

ほかのタオルケットも見事攻略。

20130915_2.jpg
(撮ろうとしたら、早速写りこんできた。大丈夫、誰も取りませんよ)



そして、さくらのしつこさと大胆さが際立ったのが、

前にもさくらが本棚を齧るよ(→コチラ)と書いたことがあるけど、
その後も飼い主の目を盗んでは通い続け、

見事、穴を開けちゃった。

20130915_6.jpg


さらに、最近のお仕事としてはこれ↓。

20130915_4.jpg

何かわかります?
私の携帯の充電池部分のフタ。

ちょっと昼寝した隙に、見事に仕事されてた。

20130915_3.jpg

以前から携帯は狙われてて、
すっかり歯形の縁取りがほどこされてるわけだから、
気にせずフタも使っちゃえばいいのかもしれないけど、

20130915_5.jpg

反り返っちゃってフタとしての機能を失ってるんで、断念。



さて、最後は3人の共同作業をご紹介。

20130915_9.jpg

↑これ、無線のマウスやキーボードの信号を
PC側で受け取る部品。

初めはさくらに注意してやめさせたけど、
気付くとハヤテも噛んでて、やっとどちらもいたずらしないようになった。
すでに歯形でボロボロだけど。



あれ、3人?
そう、実はこの仕事、旦那さんも一枚かんでて、
横から撮ってみると、こう。

20130915_10.jpg


ある日旦那さんが、
「何か、曲がっちゃってる」と他人事のように言ってきた。

何かって何?
こんなの勝手に曲がるわけないじゃん、子供か!


その「何か」のせいで、
さくハヤのいじめに耐え抜いてきたのに
信号を全く受け付けなくなって、
我が家のキーボードは有線になりました。


よかったぁ、旦那さんのお蔭で
これからはキーボードの電池を替える手間が省けるってもんだわ。






にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村↑「ポチッとどうぞ」

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。